充実ネクストライフサポート事業

大和ハウス工業トップ

活動内容

開催レポート

セミナーの開催

アクティブなオトナの大阪まち歩き講座2015.8.27(木)

当日のプログラム13:30~16:30

第1部:
歴史が作った大阪の包容力~大阪はフトコロが深~くて、なんでもいらっしゃいなのだ~
講師:一般社団法人大阪あそ歩委員会 代表理事 茶谷 幸治氏
第2部:
ダイワハウスオリジナル「まち歩き」発表

今回は歴史からひも解く大阪の魅力について、大阪のまち歩きを企画されておられる大阪あそ歩委員会の茶谷幸治代表理事より講演していただきました。一言で大阪は庶民による庶民のための町であり、その文化が脈々と今日まで続いてきたということです。江戸時代最も人口の多かった町は江戸で、その数100万人。次いで大阪で37万人でした。注目すべき点は武士の占める割合が江戸は50%の50万人で、大阪は2%の8千人だったそうです。大阪庶民はお代官様が誰だか知らなかったとかどうとか・・・当時200を超えていた橋の内、政府(ご公儀)が管理していたものは僅かに10本強とういうことから大阪庶民は政府に頼らない自治精神が強かったのでしょう。また大阪は天下の台所と言われたように全国各地から食材が集まってきました。米、昆布、魚等々・・せっかちな大阪庶民はそれら美味い物をいっぺんに食べたいという欲求からダシの文化が生れたとのことです。うどん、粉ものや関東炊き(おでん)といった大阪名物はそんな当時の経緯によるものなのですね。講演では地元大阪人でも知らないお話で盛り上がり、笑いと感心に満ちた時間となりました。また二部では10月、11月にご案内いただく「真田丸」、「上方落語」、「広岡浅子」の3つのまち歩きコースを解説していただき、どれも興味深く、素敵な楽しみができました。

(1)定員の100名を越えて120名に!熱気ムンムンの会場となりました。

(2)タイトル同様、大阪あそ歩委員会様のロゴもとてもおもしろいですね。

(3)大阪出身の茶谷代表理事。「大阪のことならまかせなさい」というオーラが出まくってました。

(4)10月・11月のまち歩きコースの解説も漫才を聴いているみたいで楽しい時間となりました。

(5)初めて参加された方々にも当事業部の取組みをご紹介させていただきました。

参加者の声

E.Mさん(70代/女性)
大阪の街の面白さを教えて頂きました。足が大事なので、何とか元気で参加したい。
T.Sさん(70代/男性)
大阪に住んでいながら、大阪のエピソードを始めて聞いた。現有する名所を訪ねてみたい。
K.Fさん(60代/女性)
大阪の歴史をおもしろく語っていただき興味がもてました。なにげなく通っていた場所に驚きの歴史があって、今まで以上に大阪が好きになりました。
このようなセミナーを2回、3回と開催して欲しい。
S.Hさん(66代/男性)
大阪の基本の話、古い話は、知らない部分が多いので、大変参考になりました。ダイワハウスの取組みには敬意を表します。
イベント等のご案内をいち早くお届けします。
ご登録はこちら

このページの先頭へ