医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2015年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

2013年度の国民医療費が初の40兆円超え/厚生労働省

厚生労働省は、2013年度に病気やけがの治療で、医療機関に支払われた年間の国民医療費(確定値)が、初めて40兆円を突破する40兆610億円(前年度比2.2%増)だったと発表した。1人当たりでは31万4,700円(2.3%増)。ともに7年連続で過去最高を更新した。

増加の主な要因としては、高齢化の進展や医療技術の高度化など。労災や全額自己負担の分を除く14年度の概算医療費(速報値)は39兆9,596億円だったが、実際には13年度の段階で40兆円を超えていたことになる。

また、65歳以上の高齢者の国民医療費は23兆1,112億円となり、全体に占める割合は57.7%(前年度56.3%)に拡大した。1人当たりでは72万4,500円。一方、65歳未満は17万7,700円にとどまっており、約4倍の聞きがある。

疾病別では、高血圧症など「循環器系の疾患」が5兆8,817億円で最も多く、がんなどの「新生物」が3兆8,850億円、リウマチなど「筋骨格系と結合組織の疾患」が2兆2,422億円、肺炎など「呼吸器系の疾患」が2兆1,211億円と続く。

国民医療費を賄う財源別では、保険料が19兆5,218億円で全体の約半分を占めている。国と地方自治体の公費は15兆5,319億円、患者負担は4兆7,076億円。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ