医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2014年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

一般病院7477施設で2施設の増加/厚生労働省・医療施設動態調査

厚生労働省は、2013年10月末時点の医療施設動態調査の結果を発表した。それによると、一般病院の施設数は前月末から2施設増加の7477施設だった。内訳は、精神科病院は1施設増の1067施設で、病院総数は3施設の増加で8544施設。一般病院のうち療養病床を有する病院は増減なしの3873施設だった。

病院の病床総数は157万3852床(前月末比243床減)で、病床種別では一般病床が561床減の89万7142床、療養病床は81床増の32万8276床だった。また、精神病床は244床増の34万24床、感染症病床は増減なしの1815床。 一般診療所は10万647施設(同117施設増)で、そのうち無床診療所は9万1446施設(同169施設増)。有床診療所は9181施設(同52施設減)で、病床数は12万5765床(同569床減)となった。このうち療養病床を有するのは1222施設(同9施設減)で、病床は1万2395床(同78床減)になった。歯科診療所は6万8742施設(同39施設増)。

開設者別では、医療法人が5727施設・85万5630床、国(独立行政法人国立病院機構)が143施設・5万4856床、都道府県が212施設・5万6682床、市町村が667施設・14万3384床、厚生連が107施設・3万4331床、済生会が79施設・2万1936床、社会福祉法人が193施設・3万4004床などとなっている。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ