事業トータルサポート

大和ハウス工業トップ

法人のお客さま:施設建築ソリューション

「Dタワー豊洲」は、東京ガス用地開発株式会社が所有する開発用地を賃借して開発。

豊洲市場に隣接した大型プロジェクト
Dタワー豊洲のご紹介

開発コンセプト

当社は、都心部を中心にオフィス等の高層建物を開発する「Dタワー」の第一弾として、「Dタワー西新宿」の建設を進めています。
このたび、「Dタワー」第二弾となる「Dタワー豊洲」は、東京ガス用地開発株式会社が所有する開発用地を賃借して開発。

地上17階建てで、スマートデバイス(※1)を活用し利便性を高めた宿泊施設「ホテルJALシティ東京 豊洲」(330室)や、標高2,000m級の高地に相当する低酸素の環境下でトレーニングができるトレーニング施設「ASICS Sports Complex TOKYO Bay(アシックス スポーツコンプレックス 東京ベイ)」、商業施設等を併設した複合施設として、豊洲地区の賑わいを創出します。

本物件は、隣接する「東京ガス豊洲スマートエネルギーセンター」から温水と冷水の供給を受け、省エネルギー・省CO2を図り、環境に配慮した複合施設を目指します。

※1.スマートフォンなど。

特徴

宿泊施設、トレーニング施設を兼ね備えた複合施設

「Dタワー豊洲」の6階~16階には、株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメントが運営する宿泊施設「ホテルJALシティ東京 豊洲」(総客室数330室)が入居します。当ホテルは、20代後半から40代前半の国内外のお客さまをメインターゲットとし、客室は20~30㎡が中心のホテルです。

2階・3階には、株式会社アシックスが運営するトレーニング施設「アシックス スポーツコンプレックス 東京ベイ」が入居します。当トレーニング施設は、標高2,000m級の高地に相当する低酸素のプールやランニングレーン、トレーニングジムを設け、低酸素の環境下で陸上や競泳などのトレーニングが実施できる施設です。

1階には、レストランやコンビニエンスストアが入居します。

賑わいと緑を調和させた屋外スペース

「Dタワー豊洲」の屋外スペースは、賑わいと緑を調和させるデザインとしました。1階には、「自然の緑」・「にぎわいの広場」・「憩いの広場」・「歩道状空地」の4つのオープンスペースをつくりました。

本物件の通路に位置する「自然の緑」のスペースには、多様な植栽を配置。レストランに面している「にぎわいの広場」は、テーブルやイスを並べ、賑わいのあるスペースとしました。運河を望める「憩いの広場」は、帆布製の日除けやウッドデッキを設け、水辺を意識した空間としました。また、本物件の屋上の一部も緑化スペースとしています。

自然の緑

憩いの広場

にぎわいの広場

歩道状空地

物件概要

物件名称 「Dタワー豊洲」
所在地 東京都江東区豊洲6丁目4-1B街区
敷地面積 7,419.87m²(2,244.51坪)
建築面積 3,781.13m²(1,143.79坪)
延床面積 27,605.99m²(8,350.81坪)
構造・規模 鉄骨造一部鉄筋コンクリート造/地上17階地下1階建て(最高高さ:70.75m)
建物用途 ホテル 330室(6階~16階)・トレーニング施設(2階・3階)・レストラン、ドラッグストア、コンビニエンスストア(1階)・駐車場
事業主 豊洲6丁目4-1B開発特定目的会社(大和ハウス工業株式会社100%出資)
設計 株式会社伊藤喜三郎建築研究所
施工 株式会社熊谷組
着工 2017年11月1日
竣工 2019年9月30日

アクセス

本物件は、東京駅から4km圏内で、東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「市場前駅」から徒歩2分の場所に位置し、首都高速道路「豊洲インターチェンジ」にも近接。また、東京都心部と臨海部を結ぶバス高速輸送システム「BRT」(※2)も運行予定(※3)で、交通利便性に富んだ場所に位置しています。あわせて、豊洲市場も本物件に近接しています。

  • ※2.バスを基盤とした大量輸送システムのこと。
  • ※3.2020年度プレ運行開始予定。

Dタワー豊洲

お問い合わせ

大和ハウス工業株式会社

〒102-8112 東京都千代田区飯田橋3丁目13番1号

東京本店 建築事業部第三営業部営業第一課

担当/竹田(タケダ)

TEL: 03-5214-2200 FAX: 03-5214-2209

E-mail:m00086746@daiwahouse.jp

このページの先頭へ

このページの先頭へ