TRY家コラム

TRY家コラム(トライエコラム)

TRY家コラム

扉の選び方と、設置する際のポイントについてご紹介します。

インテリア

開き戸、引戸、それとも折戸?家づくりに欠かせない扉選びのポイント

玄関ドアや室内の扉、収納の扉など、ひとくちに扉といっても、さまざまな種類があります。
「扉」には主に、「開き戸(ひらきど)」「引戸(ひきど)」「折戸(おれど)」の3つの開閉方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
何気なく選んだ扉が、あとあと自分の生活や動線にあっていなくて後悔……してしまうことのないように、扉の選び方と、設置する際のポイントについてご紹介します。

扉の種類と、それぞれのメリット・デメリット

開き戸(ドア)

いわゆるドア。片側に蝶番(ちょうつがい)を取り付けて枠に固定し、ドアノブやレバーハンドルの操作で前後に開閉する扉を指します。

●メリット

  • ・一般的には、3種類の内ではもっとも安価に取り付けられる扉。
  • ・デザインや種類が豊富で、ドア本体だけでなく取手にもさまざまなバリエーションがあり、自分好みの表現をしやすいのが特長。手が塞がっていても肘で押すだけで簡単に開く、レバーハンドルのような操作性の高いものも増えています。

●デメリット

  • ・前後に押し引きして開けるため、ドアの可動域には物を置けずデッドスペースが生じるので、ドアの分だけ部屋が狭く感じられることも。
  • ・車椅子に乗っている方にとってはドアがつかえて開け閉めが困難だったり、ご高齢の方にはドアノブを掴む動作やドアを引く際に一歩うしろに下がるといった動作が負担になったりもします。
  • ・子どもがいる家庭の場合、ドアの下の隙間に足の指を挟んだり、向こう側に人がいるのを知らずに勢いよく開けてぶつかってしまう危険性が。
  • ・ふだんあまり意識しないところでは、冷蔵庫やソファなどの大型家具を購入する時。ドア枠の幅ギリギリの物だと、家の中にいれる際にドアの厚みやドアノブの出っ張りがひっかかって搬入できないことがあります。

引戸

和室のふすまや障子戸に代表される、左右のスライドで開閉するタイプ。引戸の中にも大きく分けて、一枚の戸をスライドさせる「片引戸」、二枚以上の戸をスライドさせて左右どちらからでも開閉できる「引違い戸」、壁内の戸袋に戸がすっぽりと納まる「引込戸」の3種類があります。

●メリット

  • ・左右にスライドするだけで開閉できるので、ドアよりも少ない動作で出入りできます。
  • ・間口いっぱいに開くことができ、また、半分だけ開けておくといった微調整も可能。

●デメリット

  • ・一般的なドアと比較すると、お値段は高め。
  • ・戸の上から吊り下げる「上吊り式」であれば床面のレールは不要ですが、大きな力を加えると不安定なので、小さな子どもがいる家庭では注意が必要です。一方、レールがあるものに関しては、レール部分にホコリがたまったり、お掃除の手間が増えます。
  • ・2枚以上の戸からなる引違い戸の場合、片方を閉めたつもりが別の戸が開いていたり、引違い部分に隙間ができたりと閉めるのに手間取ることも。3枚、4枚など戸の数が多いほど調整が大変になります。

折戸

通常2枚の戸を連結してあり、取っ手を手前に引くと折れ曲がる仕組み。クローゼットや浴室の扉によく用いられるタイプです。引戸と同様、下のレールの有り無しがあります。

●メリット

  • ・開き戸と比較すると、開閉するスペースが半減するので、手前のスペースが狭い場合にはおすすめです。

●デメリット

  • ・全開すると折りたたんだ戸の厚み(折りしろ)が増す分、開口幅が狭くなります。そのため、布団など大きな物の出し入れをする時や、幅いっぱいにしまった収納ケースを手前に引き出す時などに、折りしろが邪魔になりがちです。
  • ・折戸の扉連結部の縦線が目立ち、部屋の美観が損なわれる可能性があります。

設置する際に気をつけておきたいポイント

開き戸(ドア)

基本的な造りは同じでも、どこに設置するかによって選ぶべきドアの種類は変わってきます。例えば、玄関ドアは住まいの“顔”であると同時に、防犯や遮音の役割も担っています。ドアの素材、施錠のしやすさや防犯性などを考慮した上で、家の外観にマッチするデザインを選びましょう。

一方、室内ドアはガラスをはめ込んだドアにすれば、ドア向こうの家族の気配がわかって、衝突事故の防止にも一役買います。

ドアには内開きと外開きの2パターンがあります。廊下を通る人の邪魔にならないよう、室内側に開くのが一般的ですが、トイレなど狭い空間においては外開きがよいとされています。

万が一、中で人が倒れた場合、内開きでは十分にドアが開かず、救助が困難になるおそれがあるからです。ダイワハウスでは、一般的に外開きをご提案しています。なお、トイレの面積が広い場合や、外開きより内開きの方が使いやすい場合は内開きも検討しましょう。

  • ・フィンガーセーフドア

    子どもがいる家庭で気をつけてほしいのは指挟み事故ですが、最近は足の指を挟まないように設計されたフィンガーセーフドア(ダイワハウス商品)など安全志向のドアも増えているので、子ども部屋のドア選びの際に検討されてはいかがでしょうか。

  • ・グランフルドア

    さらに予算に余裕がある方なら、天井高いっぱいに取り付けられるグランフルドア(ダイワハウス商品)がおすすめです。大空間にスッキリと美しく調和し、広く開放感あるリビングを演出してくれます。

引戸

開閉しやすく、前後のスペースが有効に使えることから、近頃は和洋室に関係なく引戸を選ばれる方が増えています。例えばキッチンの収納によく使われる「スライド扉」は、使う時に開けっ放しにできて、使わない時は閉めておけば、家電など雑然に見えるものも隠せてスッキリ。中が少し見える半透明のものも選べて便利です。

片引戸の施工時に気をつけたいのは、戸および戸枠の色と、壁の色のバランス。戸枠と壁の色の差が大きいと、引戸を閉めたとき壁に取り付けられた戸枠の色が変に目立ってしまうことがあります。気になさらない方もいますが、室内をスッキリ見せたいという方にとっては少々目障りな存在。このような場合は、壁紙が白っぽい色の場合は、枠のみ白系の色を選定し、枠を目立たなくするのがおすすめです。

あるいは、戸が壁の中に収まる「引込戸」にすれば、引き代分の枠が大きく外側に現れることもなくスッキリして見えます。ただし、戸袋の中に入り込んだホコリを掻き出すのが少し大変になるので、お手入れのしやすさでは片引戸のほうが優っていると言えます。

引戸はドアに比べると少しお値段が張るので、設置場所の優先順位を決めたほうがよいでしょう。和室の次にリクエストが多いのは、意外にも洗面室。浴室に近いこともあり、湿気やニオイがこもらないよう全開もしくは少し戸を開けておきたいという方が多いのです。最近の住宅は室内換気が行き届いているので、実際はそれほど気にする必要はないのですが、お風呂の準備や洗濯などで頻繁に出入りする場所でもあるので、開け閉めの負担が少ない引戸にしておく方が何かと便利かもしれません。

折戸

クローゼットなど収納スペースの定番となっている折戸。ウォークインクローゼットに設置する場合は、外からも中からも開けられるように、折れ戸の両側に取っ手を設置するのがおすすめです。(ただし、室内側の取っ手は閉じる際に邪魔にならないよう、専用のものとなります)

収納の扉は何をしまうかによって検討を

収納の扉は折戸が多いですが、設置する場所や中にしまうもの次第で柔軟に検討したいもの。具体的に何を収納するのか、出しやすいかどうか十分にシミュレーションしてみて、開き戸や引戸、両開き(観音開き)なども視野に入れつつ選びましょう。

また、収納扉では近年、天井いっぱいにつけるハイドアタイプの人気が高まっています。ハイドアとは、床から天井近くまで一気に中身が見渡せる扉を指し、開き戸の他に、折戸や引戸タイプもあります。ハイドアにしておくと、パッと開けたときの一覧性がよくなり、欲しいときに欲しいものをすぐに取り出せて便利です。反対に使わなくなったものも目に入るので、処分するタイミングを逃さずに済みますよ。

“扉ナシ”もアリ?

部屋の入り口や仕切りには扉をつけるもの。当たり前のように考えがちですが、実は思いきって「つけない」という選択肢もあります。

例えば家の中にほとんど開けっ放しの扉はありませんか?日常よく通る場所だと開け閉めすることが面倒になり、つい開けっ放しになっていることも……。そんな場合はいっそのこと扉をつけなければ、毎日開け閉めするわずらわしさから開放されますし、扉をつけるための予算もかかりません。また、LDKをつなげた大空間などの場合、扉をつけずに開放感を優先させるのもいいでしょう。

とはいえ扉をつけないと、見えたくないところまで見渡せてしまうなどの難点も出てきます。そこは、諦めずに設計士に相談を。テレビボードや収納棚の裏側に別の空間の入り口を配置したり、設計上の工夫で、扉なしでも生活しやすい空間をつくることが可能です。

まとめ

何気なく開け閉めしているようで、意外と奥が深い扉の世界。基本を押さえつつ、ご自身の暮らしに最適な扉はどれなのか、設計士またはインテリアコーディネーターに気軽にご相談くださいね。

アドバイス
大和ハウス工業株式会社 西日本住宅設計室1課
インテリアコーディネーター、二級建築士、キッチンスペシャリスト、照明コンサルタント 鱸麻理(すずきまり)
  • Facebook
  • instagram
  • YouTube
コラムでご紹介した動画をまとめました。TRY家コラム(トライエコラム)動画ギャラリー
いただいた質問をもとに、知っトク!なっトク!なお役立ちコラムをご紹介します! 知っトク!なっトク!家づくりQ&A

TRY家コラム(トライエコラム)では、
将来住まいづくりをお考えの方へお役立ち情報をお届けしています。

会員登録するとこんな特典が!!

  • 会員限定の
    住まいづくりに役立つ資料を
    ダウンロード!!
  • 会員登録すれば、
    家づくりに役立つカタログが
    今すぐ見られる!!
  • 会員限定の
    プレゼント企画や、
    キャンペーンに応募できます。
  • TRY家コラムの更新情報を
    メールマガジンで
    キャッチ!!

ダイワハウスの「おうちアプリ」で、ご家族にぴったりの住まいづくりを。住まいと暮らしをテーマとした旬の情報がまとめてチェックできます。

ダイワハウスの「おうちアプリ」で、ご家族にぴったりの住まいづくりを。住まいと暮らしをテーマとした旬の情報がまとめてチェックできます。

AppStoreでダウンロード
Google Playでダウンロード

定期刊行誌WEBマガジン版毎月発行

  • an.D 住まいづくりに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • くらしのレター 暮らしに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • 住まいコラム
  • イベント情報
  • 住まいのカタログ資料請求
  • 建築実例
  • ダイワハウスの注文住宅xevo
  • ダイワハウスの分譲住宅・宅地

送信先メールアドレスの変更・メルマガの配信停止はこちら

  • TOP

このページの先頭へ

TRY家コラム(トライエコラム)TOP

将来住まいづくりを考えている方に役に立つ情報をお届けするサイト。毎週更新。

カテゴリーから探す

住まいに関する情報をカテゴリー別でご紹介

コラム一覧から探す

住まいに関する情報を一覧でご紹介

住まいコラムTOP

暮らしに関することから商品紹介まで様々な情報をお届け

くらしのレターTOP

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.