医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2015年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

予算案の概要は29兆9146億円/厚生労働省

厚生労働省は、2015年度「厚生労働省所管予算案の概要」を公表。厚労省全体で、前年度比8693億円・3.0%増の29兆9146億円、内訳は医療11兆4891億円(同2901億円・2.6%増)、介護2兆7592億円(同693億円・2.6%増)、福祉3兆9815億円(同2418億円・6.5%増)などとした。

消費税10%への引き上げが17年4月に延期されたことに伴い、「社会保障の充実」に充てられる消費税増収分は1.35兆円となるため、施策の優先順位を付けることで対応。「社会保障の充実」分の主な予算は次の通りとなる。

  1. 1) 医療・介護サービスの提供体制改革
    「地域医療介護総合確保基金(医療分)=602億円」「地域医療介護総合確保基金(介護分)=483億円」「2015年度介護報酬改定における介護職員の処遇改善等=531億円」「在宅医療・介護連携、認知症施策の推進など地域支援事業の充実=118億円」
  2. 2) 医療保険・介護保険制度の改革
    「国民健康保険等の低所得者保険料軽減措置の拡充=612億円」「国民健康保険への財政支援の拡充=1032億円」「被用者保険の拠出金に対する支援=109億円」「介護保険のI号保険料の低所得者軽減強化=110億円」
  3. 3) 難病・小児慢性特定疾病への対応
    「難病・小児慢性特定疾病に係る公平かつ安定的な制度の確立=885億円」
 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ