TRY家コラム

TRY家コラム(トライエコラム)

TRY家コラム

共働き夫婦の住居のあり方や家事シェアについて小伊藤亜希子教授にお聞きしました。

間取りと暮らし方

特集「食空間」第三弾 妻の仕事スペース、家事の負担を減らす動線…「「住まいの研究最前線から見えてきた、共働き夫婦が暮らしやすい家とは?」」

女性の社会進出が叫ばれ、共働きが当たり前になった現在、結婚後も子育てをしながら働く女性の数は増え続けています。そうした社会の変化は、夫婦や親子の関係だけでなく、家族で暮らす「住まい」そのものにも影響を与えています。

そこで、生活の実態から住まいを考える「居住環境学」の専門家・小伊藤亜希子教授をお招きして、共働き夫婦に求められる住居のあり方、そしてダイワハウスが提唱する「家事シェア」の考え方について、大和ハウス工業で住宅設計に携わる一級建築士・インテリアプランナーの濱田千秋がお話を伺いました。新居をご検討の方は、ぜひ家づくりの参考にしてみてください。

プロフィール

大阪市立大学大学院生活科学研究科

小伊藤亜希子教授

京都大学大学院工学研究科(建築)後期博士課程修了。京都造形芸術大学、京都文教短期大学、日本福祉大学を経て、1999年大阪市立大学生活科学研究科助教授。2013年同教授。日本学童保育学会理事。日本建築学会理事。日本住宅会議会報編集委員長。共著に『いきている長屋 大阪市大モデルの構築』(2013)、『子どもを育む暮らし方』(2010)、『子どもが育つ生活空間をつくる』(2009)など。

大和ハウス工業株式会社 住宅事業推進部
西日本住宅設計室一課 主任技術者

濱田千秋

一級建築士・一級造園施工管理技士
インテリアプランナー・キッチンスペシャリスト

大阪市立大学生活科学部卒業後、大和ハウス工業入社。現在は、主任技術者として住宅設計(分譲住宅の街づくり計画、住宅設計、インテリア計画、エクステリア計画)に携わる。新しい技術やスタイルを積極的に取り入れ、限られた面積を最大限に生かす設計を得意とする。

生活者の実態調査から見えてくる意外な動線

濱田: 先生の研究分野「居住環境学」とは、どういうものなのでしょうか?

小伊藤先生: 所属しているのは、生活科学部居住環境学科という、建築のハード部分だけではなく、生活者の視点から空間を考えようという学科です。私自身の研究も、地域の子どもの居場所とか、長屋や町家なども含めた住まいについて、「生活から空間を考える」ということをしています。

濱田: 先生の論文や共著には「子どもに合わせた家づくり」や「子どもが育つ空間」などについても書かれていて、とても興味深いものばかりでした。ご自身の生活体験も研究に生かされたりするのですか?

小伊藤先生: そうですね。私自身もいろんな家に住んだり、子どもを育てたりする中で、問題意識などが自然に重なってきますので。自分が生活者として暮らしてきた実感は、住まいを研究する上で大切です。
たとえば、赤ちゃんのいる家庭を調査したことがありましたが、「子どもをどこで寝かしつけるか」というのを調べてみると、多くの方が「リビングに連続している部屋」ということが分かりました。

赤ちゃんは一度寝たと思っても、何かのきっかけですぐに目を覚まします。その時、素早くそばに行ってトントンしてあげると、また眠ってくれるのですが、それが少しでも遅れると目を覚まして泣いてしまいます。キッチンまわりの家事をしていても迅速に駆けつけられる「リビング近く」を選ぶ人が多いのはそういう事情もあるのだろうというのは、自分の子育て体験からすぐに想像がつきました。ところが、リビングに連続して赤ちゃんを寝かせられる部屋がない住宅では、そうした使い方はできないのです。

女性の社会進出で変化した「日本の住宅事情」とは

濱田: 昔と今を比べてみて、家族の生活と住まいはどのように変わってきたと思われますか。

小伊藤先生: 日本の住まいは、明治・大正・戦前・戦後と大きく変化しています。戦後は専業主婦のいる「核家族」をひとつのモデルとし、欧米の住宅様式の影響を強く受けて、部屋を機能別に分ける「nLDK型※」の住宅が普及しました。しかし、近年は、従来型のnLDK型の住宅が現代のライフスタイルにフィットしない部分があることが認識されはじめていると思います。

※nLDK型=家族の共有する部屋(公室)と各個人の専用の部屋(私室)が独立している近代住宅の間取り。例:2LDK(リビング・ダイニング・キッチンに個室2部屋)など

濱田: そうなった理由は、どこにあるのでしょうか?

小伊藤先生: ひとつは、女性の社会進出ですね。日本の場合、労働時間の短縮がないまま女性が社会に出ていったので、子どもにとっては、お父さんもお母さんも帰りが遅いという状況になっています。それに対して国は、延長保育や学童保育といった子育て支援サービスを一定充実させていますが、結果的に、家族揃って家で過ごす時間は短くなりました。
そんな現状をやはり親たちは問題に思っていて、帰宅後、短い時間でもできるだけ子どもと一緒に過ごそうと、いろいろ苦労されています。たとえばお皿洗いとかは後回しにして、子どもと一緒に遊び、子どもが寝てから家事をするという方も多いです。

濱田: せっかく家族全員が揃う時間に、家事をしたり、自分の個室にこもっているのはもったいない。リビングやダイニングでコミュニケーションをとりたいという気持ちがありそうですね。

小伊藤先生: そうですね。子どもの方でも、実際に調査に行くと、小学校低学年くらいの場合ほとんど自分の部屋で勉強していなくて、個室があっても結局リビングでしています。また、未就学児に至っては着替えも遊びもリビングでしていることが多く、服やおもちゃも、結局はすべてリビングに置くことになります。

以上のことから、子育て家庭にとって、リビングに連続した部屋は、寝室としても収納部屋としても使いやすく、また小学生くらいまでは、子ども部屋もリビングに連続していることで、実際に使われるし、コミュニケーションの面でも有効だと思います。戸建て住宅だと「子ども部屋は2階」にせざるを得ないことも多いですが、もう少しリビングとのつながりを考慮しながら設計してもいいのかもしれませんね。

妻の専用スペースに求められる「分離欲求」と「隣接欲求」

濱田: 先生は「妻の専用スペース」についての論文を書かれていますが、この研究を始めたきっかけについてお聞かせください。

小伊藤先生: 共働きの場合でも、妻は家で仕事をすることが多いのではないか、と思ったのです。なぜなら、特に小さい子どもがいると、たとえ仕事の途中でも時間が来たら必ず保育園のお迎えには行かなければなりませんし、夕食の用意を含め一定の時間には帰宅する必要があります。いまでは育児に協力的なお父さんも増えましたが、それでも圧倒的に家庭責任を期待され担っているのは女性です。
そうすると「お母さんたちは残った仕事を、家のどこでしているのか」という疑問が湧いてきます。それで「妻の専用スペース」についての研究を始めました。建築関係、教師など仕事を持ち帰りやすい職種に絞っての調査でしたが、調べてみると家で仕事をしている人は約75%、そして自分の専用スペースがあるという人も実に65%くらいいるという結果に。

濱田: これから在宅勤務などのスタイルがもっと進んでくれば、他の職種でもさらに増えてきそうですね。しかし一般的なnLDK型にお住まいの場合、専用の「仕事部屋」を設けるのは現実的にはなかなか難しい気がします。

小伊藤先生: そうだと思います。調査した家庭もnLDK型の家が多かったのですが、専用スペースは、必ずしも独立した部屋というわけではありませんでした。その代わり、リビングやダイニングの一画を専用のワークスペースにしている人が結構多く、そこには「子どもの様子を見守りながら」「家事と同時進行で仕事がしたいから」という「隣接欲求」がありました。

濱田: その場合は、ダイニングテーブルを仕事机の代わりにして、という感じなのでしょうか?

小伊藤先生: そういう人もいましたが、ダイニングテーブルだと食事の度に、仕事道具を片付けなければいけません。書類や資料をそのまま置きっぱなしにできる自分専用の空間がほしいという要求は強いです。でも程よく家族の気配も分かるようにしていたいという「隣接欲求」を持つタイプと、一方で、「切り替えて作業に集中したい」という「分離要求」の強いタイプがありました。中には、両方の要求を持っている人もいました。

キッチン脇に設けられた家事コーナー

濱田: たとえばこのスペース。(上の写真)キッチンの脇に家事コーナーが設けられています。
家事コーナーの反対側は本棚がついた書斎コーナーになっています。
この広さと動線ならば、女性の専用スペースへのニーズを満たすことはできるのでしょうか?

小伊藤先生: 書斎スペースの方は、連続してながらも、集中できそうでいいですね。収納量は少なめですが、パソコンで完結する仕事の方であれば、このぐらいのスペースでもいいかもしれないですね。調査では「資料など自分のものを置いておけるスペースがほしい」という声も多くありました。

書斎スペース

小伊藤先生: 職種に応じた収納量の確保や、頻繁に仕事の電話をされる方なら子どもの声が入らないよう扉のついた空間など、自分の職種にあった専用スペースは用意しておきつつ、状況に応じてノートパソコンを移動してダイニングなどで作業する人も多いです。時々の状況で選択できればいいように思います。

濱田: ダイワハウスの設計では、LDKの周辺にちょっとしたデスクスペースや収納を組み込むなどして、できるだけゆとりスペースをとるようにしています。

「家事分担」ではなく「家事シェア」を推進する理由

濱田: 働く女性が増えると、仕事スペースの確保と同様に課題になってくるのが、家事の分担問題だと思います。先生が調査されたご家庭では、夫婦の「家事の分担」はどのような状況でしたか?

小伊藤先生: なかには半々で分担し協力している家庭もありましたが、やはり一般的には女性のほうが多く担っている印象でした。男性だと職場での理解が得られないなどの事情もあるかと思いますが、一般に父親の帰宅は遅く、特に平日は妻が一人でやっている家庭が少なくなかったですね。

濱田: そうした妻の負担を軽くするために、ダイワハウスでは「家事シェア」という考え方を推進しています。家事の中には「料理」や「掃除」「洗濯」など「名のある家事」の他に「名もなき家事」というのがあると考えていて、どういうものかと言うと、散らかったものを元に戻すような「マイナスをゼロに戻す家事」のことです。「家事分担」と聞くと、「名のある家事」の一部を手伝って満足して終わりがちなんですが、実際には「名もなき家事」がたくさんあります。これらを家族全員が自分ゴトとしてシェアできるよう、日常のシステムや動線の中に組み込んでしまおうというのが、家事シェアの考え方になります。

たとえば、ダイワハウスの「家事シェアハウス」の玄関には「自分専用カタヅケロッカー」というのがありまして、外から帰ってきたら、まず自分のロッカーの中にカバンやコートなどを収納します。また、玄関から洗面室へ直行できる動線を用意しています。まずはそこで手を洗い、上着や靴下などの洗濯物はそのまま洗濯カゴの中へ。部屋着に着替えたい人は、そこで着替えてからリビングに入る流れになります。

小伊藤先生: これはとても効率的な動線ですよね。帰宅してすぐリビングに入ってしまうと、そこで服やカバンが放り出される可能性がありますからね。それを動線で解決しようという試みはとてもいいと思います。自分の家のことを考えても、リビングはすぐに散らかってしまいますからね。「名もなき家事」がたくさんある、とても共感します。

濱田: 家事シェアハウスには「自分専用ボックス」というアイデアもありまして、リビングに「パパ」「ママ」と名前を書いたボックスを用意し、リビングで散らかりがちなものはそこに放り込んでしまうことができます。家族の誰かがリビングを片付けると、どこに収納されたか他の家族が分からないという問題が出てきますが、名前の書いたボックスがあれば、誰が片づけても自分の持ち物はそのボックスの中に入ります。そういう意味では、探す手間も省けるし、誰でも気軽に片付けられるというメリットがあります。

小伊藤先生: これもいいアイデアですね。確かに、部屋を片付けた本人でさえも「あれ、どこに入れたっけ?」となることはよくありますからね。ただ、これら「仮置き」が「常置き」にならないような工夫が必要になるでしょうね。

濱田: 「仮置き」は一時的な措置ではありますが、まずは収納できる場所がないと、片ける気にもなりません。まずはこういうルールをつくることで、部屋を片けるクセをつけ、モノが出しっぱなしになる状況を少しでも改善できればと思っています。

キッチンでも応用できる「家事シェア」の意識

小伊藤先生: 料理に限っては、手順もあるし、ふたり同時にキッチンに立つ機会ってそれほど多くないのではと思います。たとえば私がシェアしてほしいといつも思うのは、料理ができあがってきた頃に配膳とか、ごはんをよそう等のサポートです。そうすると、流しやコンロのあたりは一人分のスペースでもいいとして、食器棚と冷蔵庫は家族それぞれが自分で出し入れできた方がいいですね。

濱田: 誰かがキッチンに立っていても、すれ違うことなく食器棚、冷蔵庫が使える動線は役立ちますね。この家では向こうから回り込みができるようになっているので、回り込んでもらえば、家族それぞれがこの角にある食器棚、冷蔵庫にアクセスできます。

小伊藤先生: 飲み物や調味料を冷蔵庫から出し入れしたり、レンジで温めたりとか。補助的な作業はみんなで共有できるよう、必要なものは使いやすい場所にあるといいなあ、と思います。

濱田: どれだけ広いスペースがとれるかは、おうちそれぞれで違ってきますが、ダイワハウスではこういった回遊性のある動線設計も大事にしています。
リビング・ダイニング・キッチンがゆるく繋がりつつ、回遊性も確保できれば、たとえばごはんができあがりそうなタイミングで家族に軽く声をかけるだけで、食事の準備に関するちょっとした作業もシェアできる。そんな理想的な動線を追求しつつ、今後も設計していきます。

まとめ

リビング・ダイニング・キッチンまわりの動線設計や、妻の仕事スペースの確保、家事の負担を減らすことで、自由な時間を生み出す工夫…。共働き夫婦が本当に暮らしやすい家をつくるには、検討すべき課題が多くあります。

みなさんの家族の場合、何が必要になるのかを設計士とじっくり話し合い、既存の型にとらわれないアイデアも柔軟にとりいれて、是非納得のいく新居をつくりあげてください。

取材/撮影:伊丹xevoΣ展示場

記事公開日:2017年9月26日

特集「食空間」:おしゃれで快適!家族みんなが笑顔になる「幸せキッチンのつくりかた」
  • 6つのタイプからあなたに合ったキッチンのスタイルが見つかる! 「キッチンスタイルブック
」無料!カタログプレゼント
  • 幸せなキッチンをつくろう! ライフスタイルに合ったキッチンが見つかる!『ライフスタイル診断』や『キッチンづくりのPOINT』など、キッチン選びが楽しくなる!

TRY家コラム(トライエコラム)では、
将来住まいづくりをお考えの方へお役立ち情報をお届けしています。

会員登録するとこんな特典が!!

  • 会員限定の住まいづくりに
    役立つ資料をダウンロード!!
  • 会員登録すれば、家づくりに
    役立つカタログが今すぐ見られる!!
  • TRY家コラムの更新情報を
    メールマガジンでキャッチ!!

定期刊行誌WEBマガジン版毎月発行

  • an.D 住まいづくりに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • くらしのレター 暮らしに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • 住まいコラム
  • イベント情報
  • 住まいのカタログ資料請求
  • 建築実例
  • ダイワハウスの注文住宅xevo
  • ダイワハウスの分譲住宅・宅地

送信先メールアドレスの変更・メルマガの配信停止はこちら

  • TOP

このページの先頭へ

TRY家コラム(トライエコラム)TOP

将来住まいづくりを考えている方に役に立つ情報をお届けするサイト。毎週更新。

カテゴリーから探す

住まいに関する情報をカテゴリー別でご紹介

コラム一覧から探す

住まいに関する情報を一覧でご紹介

住まいコラムTOP

暮らしに関することから商品紹介まで様々な情報をお届け

くらしのレターTOP

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO.,LTD All rights reserved.