医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2015年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

26.0%に上昇した高齢化率。2060年には39.9%に/高齢社会白書

政府が6月12日の閣議で決定した2015年版高齢社会白書によると、わが国の総人口は2014年10月1日現在1億2708万人で、65歳以上の高齢者は過去最高の3,300万人となり、高齢化率は26.0%に上昇したことが分かった。前期高齢者が総人口に占める割合は13.4%、後期高齢者は12.5%だった。最も高齢化が高いのは、秋田県で32.6%、最も低いのは沖縄県の19.0%。また、40年には全都道府県で高齢化率30%を超えると推計されている。調査は、全国の65歳以上の男女2,624人を対象に14年12月に実施された。有効回収率は56.4%。

また、団塊の世代が65歳以上となる15年の高齢者人口は3,395万人となり、その後も増加し、42年には3,878万人でピークを迎え、その後減少に転じるものの高齢化率は上昇し、60年には39.9%に達して2.5人に1人が65歳以上、さらに4人に1人が75歳以上となる。

そのため、14年は高齢者1人に対して現役世代2.4人で支えているが、60年には高齢者1人を1.3人で支えることとなる。平均寿命の将来推計では、13年現在、男性80.21年、女性86.61年だが、60年には男性84.19年、女性90.93年となる見込み。

高齢者の1人暮らしや要介護要支援者も増加。65歳以上高齢者のいる世帯は、13年現在2,242万世帯で、全世帯の44.7%。世帯構成は、3世代世帯が減少傾向、親と未婚の子のみの世帯、夫婦のみ世帯、単独世帯は増加傾向にある。特に65歳以上の1人暮らし高齢者は増加傾向にあり、10年では男性約139万人、女性約341万人で、高齢者人口のそれぞれ11.1%、20.3%を占める。

高齢者の要介護者や要支援者数は急速に増加、01年度末から258.0万人増加し、12年度末には545.7万人となり、第1号被保険者の17.6%を占めている。介護が必要になった主な原因に挙げられているのは、脳血管疾患が最も多く、次いで認知症、高齢による衰弱、骨折・転倒が多く、特に男性では脳血管疾患が4分の1以上を占めている。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ