TRY家コラム

TRY家コラム(トライエコラム)

TRY家コラム

パロアルトインサイトCEOの石角友愛さんがシリコンバレーからIoTライフをレポート。

テクノロジー

私のIoT的LIFE ~シリコンバレーからレポート~  第2回 Amazonスマートホームコンサルテーションを受けました

Amazon Echoを中心としたスマートホームエコシステムを形成しつつあるAmazonですが、アレクサのスキルを通してアプリケーションプロバイダーたちがスマートホーム関連の製品を簡単に開発、販売することで開発ネットワークを作っているだけではなく、消費者に対しても水面下でアプローチが進んでいるのをご存知でしょうか。

無料のコンサルティング

それはAmazonでテレビを購入したときのことです。私の家ではテレビモニターを壁につけているので、新しいモニターの取り付け作業を業者に頼む必要がありました。購入の際に、『Amazonに取り付け作業を頼む』という選択ボタンがあったため、またその他の業者に頼むより安かったため(100ドル以下で取り付けてくれる)それを頼みました。

数日後、Amazonからモニターが届き、取り付け作業をしてくれる人が数人来ました。作業が終わって退出する際に、我が家のドアにスマートロックが付いているのを見て、『スマートホームに興味があるの?』と聞かれました。我が家ではAmazon EchoとEcho Dot数機を使い回していますので『もちろんある』と答えたところ、『僕はAmazonの社員でスマートホームコンサルテーションをしているから、スマートホームコンサルテーションページ に行って、予約を入れたら無料コンサルにくるよ』ということでした。

Amazonスマートホームコンサルテーションページ(英語ページのみ)はこちら

※日本ではスマートホームコンサルテーションサービスは提供されておりません。(2018年4月現在)

我が家のスマートロック

数日後、無料コンサルテーションをウェブサイトから予約し、二人の担当者に来てもらいました。
手順としては

  1. スマートホームコンサルテーションページに行って頼みたいサービスを選ぶ。コンサルテーション、スマートロック、スマートセキュリティカメラ、スマートライト、スマートスイッチ等取り付けサービス、Wi-Fiアセスメント、アレクサコンサルテーションなどがあります。今回は家にきて、どこからスマートホームを始めれば良いかをざっくばらんに話してくれるスマートホームコンサルテーションを選びました。
  2. 家に来て欲しい日時を選びます。1時間単位で具体的に、例えば3月10日の14時にきてくれ、というように選べます。
  3. 無料のオーダーボタンをクリックして完了。

消費者の課題に対し的確かつ具体的なアドバイス

コンサルテーション当日、担当者から確認のテキストが届きました。そして14時きっかりに二人の担当者がやってきました。

やりとりとしては、非常にカジュアルなもので、二人からどんなニーズがあるかと聞かれたので、普段生活していて感じている不満や問題を色々とテーブルに座って話しました。私の課題としては、以下のようなものがありました。

  • キッチン、冷蔵庫まわりもスマートホーム化して自動化できるところはしたい。
  • Hueを使ってライトもアレクサで明るさをコントロール出来るようにしているが、天井についているライトはHueがつけられない。電気工事しないでどうにかアレクサと連動できないか、教えて欲しい。
  • 今欲しいものはスマートセキュリティカメラ。夜になると家の周りが暗くなるので、どれがいいか教えて欲しい。
  • 子どもがiPadやテレビでHuluやNetflix、キッズYouTubeをずっと見続けては困る。
  • アレクサの便利な使い方、知っておくべきスキルがあれば教えて欲しい。
イメージ

そういった私の消費者としての課題に対して、『それならこのサービスがおすすめ』『電気工事もAmazonに頼めば業者を手配してくれるよ』と的確かつ具体的なアドバイスをくれました。そして約40分のコンサルテーションセッションが終わり、二人が帰ったあと1時間ほどして、担当者から『今日話したおすすめ商品のリストを送ります』とリンクが送られてきました。

おすすめリストに入っていたものは、

※ご紹介するページは全て英語ページのみとなります。

  • Echo Show 料理をしているときにアレクサの言っているレシピが画面で見られて便利だよ、とのこと。
  • スマートスイッチ 電気工事をしなくても、スイッチをアレクサ連動型のものに取り替えるだけでいいと教わりました。これは便利なので購入予定です。
  • メッシュWi-Fi やはりスマートホームの要はWi-Fiネットワークの強さ、範囲の広さ、セキュリティだと今回のコンサルテーションを通して感じました。例えば、今我が家で使っているWi-Fiでは家の外はあまり届きません。そうするとスマートセキュリティカメラがつけられないため、Wi-Fi自体を見直さないといけないのです。細かくデバイスを買い集めて、途中でネットワークの拡張性がないと気が付いて困るより、早い段階で良いWi-Fi環境を家に作ることが大事だと学びました。 また、このイーロ社のWi-Fiネットワークは、例えば平日18時以降は子どものiPadとテレビには繋がらなくする、という設定ができるため、夜ご飯の時間に子ども達がデバイスやテレビを見たり、チャンネルで争うこともなくなり、『iPadダメ!』と声を張り上げる必要もなくなります。この機能を聞いた瞬間、絶対Wi-Fiネットワークを変えよう!と思いました。
  • スマートドアベル 家に誰かがきた時、チャイムが鳴った時などに瞬間的にモバイルやタブレットからカメラで見られて、話ができるドアベルです。これも購入予定。
  • スマートセンサー 部屋の湿度や温度を察知して、アレクサと連動して室内を快適な環境に保ってくれるセンサー。同時に省エネ実現もしてくれる。

などです。

実際にどう使っているか?

コンサルテーション自体はこれで終わりですが、色々なことが網羅的に学べて非常に有意義だと感じました。Amazonの社員が実際に家に無料で来てくれることで、社員が実際にスマートホームデバイスをどう使っているかが聞けて役立ちます。

担当者は、『今僕は出張中で、シアトルの自宅には妊娠7ヶ月の妻と2歳の子どもがいるんだけど、カメラ付きのスマートドアベルだったら出張先からも誰が家に来たかすぐモバイルで分かるし、例えば宗教の勧誘が来たら妻が『興味ないです』とドア越しに言うより、僕が『興味ないです』とスマートドアベルのスピーカーを通して言った方が安心するんだ。向こうはまさか僕が出張先から話しているとは気がつかないし、とても便利だよ。』という使用例を話してくれました。

イメージ

Amazon社員としても、実際の消費者の家に来ることで、どういう風にスマートホーム商品が使われているかも見られるだけではなく、消費者の生の声も聞ける。そして家関連で特に重要な意思決定者である女性(妻、母など)に直接商品の利便性を伝えることで最終的にはAmazon上での消費を促し、アレクサを中心としたスマートホームエコシステムが消費者サイドからも形成されていくような戦略なのではないかと、感じました。一消費者としては、無料コンサルテーションは中身のあるものであったのでかなり満足したものとなり、今後さらに我が家はスマートホーム化していくだろうと思います。

PROFILE

パロアルトインサイトCEO・AIビジネスデザイナー 石角友愛さん
パロアルトインサイト(www.paloaltoinsight.com)CEO 兼 AIビジネスデザイナー。2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得後、Google本社で多数のAIプロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。AIを活用した職業マッチングサイトを起業、2016年に同社をエグジットし、流通系AIベンチャーを経て2017年にパロアルトインサイト社を創業。カリフォルニア州サンノゼにシリコンバレーラボを開設し、シリコンバレー在住の200人以上のデータサイエンティストのネットワークを構築し、日本のクライアント企業に対してどの領域でAIを活用するかの提案から、ビジネスモデルの組み立て、プロトタイプ作成等戦略から技術まで一貫した支援を提供する、新しいタイプのAI企業を経営。著書に『ハーバード式 脱暗記型思考術』(新潮文庫)『才能の見つけ方天才の育て方』(文藝春秋)等多数。

ダイワハウスのコネクテッドホームをご提案。「Daiwa Connect リーフレット」無料!リーフレットプレゼント

家はどれだけコネクトできるか。人に。暮らしに。社会に。Daiwa Connect、始まる

特集ページ 私たちの暮らしとIoT ~インターネットが私たちの暮らしと未来を大きく変える

※掲載の情報は2018年4月現在のものです。

TRY家コラム(トライエコラム)では、
将来住まいづくりをお考えの方へお役立ち情報をお届けしています。

会員登録するとこんな特典が!!

  • 会員限定の
    住まいづくりに役立つ資料を
    ダウンロード!!
  • 会員登録すれば、
    家づくりに役立つカタログが
    今すぐ見られる!!
  • 会員限定の
    プレゼント企画や、
    キャンペーンに応募できます。
  • TRY家コラムの更新情報を
    メールマガジンで
    キャッチ!!

ダイワハウスの「おうちアプリ」で、ご家族にぴったりの住まいづくりを。住まいと暮らしをテーマとした旬の情報がまとめてチェックできます。

ダイワハウスの「おうちアプリ」で、ご家族にぴったりの住まいづくりを。住まいと暮らしをテーマとした旬の情報がまとめてチェックできます。

AppStoreでダウンロード
Google Playでダウンロード

定期刊行誌WEBマガジン版毎月発行

  • an.D 住まいづくりに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • くらしのレター 暮らしに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • 住まいコラム
  • イベント情報
  • 住まいのカタログ資料請求
  • 建築実例
  • ダイワハウスの注文住宅xevo
  • ダイワハウスの分譲住宅・宅地

送信先メールアドレスの変更・メルマガの配信停止はこちら

  • TOP

このページの先頭へ

TRY家コラム(トライエコラム)TOP

将来住まいづくりを考えている方に役に立つ情報をお届けするサイト。毎週更新。

カテゴリーから探す

住まいに関する情報をカテゴリー別でご紹介

コラム一覧から探す

住まいに関する情報を一覧でご紹介

住まいコラムTOP

暮らしに関することから商品紹介まで様々な情報をお届け

くらしのレターTOP

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO.,LTD All rights reserved.