医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2014年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

社会保障給付費が過去最高を更新/厚生労働省

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の発表によると、2011年度に年金や医療・介護などで支払われた社会保障給付費が前年度比2.7%増の107兆4950億円に達し、過去最高を更新した。高齢化の進展で、医療費などが伸びていることに加え、東日本大震災の発生に伴い救助費など災害関連費用が増えた。国民1人あたりの社会保障給付費も同2.9%増の84万1100円と過去最高となった。

分野別では、年金が同0.2%増の53兆623億円で全体の49.4%を占めた。ただ、給付額の引き下げと高齢者人口の伸び率が小さかったため、過去最低の伸び率だった。医療は同3.5%増の34兆634億円だった。

介護や災害関連費などの「福祉その他」は、同8.4%増の20兆3692億円。このうち、東日本大震災関連の費用は9730億円。仮設住宅の設置や住宅再建の支援金、医療・介護保険制度の自己負担減免などに充てられた。

国民取得に占める社会保障給付費の割合は31.0%だった。国際比較ができるデータとして、社会保険給付費に就学前の教育費などを加えた社会支出は、2.9%増の112兆437億円だった。

また、同研究所は2012年11月に10年度の社会保障給付費が初めて100兆円を突破したと発表したが、その後の計上漏れの修正などの結果、09年度に101兆998億円に達していたことも明らかにした。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ