介護施設開設支援

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

CASE6 医療施設・介護付有料老人ホーム ONE FOR ALL 横浜(神奈川県横浜市)

医療・介護と子育て支援、さらに地域交流の場と地域から求められていた機能をカタチにした複合施設。

さまざまな世代に質の高いあらゆる医療を提供するトータル・ヘルスケアの実現を目指していく。

事業展開

昭和28年、横浜市戸塚区に開設された医療法人 横浜柏堤会(はくていかい)さま。開設より60年を超え、長きに渡り同区を中心とした地域医療に取り組んでこられました。平成5年には数多くの医療・介護の関連事業を展開されている戸田中央医科グループ(以降TMG)となり、より地域に密着した幅広いサービスを提供するため、急性期から回復期、在宅まで、総合的な医療の提供を行っておられます。

特にTMGの一員となられてからは、地域の医療環境やニーズに対応し、現在ではJR戸塚駅前に位置する戸塚共立第1病院をはじめ5病院・5診療所、介護老人保健施設やグループホーム、高齢者住宅など、数多くの施設を運営されています。横浜柏堤会さまの目指す医療は、「トータル・ヘルスケアの提供」。予防から急性期・回復期・在宅など、あらゆる医療サービスの提供を指す“トータル”、産科から終末期医療まで、あらゆる世代が対象であることの“トータル”という意味合いが込められています。つまり、こうした事業展開は、「地域の方々の健やかな暮らしと健康づくりを総合的にサポートしたい」という思いによるものです。

また横浜柏堤会さまでは、昨今の全国的な少子高齢化が進む状況を受け、地域における高齢者へのケア(介護老人保健施設、訪問診療、訪問看護)と子育て支援(主婦健診、病児保育、小児医療)の分野においても、充実を図られてきました。

そんな中、戸塚駅周辺の再開発事業と並行して行われた戸塚区役所の移転。跡地売却の公募が行われたのが平成26年のことでした。募集用途については、住民アンケートに基づき、「医療施設または高齢者施設」と「地域交流施設」が求められました。横浜柏堤会さまでは、これに対して有料老人ホーム(52室)を中心に、地域に不足していた産婦人科診療所(19床)、透析診療所(20床)、病児保育(10名/日)と、地域交流施設を併せた複合施設を提案。事業化されることとなりました。

活用事業公募にあたっては、土地の購入、施設建築に多くの資金が必要となる中、大和ハウス工業から初期投資の不要なノンアセットでの投資計画を提案され、安定した事業を継続させるための信頼できるパートナーとして同社を選ばれることとなりました。地域からの注目度が高い駅前の区役所跡地という土地だけに、存在感ある建物として平成28年12月に完成した医療・介護・子育て支援の複合施設は、横浜柏堤会さまの理念から「ONE FOR ALL 横浜」と名付けられました。これから多くの方々の健康と地域の活性化に貢献していくことが期待されます。

課題

THEME-1
戸塚区においては、産婦人科の病院が慢性的に不足しており、近隣の区や市で出産される方も少なくなかった。区民だけでなく行政にとっても子育て支援や少子化対策のため、新たな産婦人科の開設は必要不可欠であった。
THEME-2
駅前再開発によって2つに分かれていたグループ病院機能の再構築が必要となった。「トータル・ヘルスケアの提供」を目指す同法人にとって、さらなる事業強化のために、今迄提供していない医療や地域に必要なサービスの充実を図りたかった。

計画のポイント

POINT-1
建設地として利便性の高い横浜市戸塚区役所の跡地を選定
戸塚駅の駅前再開発に伴う、区役所移転跡地(3,184m²)の活用事業公募に注目。募集用途である「医療施設または高齢者施設」と「地域交流施設」の条件を満たす、医療・介護・子育て支援複合施設の建設地に選定。
POINT-2
さまざまな機能を効果的にまとめた施設づくり
5階建ての施設は、1階部分に地域交流施設、1~2階部分に産婦人科診療所(19床)、3階部分に透析診療所(20床)と病児保育所(10名/日)、3~5階部分には有料老人ホーム(52室)を配置。患者さまや入居者さま、訪問者がそれぞれの施設へスムーズに出入りできるよう、施設内のレイアウトにも配慮されています。
POINT-3
地域の注目を集め、新たな交流を創造する複合施設
地域交流施設も併設し、患者さまや入居者さまだけでなく、地域全体で利用できるよう計画された複合施設。さらに、敷地が接する南西2つの道路に接する部分には、ベンチなどを配した屋外のオープンスペースを設け、地域のイベント等に広く活用が可能となっています。

このページの先頭へ


このページの先頭へ