充実ネクストライフサポート事業

大和ハウス工業トップ

活動内容

開催レポート

イベントの開催

継続型研修プログラム
【Debut!(デビュー)】
2016.6.1(水)?2016.6.29(水)

開催日:2016年6月1日(水)、15日(水)、29日(水)

第一回
萩庭監督 顔合わせをメインに、萩庭監督の映画づくりについての講座
第二回
山口晋氏 映画と舞台の違い等、映画づくりの基本の講座 エチュード(即興)実施
第三回
萩庭監督 演じ方、表現の仕方の講座 実際に台本をベースに演技を実施

2016年6月1日、半年間をかけて映画をつくるという壮大な企画「継続型研修プログラム Debut!(デビュー)」が始まりました。

記念すべき第一回目は、今回の映画のシナリオ作成・撮影・監督を務めてくださる萩庭貞明監督(『難波金融伝・ミナミの帝王』の監督)と参加者の皆様・スタッフの顔合わせの後、監督の「映画づくり」についての講義がありました。講義後の懇親会では、監督を囲んで映画の話でおおいに盛り上がり、緊張したなかにも、今後の映画づくりへの期待がふくらんだ初日でした。

第二回目では、講師である山口晋氏(俳優)より、関係者しか知らない映画制作の苦労話や、監督や現場スタッフの思いなどを教えていただきました。その後、発声練習や顔の体操、お祭りを想定しての演技など実際に身体を動かし、最後はエチュード(即興)で演技をするまでになりました。皆様、初めてとは思えない役者ぶりで、時間の経つのも忘れて、気付けば映画の世界に足を踏み入れていた、そんなワクワクする3時間でした。

第三回目は、萩庭監督の「演じ方・表現の仕方」の講義を受け、実際に台本をベースに演技を行いました。予め用意された台本には5人のキャラクターが設定されており、皆様が思い思いに役柄を楽しんで演じられました。あくまでも自然な演技をという監督の指導のもと、アドリブも飛び出し、三回目にして早くも映画を撮れるのではというほどの熱演が続きました。
まだ始まったばかりですが、参加者の皆様や関係者スタッフ全員が、明るく楽しい雰囲気でプログラムは進行しています。

(1)いよいよ研修プログラム開始です。萩庭監督の映画づくりに対する思いを語っていただきました。

(2)俳優:山口晋氏。退屈な話題は一切なく、皆様は食い入るように聞いていました。

(3)ワッショイ♪ワッショイ♪会場内でお祭り!?これも演技の練習です。

(4)皆様「役」をいただき初演技のはずでしたが!本当に初めてですか?上手すぎます。

参加者の声

M.K様(男性:63才)
無我夢中で演じましたが、案外できてると思います。既に俳優気分です。
K.M様(男性:62才)
エチュード(即興)は想定外の出来事に対応するという意味で、人生に似ている。この先のカリキュラムも楽しみです。
T.I様(女性:82才)
最初は不安でしたが、皆様のご協力もあり、楽しく参加をさせていただいております。
H.O様(女性:70才)
毎回、ほど良い緊張感があり、気分にメリハリがついて心地よいです。
イベント等のご案内をいち早くお届けします。
ご登録はこちら

このページの先頭へ