TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

TRY家コラム(トライエコラム)

メルマガ登録

お金がかかるのは「建物本体」だけじゃない!建物以外にかかる費用を総チェック

お金のこと

mixiチェック

facebook

お金がかかるのは「建物本体」だけじゃない!建物以外にかかる費用を総チェック

お金がかかるのは「建物本体」だけじゃない!建物以外にかかる費用を総チェック

家づくりにかかるお金で、最も大きいのは建物本体の工事費。
でも、本体工事費が総費用に占める割合は7割程度。
実は、それ以外のさまざまな費用が3割を占めるのです。
総予算が3,000万円の場合、本体工事費に2,100万円、それ以外に900万円…意外と大きい額だと思いませんか?
家づくりをスタートする前に、必要な費用の内訳をしっかり把握して、予算オーバーを防ぎましょう!

建物本体の工事費以外にも、さまざまな費用がかかる

建物本体以外にかかる費用としては、付帯工事費(建物以外の工事費。別途工事費と呼ばれることも)や諸費用・その他費用があります。どのようなことにお金が必要になるのか、具体的な項目を見ていきましょう。

思いのほか項目が多く、見慣れない言葉もあったのではないでしょうか?次から、各項目についてご説明していきましょう。読み進むうちに、家づくりにかかる費用の全体像が見えてくるはずです。

付帯工事費について知ろう

家づくりでは、建物本体の工事以外にも、いくつかの工事が発生します。解体工事、造成工事、基礎補強工事を行う場合は、それらの費用が追加で必要になります。また、インテリアとエクステリアに関しては、基本的に必要な費用だと考えておきましょう。なお、工事費用は住宅ローンでまかなえますが、インテリア関連(家具や電化製品、カーテンなど)は現金で用意しておく必要があります。

解体工事関連費用

建て替えの場合に必要になります。今まで住んでいた家を解体するための費用です。足場を組んで建物を解体する工事や、周囲にホコリや音などの迷惑をかけないためのシート養生費などがかかります。また、家本体以外にも、庭の樹木や塀、カーポートや物置を移設・処分するための費用が発生します。井戸や浄化槽がある場合は、それらの処分費用も必要です。

造成工事費用

敷地に高低差がある場合には、擁壁(ようへき:盛り土の側面が崩れ落ちるのを防ぐために築く壁)をつくるための費用や、整地をするための費用が発生します。

基礎補強工事関連費用

地盤が軟弱な場合などに必要になります。地盤調査を行った後、必要と判断された補強工事を行います。地盤の状態により、地表面にセメント系の材料を混ぜ合わせて固める地盤改良工事や、固い地盤に達するまで深く杭を打つ工事などを行います。

インテリア・電設工事関連費用

インテリア関連では、新居用の家具やカーテン、カーテンレールなどの費用が必要になります。家具や電化製品は前の家で使っていたものを引き続き使うこともできますが、新居にふさわしいものを新調するケースが多いようです。カーテンは、窓の数や大きさが異なるので、新しく購入しなおすことになります。 電設工事関連では、空調設置工事などの費用がかかります。居室(リビング、ダイニング、寝室など)の照明器具も通常は建物本体の工事費用に含まず、付帯工事費扱いになります。

エクステリア工事関連費用

外構や庭をつくるための費用です。外構は門柱・門扉やフェンス、ガレージなどの工事費用が、庭は造園工事費用がかかります。

諸費用について知ろう

家づくりの際は、各種税金やローン関連費用、火災保険料などの支払いが発生します。これらを諸費用と呼び、住宅ローンではまかなえないため、現金で用意しておく必要があります。

登録免許税

家づくりにあたり、法務局に対して「登記」の申請を行います。建て替えの場合、今まで住んでいた家を取り壊すことになりますが、取り壊しから1ヶ月以内に建物の“滅失登記”を行います。新しい家が完成したら、1ヵ月以内にどのような建物であるかを示す“表示登記”を行い、誰が所有者かを示す“所有権保存登記”を行います。また、住宅ローンを借りた場合は“抵当権設定登記”を行い、返済し終えれば“抹消登記”をします。これらの登記をする際にかかる税金が登録免許税です。

memo

登録免許税っていくらかかるの?

なお、下記のような適用要件があります。

  • 住宅の取得後1年以内に登記すること
  • 取得した住宅の床面積が50㎡以上であること
  • 適用期限
    所有権保存登記:2016年3月31日(一般の住宅は2015年3月31日)
    抵当権設定登記:2015年3月31日

印紙税

家づくりにあたり、建築を依頼した会社とは“建築工事請負契約書”を、また住宅ローンを借りる場合は銀行などと“金銭消費貸借契約書”を結びます。これらの契約書を作成する場合に「印紙税」が課せられ、契約書に収入印紙を貼り、印鑑で消印することで納付します。

memo

印紙税っていくらかかるの?
建築工事請負契約書にかかる印紙税の表(一部)
契約金額 印紙税額(2014年4月1日以降の軽減措置※2018年3月31日まで)
500万円超1,000万円以下   5,000円
1,000万円超5,000万円以下 10,000円
5,000万円超1億円以下 30,000円
住宅ローンの金銭消費貸借契約書にかかる印紙税の表(一部)
契約金額 印紙税額
500万円超1,000万円以下 10,000円
1,000万円超5,000万円以下 20,000円
5,000万円超1億円以下 60,000円

不動産取得税

家を新築するなど、不動産を取得したときに課税されるのが「不動産取得税」です。不動産の価格に、一定の税率をかけて計算します。

memo

不動産取得税っていくらかかるの?

建物や土地に対して、固定資産税評価額を元に計算します。税率は本則4%ですが、2015年3月末まで3%とする軽減措置があります。

新築住宅の不動産取得税の計算方法

※1 一般の住宅は -1,200万円(2016年3月末まで)

〔適用要件〕床面積50㎡以上240㎡以下であること

土地の不動産取得税の計算方法

一般の住宅用地は固定資産税評価額の2分の1に対して課税されますが、下記の適用要件のいずれかに該当する新築住宅の土地については、その税額からさらに減額される特例があります。
〔特例の適用要件〕

  • 土地を取得してから3年以内に特例適用住宅(軽減の条件を満たす住宅)を新築または取得する場合
  • 土地を取得してから1年以内に未使用の特例適用新築住宅を自己の居住用に取得する場合
  • 未使用の特例適用新築住宅および敷地を新築の日から1年以内に取得する場合
  • 特例適用住宅を新築してから1年以内にその敷地を取得する場合

住宅ローン手続き費用

フラット35や民間金融機関ローン、財形住宅融資などで住宅ローンを組む際には、さまざまな諸費用が必要になります。各金融機関により、必要なものとそうでないものがありますので、詳しくは各機関に確認しましょう。ここでは、諸費用の種類を説明します。

  • 事務取扱手数料…ローンを受ける金融機関に支払う事務手続きの手数料
  • 保証料、保証事務取扱手数料…ローン返済不可能となった場合に備えて、連帯保証人の代わりに保証会社に保証を依頼するために支払う費用。また、その事務手続きの手数料(フラット35の場合は保証料不要)
  • 団体信用生命保険料…万一、返済の途中で加入者が死亡または高度障害状態になった場合に、保険金で住宅ローンの残額が返済される保険の保険料
  • 抵当権設定登録免許税…上記「登録免許税」の項参照
  • 印紙税…上記「印紙税」の項参照
  • 司法書士報酬…住宅ローンを利用して住宅や土地に抵当権を設定する場合、法務局への登記申請を司法書士に依頼するときに支払う報酬

つなぎ融資費用

つなぎ融資とは、住宅ローンが実行されるまでの間、一時的に借り入れる融資のことです。家を建てる場合、住宅が完成するまで住宅ローンは実行されません。しかし、依頼先に対しては着工金や中間金などの支払いが発生するため、別のローンを一時的に組み支払いに充てます。これをつなぎ融資と呼びます。つなぎ融資に関わる費用は、契約時の印紙代、手数料、利息などです。なお、つなぎ融資には抵当権の設定がないため、登録免許税はかかりません。

火災・地震保険費用

火災保険、地震保険の保険料。火災保険については、ローンを借りた場合多くの金融機関で加入が義務化されています。地震保険については任意加入としている金融機関が多いようです。ローンを借りていなくても、万一のために保険に加入するケースがほとんどです。

各種負担金など

家を建てる地域や条件によって異なりますが、以下のような負担金があります。

  • 給水負担金・放流負担金…上下水道の利用にあたり、水道局に納付します
  • 町並保全費など…歴史的・伝統的な町並みを保存する地区に家を建てる際に、必要になる場合があります

その他にかかる費用について知ろう

今まで説明してきた費用以外に、引っ越し費用や、建て替えの場合の仮住まい費用、式祭典費用(実施する場合)も準備しておく必要があります。これらも現金で用意しておかなくてはなりません。

仮住まい費用

建て替えの場合は、仮住まいを借りる必要があり、家賃などの費用が発生します。仲介会社との取り決めにもよりますが、家賃以外にも敷金、礼金、共益費、住宅保険料、鍵交換代などが必要です。

引っ越し費用

建て替えの場合は、旧居から仮住まい、仮住まいから新居へと2回の引っ越し費用がかかります。新築の場合は旧居から新居へ1回の引っ越し費用がかかります。

式祭典費用

地鎮祭や上棟式などを行う場合は、それらの費用を用意する必要があります。

その他費用

着工前や引っ越し時、近隣への挨拶に持参する手土産代や、電話工事費(NTTやケーブルテレビなどの電話工事代)などがあります。

CASE STUDY

ここで、2つのケースを比べてみましょう。土地を購入して家を新築する場合と、今まで住んでいた家を壊して建て替える場合では、費用の内訳も異なります。また、ローン関連費用などは借入先によっても費用内訳が異なってきます。実際にかかるお金は1軒1軒違いますので、依頼先の担当者に相談をして確実な予算を立てることが大切です。

  Aさま邸 土地から購入
土地47坪/建物33坪 2階建て
Bさま邸 建替え
土地21坪/建物30坪 3階建て
建物合計 24,121,800円 29,262,600円
建物本体工事費 21,750,000円 24,460,000円
共通仮設費用※1 2,000,000円
諸官庁手続費 150,000円 200,000円
仮設電気用水費 90,000円 90,000円
長期優良住宅申請費 45,000円 45,000円
設計料 230,000円 230,000円
工事管理料 70,000円 70,000円
消費税(8%) 1,786,800円 2,167,600円
土地購入費 17,820,000円
付帯工事費 4,104,000円 4,503,600円
解体工事関連費用 1,430,000円
造成工事費用
基礎補強工事関連費用(地盤改良費) 900,000円 1,040,000円
インテリア・電設関連費用 700,000円 640,000円
エクステリア関連費用 1,700,000円 500,000円
屋外給排水工事※2 500,000円 560,000円
消費税(8%) 304,000円 333,600円
諸費用 1,008,500円 842,400円
登記費用 160,000円 250,000円
印紙代 15,000円 15,000円
住宅ローン手続き費用 250,000円 275,000円
火災・地震保険費用 300,000円 168,000円
各種負担金等 283,500円 134,400円
その他費用 300,000円 1,110,000円
仮住まい費用 600,000円
引越し費用 250,000円 400,000円
式祭典費用 30,000円 30,000円
その他費用 20,000円 80,000円
予算総計 47,354,300円 35,718,600円

建物費用は「建物本体工事費」の他、官公庁手続費用や設計料等から構成されます。

※1 全面道路が狭い場合に、道路を占拠して材料の搬入をする際の費用等。

※2 水道メーターや公共マスから、家の内部まで配管する工事費用。

いつ、どんなお金を支払うことになる?

家を建てる際にかかる費用は、一気に支払うのではなく、それぞれのプロセスに沿って支払うことになります。下のフローを見て、いつ頃、どんなお金が必要になるのかを把握しておきましょう。

合わせて読みたい関連コラム

カテゴリーから探す

TRY家コラム(トライエコラム)って何?

TRY家コラム(トライエコラム)とは、将来住まいづくりを考えている方に役に立つ情報をお届けするサイトです。

メルマガ会員募集中

TRY家コラム(トライエコラム)のメールマガジン登録で、今すぐ見られる住まいの検討に役立つ資料を無料ダウンロード!

登録するとすぐ見られる!

会員特典

  • 住まいお役立ち情報がつまったTRY家コラム(トライエコラム)の更新情報をメールマガジンで配信しています。
  • 住まいの検討に役立つ資料を無料でダウンロード可能になります。

今、ダウンロード可能な資料はこちら

  • 第2回 サッカーファミリーにありがちなお悩みを解決する間取りNEW
  • 第1回 サッカーファミリーにありがちなお悩みを解決する間取り
  • くらしのレター
  • 犬と暮らす家をつくりたい! プランまるわかりガイド
  • 建築士が提案した「実例間取り」 #3 PLUS
  • 建築士が提案した「実例間取り」 #2 PLUS
  • 建築士が提案した「実例間取り」 #1 PLUS
  • これだけは知っておきたい 家づくり6つのポイント
  • プロの視点を学ぼう!「土地の見方」15のコツ
  • 8つのパターンでわかる わが家の「買い時」チェックシート
  • 近居育孫(きんきょいくまご)の間取り集
  • 二世帯同居の間取り集

新規会員登録はこちらから 登録は無料です

SERIES1~5 これからの大規模地震に備える、次世代防災について考える

登録は無料です!!

新規会員登録はこちらから

  • 会員登録すると『こんな』ことが!!
  • 会員限定の住まいづくりに役立つ資料をダウンロード!!
  • 会員登録すれば、家づくりに役立つカタログが今すぐ見られる!!
  • TRY家コラム(トライエコラム)の更新情報をメールマガジンでキャッチ!!

すでに会員登録している方 (資料ダウンロードはこちらから)

会員登録すれば、家づくりに役立つカタログが今すぐ見られる!!今、見られるカタログ一覧はこちら

定期刊行誌WEBマガジン版 毎月発行

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 住まいづくりに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。

詳しくはこちら

くらしのレター 暮らしに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。

詳しくはこちら

住まいコラム 一覧ページはこちら

アクセスランキング(1/1~1/31)

  • イベント情報
  • 住まいのカタログ 資料請求
  • 建築実例
  • ダイワハウスの注文住宅 xevo
  • ダイワハウスの分譲住宅・宅地

送信先メールアドレスの変更・メルマガの配信停止はこちら

  • TOP

このページの先頭へ

TRY家コラム(トライエコラム)TOP

将来住まいづくりを考えている方に役に立つ情報をお届けするサイト。毎週更新。

カテゴリーから探す

住まいに関する情報をカテゴリー別でご紹介

コラム一覧から探す

住まいに関する情報を一覧でご紹介

住まいコラムTOP

暮らしに関することから商品紹介まで様々な情報をお届け

くらしのレターTOP

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO.,LTD All rights reserved.