医療・介護施設ソリューション

医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2016年

 

療養病床の入院患者に、1日50円の居住費値上げを/厚生労働省

厚生労働省は、社会保障審議会医療保険部会に対し、入院患者が負担する光熱費や水道代などの居住費の値上げを提案。主に高齢者が長期入院する「療養病床」を利用する65歳以上を対象に、現行の1日320円から370円への引き上げを求めた。医療給付の抑制が狙いで、年末までに一定の結論を出す。

療養病床には住まいの機能があり、同様の機能を持つ介護施設の相部屋では1日370円の居住費を求めている。同省は公平性確保の観点から、比較的症状が軽い入院患者の負担増を求める案を示した。

会合の出席者からは「介護との公平性を考えれば統一すべき」「医療費抑制のためにやむを得ない」と賛成意見が相次いだものの、「医療と介護は別。入院中の自宅の維持費も掛かる」といった反対意見も根強く、意見集約には至らなかった。また、現在対象外としている65歳未満の患者らに、居住費負担を新たに求めることの是非も議論されたが、賛否が分かれた。

 
上手に計画を進めるには、まずご相談から
大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。
医療・介護施設ソリューションについての相談はこちら

このページの先頭へ


このページの先頭へ