大和ハウス工業トップ

企業情報

ご挨拶

~サステナブルな企業群の形成に向けて~

大和ハウス工業は1955年、「建築の工業化」を企業理念に創業し、創業商品「パイプハウス」やプレハブ住宅の原点「ミゼットハウス」などを開発。以来、戸建住宅をコア事業に、賃貸住宅、分譲マンション、商業施設、一般建築など幅広い事業領域で活動し、これまで住宅(戸建住宅・賃貸住宅・分譲マンション)150万戸超、商業施設3万6千棟以上、医療・介護施設5千棟以上を供給してきました。

現在、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、事業のバリューチェーンを構築するべく、既存事業の周辺領域も含めて事業の川上から川下までグループ内に取り込み、「プラス2、プラス3の事業」の創出に努めております。

また、「ア(安全・安心)・ス(スピード・ストック)・フ(福祉)・カ(環境)・ケ(健康)・ツ(通信)・ノ(農業)」をキーワードとした経営の多角化にも積極的に挑戦。さらに、国内のみならず、海外でも安定的・継続的に成長するための強固な礎を築くべく、アメリカやアセアン諸国など世界各国において、地元に密着した事業展開の「基盤づくり」にも着手しております。

これからも弊社は、創業以来培ってきたパイオニア精神のもと、“多くの方々に役に立ち、喜んでいただける商品開発やサービスの提供”を通じて、さらなる業容の拡大に努めてまいります。そして、常に先の先を読んだ事業の拡充に邁進し、サステナブルな企業群を形成してまいります。

最後に、東日本大震災の発生から、未だ多くの方が避難生活を余儀なくされています。当社グループは引き続き被災地の早期復興に向け、支援活動を続けてまいります。


  • 代表取締役会長 樋口 武男

  • 代表取締役社長 大野 直竹

このページの先頭へ