医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

医療・介護施設ソリューション

  

業界最新ニュース 2018年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

後期高齢者医療の2割負担、20年度以降へ先送りの方針/政府・与党

2019年度より医療機関を受診する75歳以上の後期高齢者の窓口負担を1割から2割に引き上げる案について、政府・与党は20年度以降に先送りする方針を固めた。19年10月に予定している消費税率10%への引き上げを考慮。21年度までの間で引き続き検討する見通しとなった。

政府は6月に閣議決定する経済財政運営の基本指針「骨太の方針」に、新たな財政健全化計画を盛り込む予定で、75歳以上の窓口負担引き上げについても、こうした方向性を示す。

政府は現在、社会保障改革の工程表で、18年度中に75歳以上の窓口負担の在り方について結論を得ることを明記。70~74歳については14年度から段階的に2割に引き上げており、18年度中に完了する。財務省は、74歳から75歳になっても2割負担に据え置くとともに、すでに75歳以上の高齢者は段階的に引き上げる案を示している。

ただ、政府内には消費税増税と「同年度に医療負担引き上げを一緒に行うのは不可能だ」との意見が強い。さらに来年夏に控える参院選への影響も必至とみられる。

このため政府は75歳以上に関し、今年度中の結論取りまとめを行わず、新たに策定する財政健全化計画では、「団塊の世代」が後期高齢者になり始める22年度より前に結論を得るとした検討課題に位置付ける方向。今後、与党内の議論を踏まえて正式決定する。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ