医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2015年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

女性の平均寿命86.83歳。3年連続で世界一/厚生労働省

7月30日、厚生労働省は2014年の日本人の平均寿命を公表。男性は80.50歳(13年:80.21歳)、女性は86.83歳(同86.61歳)で、いずれも過去最高を更新しており、女性の半数近くが90歳の「卒寿」を迎えるという。

世界各国・地域と比べると、女性は香港の86.75歳を僅差で上回り、3年連続で長寿世界一。男性は香港の81.17歳、アイスランドの80.8歳に続き、シンガポール、スイスと並ぶ3位だった。

平均寿命とはその年生まれの0歳の子どもが何年生きられるかを予測した数値。戦後間もない1947年は男女とも50歳代だったが徐々に延び、女性は84年、男性は13年に80歳を超えた。

14年生まれの子どもが、65歳まで生きられる割合は男性88.4%、女性94.0%。女性は48.3%が90歳、24.4%が95歳まで生きられるという。

がんや肺炎、心疾患、脳血管疾患による死亡率の低下傾向が平均寿命が延びた要因。厚労省の担当者は「医療技術の進歩などで、平均寿命はまだ延びる可能性がある」としている。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ