医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

医療・介護施設ソリューション

  

業界最新ニュース 2018年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

医療・年金、膨張続き、最大予算97兆7,128億円に/2018年度予算案

政府は、2018年度予算案を閣議決定した。一般会計総額は97兆7,128億円と、6年連続で過去最大を更新。なかでも高齢化を背景に医療・年金など社会保障費が、歳出全体の3分の1超に膨張。バブル期以来の高い税収を見込むものの、歳出増が続く予算編成となっている。この予算案は通常国会に提出され、本年度末までの成立を目指す。

一般会計総額は17年度当初比で2,581億円増加。うち国の政策経費となる一般歳出は5,367億円増の58兆8,958億円。政府は15年に決めた財政健全化計画で一般歳出の伸びを18年度までの3年間で1兆6,000億円にとどめるとしており、増加額は枠内に収まっている。

予算規模を押し上げた主な要因は、一般歳出の半分以上を占める社会保障費の伸びで、32兆9,732億円と過去最大となった。概算要求時に6,300億円と見込まれた増加幅は、診療報酬改定に合わせた薬価の大幅引き下げにより、4,997億円増と圧縮を図った。診療報酬は本体改定で国費588億円増、薬価などの改定で1,555億円減、薬価制度の抜本改革で310億円減となった。

歳入では、景気回復を受けて税収が1991年度(決算ベース)以来の高水準となる59兆790億円に上ると見積もった。税外収入は4,313億円減の4兆9,416億円。新規国債を33兆6,922億円発行する。新規国債は8年連続の減額となるが、税収が伸びなければ年度途中での国債追加発行の恐れもある。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ