TRY家コラム

TRY家コラム(トライエコラム)

TRY家コラム

ダイワハウスの「まちなかジーヴォ」と『ねこのきもち』がコラボするWeb企画。

間取りと暮らし方

まちなかジーヴォ×ねこのきもち 猫と暮らす家もつくりたい! vol.4 猫がいるだけで幸せ。猫のための家ならもっと幸せ

vol.4 「猫と暮らす家」堂々完成!

猫と暮らす家ができました!

まだ春浅いある日に私が降り立った駅は、つくばエクスプレス・流山おおたかの森駅。秋葉原駅から30分。思っていたより都内から近い印象です。
昨年、大和ハウス工業東京本社で設計プランを見せていただいてから約1年。この日を楽しみにしていました!そうです、今日は「猫と暮らす家が完成しました」との連絡を受け、見学にやってきたのです。

おぉ~。当たり前の話ですが設計図そのままの家が建っています!

写真左から、石黒、チーム・ジーヴォのナビゲーター:小坂健太朗さん、ナビゲーター:山﨑千尋さん、デザイナー:田中琢也さん

Team-xevo(チーム・ジーヴォ※以下、チーム・ジーヴォ)の皆さんと練りに練って作った「猫と暮らす“理想の”家」。
これまでも『TRY家Lab(トライエラボ)』で、設計図を3D化し、実際の住まいにいるような体験をしたり、家のミニチュアも見せていただいたり。だから、なんとな~く完成型は想像できている私。「でも新築の家を見たら感動しちゃうだろうなぁ……」なんて考えながら、自分がここに引っ越してくるような気持ちで、駅から完成した家まで歩いてみました。通りは歩道も広く、自然が豊かな落ち着いた環境。
「流山おおたかの森」駅から徒歩14分のところで「あ!」見えてきましたよ!チーム・ジーヴォのみなさんが待っていてくださいました。

「こんにちは!石黒さんに早く見ていただきたくて、私たちも楽しみにしていました」と小坂さん。おぉ、嬉しいお言葉。期待が膨らみます。さっそく中に入ってみましょう。

玄関を入っての第一印象は、明るくて清潔感があるということ。

「玄関の壁は消臭効果のある建材を使いました」と田中さん。ペットと暮らしていると、ニオイには敏感になりますよね。玄関は家の顔、一番気をつけたいところですから、心くばりが嬉しいです

玄関の右側は、靴箱を兼ねた収納スペースになっていました。ここに猫トイレを置くことをイメージし、猫が自由に行き来できるようドアは短め(床よりも30センチほど上)に。※イメージとして猫のぬいぐるみを使っています

さて。玄関をあがり住居スペースに。ドアを開けると右手にリビングルーム、左手にダイニングルーム。ダイニングの奥にキッチン。リビングとダイニング、そしてキッチンと3つのスペースが見渡せます。

「わぁ、広い~!」。図面でイメージしていたよりもずっと広く感じます。リビングは南向き。吹き抜けで、天井が高く、窓も大きいので開放感があって気持ちいい!

猫の飼い主さんが喜ぶ仕掛けがいっぱい!

小坂さんの案内で、まずはリビングへ。あ、ありました!念願のキャットステップ!

写真の右側に猫が歩ける幅(30cmくらい)の板を何枚も配置、自由に行き来できる仕組みです。これ、最初の打ち合わせのときに、私がリクエストしたのです「壁に、猫が登ったり降りたりできる階段のようなものを作りたい。そして、ソファに座って猫を眺めながらお酒を飲む『猫見酒』がしたいです!」。ひゃ~、夢が叶いました。

既にお気づきかと思いますが、ホンモノの猫さんも登場!わが家のコウハイにも似た(?)ムッシュくん(オス・1才/ノルウェージャンフォレストキャット)がスタンバイしてくれていました

ムッシュくんには猫目線でお家を見てもらいましょう。さっそく、ムッシュくんにキャットステップを試してもらったところ、トコトコ~と楽しそうに登ってくれました。板から板へ渡って、キャットステップは2階まで続きます。

2階の床と同じ高さに、リビングを囲むようにキャットウォークが。一部、透明なアクリル板になっていて、ソファに座って見上げると「そこに猫の肉球が見える!」という幸せ感が半端ない演出が

リビングの上を歩ける階段や猫用の道が縦横にあり、天井が高く広さも十分。室内飼いの猫は運動不足になりがちとも聞きますが、これならそんな心配はいりません。猫タワーがなくても、高いところからリビング全体を眺めることができるので、猫はきっと満足するでしょう。

ソファの後ろの窓は幅がたっぷり。猫がくつろぎやすいスペースを確保しています。小坂さん「石黒さんのお宅にお邪魔したとき、コウハイがソファの上に座っていたので猫がくつろげる場所があるとよいなと思いまして」。ニャンと心憎い!

リビングとダイニングの間には、麻縄を巻き付けた四角い柱がありました。そう、猫の爪とぎ用の柱です。元気のいい猫は、この柱で木登りのトレーニングをするかもしれませんね

チーム・ジーヴォのみなさんがわが家に来てライフミーティングをしたときに「爪とぎやトイレ、水飲み場など、猫に必要なものやスペースをあらかじめ組み込んだ設計に」と話し合ったことが、このような形になったんですね。ダークチョコレート色の爪研ぎ柱が、白でまとめられた室内のアクセントになり、全体を引きしめてシックな雰囲気になりました。

キッチンまわりも快適な仕様に

キッチンはシンプルで機能的。調理台のうしろにあるパントリーには、食器をしまったり、食料をストックしたりと棚が豊富です。その上、ふた付きのゴミ箱まで収納できるところが気に入りました(わが家の場合、コウハイにゴミ箱をひっくり返されるおそれがあります)。

キッチンは広くて開放的です。一緒にご飯を作って、その場で食べながらおしゃべりなんてこともできそう

パントリーも猫が入れないように引き戸になっています。ふた付きのゴミ箱と合わせて2重のブロック対策に

引き戸は半透明なので猫も人もお互いの気配を感じられます。閉めても閉塞感なしでしたよ

「洗面台の下には猫のトイレも置けます」と山崎さん。確かにこの程よい狭さが猫を安心させてくれますね

キッチンの奥にある洗面室には、ペットを洗うときに重宝する洗面台を設置。備え付けの板を敷けば、ブラッシングなど猫のお手入れをするスペースにも。
リビングに戻ろうとすると「石黒さん、網戸を見ていただけますか」と田中さん。そうでした、コウハイに何度も網戸を破られているわが家。「丈夫で、外の景色もよく見える網戸」が懸案だったのです。そして、それに応えるべく探してくださった網戸(の網)の素材がステンレス製になりました※。

※ステンレス製網戸は、1階キッチン、リビングの窓に設置されています。

網戸越しの視界もクリアです。これなら安心。田中さん、ありがとうございます!

ダイニングの脇には、猫用の食事スペースが。いっしょに食事も楽しめそう

2階にも猫のための工夫がいっぱい

「では、そろそろ2階へ」と思ったら、2階に上がる前にまたまた素晴らしいポイントがありました。階段の脇にある猫専用の水飲みスペースです。

水飲みスペースも「猫に必要なものやスペースをあらかじめ組み込んだ」発想から付けたそう。新鮮な水が好きな猫のために、蛇口からはちょろちょろと細く水が流れて。どうですか、ムッシュ君の満足そうな顔!

階段を数段上がったところで「ここ、見てください!」と小坂さん。振り返ると猫用の秘密のスペースがありました!

2階の書斎スペースからリビングのキャットウォークにつながる場所です。こんな小さなスペースは猫にとっては心をくすぐられる場所。コウハイだったら、好きなおやつをゆっくり食べたいときに、ここにやってくるかもしれません。

秘密の猫通路を出入口から見るとこんな感じ。ぬいぐるみの奥がリビングのキャットウォークにつながっています。写真の左側が書斎スペースです

書斎スペースと通路を遮る扉も半透明に。集中して仕事をしたいときは、ここを閉めておけば猫は入ってもれません。でも存在だけは確認できる優しい設計です

ベットルームにも猫用のドアがついているので、猫が自由に出入りできます。また併設のウォークインクローゼットも広々で大満足!

「猫と暮らす家」。とにかく、人にとっても猫にとっても、嬉しい設計がたくさんありました。
猫のごはんスペースの横にはフードを入れる棚があったり、トイレの横にはトイレ砂をストックしておける棚があったり。猫用の小さなドアもあちこちに設置(ムッシュ君も自由に出入りしていました)。
玄関に使用されている消臭作用がある壁、リビング・キッチンの窓に設置されたステンレス製の丈夫な網戸など、建材ひとつひとつにもこだわり「人と猫の動線を考慮し、機能的に作られた家」になっています。温もりがあり、リラックスできる雰囲気です。

書斎スペースと通路を遮る扉も半透明に。集中して仕事をしたいときは、ここを閉めておけば猫は入ってもれません。でも存在だけは確認できる優しい設計です

ベットルームにも猫用のドアがついているので、猫が自由に出入りできます。また併設のウォークインクローゼットも広々で大満足!

案内をしていただく中で、小坂さんがおっしゃった言葉が心に残りました。
「フローリングには植物性のワックスを塗りました。キズがつきにくい床材もありますが、質感などを考えて、あえて木の床の感触がわかる仕様にしています。むしろ、“猫の爪あとも家の味わい”と考えていただきたくて」。
そう聞いて、猫のことを考え、猫好きの気持ちに寄り添った家づくりって、こういうことだな、と思ったのです。愛猫家は、猫が付けたキズさえも愛おしく思えるものだし、フローリングにワックスを塗るのも家への愛情ですから。

チーム・ジーヴォのみなさんと作った「猫と暮らす家」は、住む人と猫とともに、家も育ちます。猫の爪あともおおらかに受け止めながら、みんなでのびのびと心地よい日々を過ごしてほしいです。

お世話になったチーム・ジーヴォの小坂さん、山﨑さん、田中さん、本当にありがとうございました。そして、特別出演のムッシュくんもありがとう!

「猫と暮らす家」について考えていらっしゃるみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。そしてよかったら、一度見学に来てください。チーム・ジーヴォと私の、猫への愛と明日への希望が詰まった家を見てください。みなさんの猫との暮らしが、ますます楽しく愛にあふれた日々でありますように。

まちなかジーヴォおおたかの森IX × ねこのきもち

  • ※掲載の写真は平成29年3月に撮影したものです。
  • ※写真内の家具・家電・備品等は価格に含まれません。

ねこのきもち編集室eye's

石黒さんとチーム・ジーヴォで考えた、猫と暮らす家が完成しました!こちらの家にはどんな方が住まわれるのでしょうか?警戒心が強い猫は、環境の変化に敏感です。猫にとってテリトリーを離れる引っ越しは、もっとも苦手な「変化」であると言えるでしょう。
『ねこのきもち』2017年4月号の特集『猫の新生活わが家の場合』では、苦手な変化への慣れさせ方を読者が実際に行ったアイデアを中心に紹介しました。この中でも挙げられていたのが、猫が落ち着ける空間を用意してあげること。猫が隠れられたり、1匹だけでくつろげる場所がある「猫と暮らす家」はスムーズに慣れることができる環境だと思います。

筆者プロフィール

石黒由紀子
エッセイスト。栃木県生まれ。日々の暮らしの中にある小さなしあわせを綴るほか、女性誌や愛犬誌、Webに、犬猫グッズ、本のリコメンドを執筆。楽しみは、散歩、旅、おいしいお酒とごはん、音楽。著書に『GOOD DOG BOOK ーゆるゆる犬暮らしー』(文藝春秋)、『なにせ好きなモノですから』(学研)、『さんぽ、しあわせ。』(マイナビ)など。
愛犬センパイ(メス・11才/柴)と愛猫コウハイ(オス・6才)、夫との2人と1頭、1匹暮らし。

※2017年3月現在の情報となります。

猫と暮らす家もつくりたい! プランまるわかりガイド メルマガ会員登録でPDFをダウンロードしよう!

考えよう、猫と犬と暮らす家。「猫と暮らす家 犬と暮らす家」カタログ請求はこちら

絶対、ねこと暮らしたい!「ねこと暮らす家」、ムービー公開中

TRY家コラム(トライエコラム)では、
将来住まいづくりをお考えの方へお役立ち情報をお届けしています。

会員登録するとこんな特典が!!

  • 会員限定の住まいづくりに
    役立つ資料をダウンロード!!
  • 会員登録すれば、家づくりに
    役立つカタログが今すぐ見られる!!
  • TRY家コラムの更新情報を
    メールマガジンでキャッチ!!

この記事と合わせて読みたい関連コラム
- Related Articles -

定期刊行誌WEBマガジン版毎月発行

  • an.D 住まいづくりに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • くらしのレター 暮らしに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • 住まいコラム
  • イベント情報
  • 住まいのカタログ資料請求
  • 建築実例
  • ダイワハウスの注文住宅xevo
  • ダイワハウスの分譲住宅・宅地

送信先メールアドレスの変更・メルマガの配信停止はこちら

  • TOP

このページの先頭へ

TRY家コラム(トライエコラム)TOP

将来住まいづくりを考えている方に役に立つ情報をお届けするサイト。毎週更新。

カテゴリーから探す

住まいに関する情報をカテゴリー別でご紹介

コラム一覧から探す

住まいに関する情報を一覧でご紹介

住まいコラムTOP

暮らしに関することから商品紹介まで様々な情報をお届け

くらしのレターTOP

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO.,LTD All rights reserved.