目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

事業用地分譲紹介 南大和テクノタウン 北宇智工業団地

南大和テクノタウン
開発によせて
本市の北部に位置する南大和テクノタウン(北宇賀工業団地)は緑豊かな田園地域に位置しており、京奈和自動車道の整備に伴い、西名阪自動車道や南阪奈道路などを介し京阪神・名古屋方面へのアクセスが飛躍的に向上しています。
企業立地に関する支援制度を充実させるなど新規立地環境を整え、本市の新たな産業集積拠点と位置づけています。

五條市長 太田 好紀五條市長 太田 好紀

工業団地分譲のご紹介「南大和テクノタウン
(北宇智工業団地)」

物件概要

南大和テクノタウン

事業主体(売主または媒介) 大和ハウス工業株式会社
所在地 奈良県五條市出屋敷町他
交通 南阪奈道路葛城ICから13km
市街化区域 工業地域
建蔽率 60%
容積率 200%
備考 ・森林法、景観法による植栽が必要
・建築協定・緑地協定・公害防止協定があります。

区画概要

区画概要

号地名 分譲面積
(4) 18,012m2 5,448坪
(5) 44,555m2 13,477坪
(6) 75,573m2 22,860坪
(8)-2 6,856m2 2,073坪
(10) 14,545m2 4,399坪
(11) 10,363m2 3,134坪
  • ※面積は、全て小数点以下を切捨て表示しています。
  • ※(10)の土地は、大和ハウス工業の所有地ではありません。

特記事項

/// 開発規模

開発面積 700,403m2(211,871坪)
関係法令 都市計画法、宅地造成等規制法、森林法、農地法、砂防法、それぞれ、平成6年3月31日開発許可取得
平成15年7月8日完了検査済証受領
(1)~(6)号地分割:平成25年12月4日 開発許可取得
平成26年7月24日完了検査済証受領
(9)~(10)号地分割:平成25年12月26日 開発許可取得
平成26年3月28日完了検査済証受領

/// 公共施設の整備状況

区域内道路 幅員16m、12m道路 全て五條市に移管
水道 上水道(1,200t/日):五條市水道局より各工場に配水
汚水排水 公共下水道
電気 高圧:6,600V 特別高圧:関西電力応談
※受電については関西電力応談
管理組合 工業団地の維持管理を運営委員会にて行います。
※運営費用が必要になります。

立地について

京阪神への利便性に加え、
企業立地の支援も充実
奈良県五條市・
南大和テクノタウン。

高度化・情報化に対応できる工業団地として整備され、新しい産業拠点として地域内外から注目を集める南大和テクノタウン。周辺には「南大和ネオポリス」「あずみ台」「なつみ台」など閑静な住宅地があり、豊かな自然環境の中、職住一体型の暮らしができる点も大きな魅力。最先端の情報や頭脳が集積する産業創出地域として発展することが期待されます。

立地について

南大和テクノタウンの近隣住宅地(世帯数・距離)

奈良県五條市
奈良県五條市は、紀伊半島のほぼ中央、奈良県の中西部に位置し、広大な山林を背景とした林業、特色ある地場産業、「テクノパーク・なら」等の工業団地などバラエティに富んだ産業が発展しています。
世帯数13,649世帯   総人口32,530人(平成28年3月31日現在)

アクセスについて

近畿圏の主要都市を結ぶ
快適なアクセス。
道路網の整備が進み、
さらに利便性の向上が期待できる立地。

「南大和テクノタウン」は大阪方面からの車利用なら南阪奈道路葛城ICから13kmという立地。京奈自動車道を利用すれば、和歌山や京都方面へのアクセスも可能です。
大阪、神戸、和歌山、京都、奈良といった近畿の主要都市を結ぶ快適な道路網は、「南大和テクノタウン」を拠点とした企業活動に大きなアドバンテージをもらたします。

/// 電車でのアクセス

電車でのアクセス

お問い合わせ

大和ハウス工業株式会社<建築事業> 
本店建築事業部
〒530-8241 大阪市北区梅田3丁目3番5号

TEL.06-6342-1250