医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

医療・介護施設ソリューション

  

業界最新ニュース 2018年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

総損益差額、7割弱の病院が赤字/全国公私病院連盟・日本病院会

全国公私病院連盟(公私病連)と日本病院会(日病)は、「2017年病院運営実態分析調査の概要」を公表。それによると、17年6月の病院の100床当たり総損益差額は1,198.9万円の赤字となり、前年同月に比べて赤字幅は減少したものの、依然、厳しい経営状況にあることが分かった。回答病院のうち総損益差額が赤字の病院の割合は、69.0%に達する。回答病院は918施設、回答率は29.9%。17年6月の収支状況を調査した。

調査結果では、医業収益を100とした場合の総費用は108.3となり、前年同月の109.0から減少。給与費だけで総費用の5割以上を占める構造は前回調査時と変わらず、総費用に対する構成比は、給与費55.1(前年同月55.0)、材料費27.0(27.5)、経費15.8(15.6)などとなっている。医業収益に医業外収益と特別利益を加えた総収益も前年の102.5から102.2に減少している。うち入院収入は66.3(66.4)、外来収入は30.2(30.1)だった。

総収益から総費用を差し引いた100床当たりの総損益差額は、▲1,198.9万円(▲1,236.2万円)、医業収益から医業費用を控除した医業損益差額は、▲1,201.6万円(▲1,232.5万円)と、ともに赤字となっているが、収益の伸びが費用の伸びを上回ったことで、赤字幅はわずかに縮小している。

また、17年6月の総損益差額が黒字だった病院の割合は31.0%(27.1%)と前年同月よりも増加しているが、赤字病院割合は69.0%(72.9%)となり、依然として赤字病院が黒字病院を大きく上回っている。赤字病院の割合は、診療報酬改定年にあたる16年6月に実施した前回調査時は前年よりも増加したが、今回、再び減少に転じた。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ