介護付有料老人ホーム背景画像

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

介護施設の新規開設をご検討の皆さまへ

介護付き有料老人ホーム(抜粋)

介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)
の設備基準

所要室の概要について

介護保険指定基準+実際上必要な室

所要室の概要図

※1
介護居室とは、有料老人ホームが自ら介護サービスを提供するための専用の居室であり、入居者の状況等に応じて適切な数を確保すること。なお、一般居室で介護サービスが提供される場合、または有料老人ホーム自ら介護サービスを提供しない場合は介護居室を設置しなくてもよい。

介護居室のある区域に準用される部分

  1. (1)廊下の幅は、片廊下1.8m以上とすること。中廊下の幅は、2.7m以上とすること。一定の用件(居室面積18m²以上、トイレ・洗面設備付=高齢者向け優良賃貸住宅並み)を満たす場合、廊下幅員を片廊下1.4m、中廊下の幅は1.8mとする。
  2. (2)廊下、便所その他必要な場所には常夜灯を設けること。
  3. (3)廊下および階段には手摺を設けること。
  4. (4)階段の傾斜は緩やかにすること。
  5. (5)居室等が2階以上の階にある場合は、1カ所以上の傾斜路を設けること。ただし、エレベーターを設ける場合はこの限りではない。

※介護予防特定施設と特定施設双方の指定を併せて受け、事業を同一の施設で一体的に運営される場合、設備基準は同一のものとみなされる。

介護付有料老人ホーム(抜粋)

 

介護施設開設支援

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談

このページの先頭へ