充実ネクストライフサポート事業

大和ハウス工業トップ

活動内容

開催レポート

イベントの開催

充実ネクストライフイベント
「田植え体験&ハーブの育て方教室」
2017.5.27(土)

当日のプログラム11:40~15:45

第一部:
「にへいふぁーむ」ご紹介 講師:仁平 仁(にへい ひとし)氏
昼食:かまどで炊いたご飯、豚汁、鶏の山賊焼き、新鮮野菜のサラダなど
第二部:
ハーブの育て方教室
田植え機で苗植え&手植え体験

那須塩原で有機栽培農業を営む「にへいふぁーむ」で行う農業体験イベントは、今年で3年目を迎えました。今年も「いらっしゃい!待ってたよ!」と、仁平さんご家族が笑顔で迎えてくださいました。参加者のなかには、2回目・3回目という方も見え、仁平さんとの久しぶりの再会を喜ぶ声が聞こえました。

到着して、まずは昼食をいただきました。「朝ご飯を抜いてお腹を空かせてきた」という方がいらっしゃるほど、大人気の時間です。にへいふぁーむで採れた新鮮な野菜をふんだんに使った料理はどれも絶品!また、今回はガスで炊いたごはんと、かまどで炊いたごはんをご用意いただき、食べ比べをおこないました。同じお米を使っているとは思えないほど、味や香りが違います。かまど炊き、恐るべし。皆さん、次々とおかわりをしながら、お腹いっぱいになるまで堪能しました。

そして、いよいよ農業体験。今回は田植え体験と併せてハーブの育て方教室を開催しました。「野菜作りと同様、ハーブも土づくりが大切です」と教えてくださったのは、仁平家長男の仁(ひとし)さん。三世代にわたり耕してきた「にへいふぁーむ」の土は、無農薬で栄養がたっぷり。ハーブのポットに使えるようにと、参加者の皆さんにおすそ分けをしていただきました。

田植え機体験は仁さんのお父さんが教えてくださいました。稲苗をセットした田植え機に乗り、いざ体験スタート!運転中は慎重に真っすぐに進んでいるつもりでも、振り返って見てみると、くねくねと曲がっている稲苗。「来年こそ、きれいに植えて見せる!」とリベンジに燃える方もいらっしゃいました。手植え体験は、ご参加者のお孫さんがチャレンジ。みんなが見守る中、田んぼに入ると「…あれ?動けない!」。泥に足を取られて自由に動けません。体勢を整えようと四苦八苦するものの、尻もちをついて泥んこになってしまいました。「わーー!大変だ!」と、都会ではなかなか味わえない体験に、皆で大騒ぎ・大爆笑でした。

「次は稲刈りに来ます!」「また会いましょう!」と約束をして、無事に今回のイベントが終了しました。今から、秋が待ち遠しいです。

(1) いつも笑顔で迎えてくださるおばあちゃんとお母さん3姉妹。手作り の料理は愛情たっぷりで絶品です。

(2) にへいふぁーむに新しい家族が仲間入り。可愛い赤ちゃんヤギとのふれあいに思わず笑みがこぼれます。

(3) 野菜でもハーブでも、土づくりが何より大事!水やりのポイントなど、皆さん熱心に質問されていました。

(4) 1反(300坪)の田んぼの中を田植え機で進むのは気分爽快!田植え機の音のリズムが軽快に響き渡ります。

(5) 周りの声援を受けながら、おばあちゃんによるマンツーマンレッスン。簡単そうに見えて、難しい作業に四苦八苦。

(6) 尻もちをついて泥だらけになってしまいました。「わー!大変!」周りの大人達の方が大騒ぎ。当の本人は初めての体験に良い笑顔!

(7) 最後に採れたての新鮮野菜の販売も行いました。顔よりも大きいレタスにビックリ!

(8) 皆で田植えした田んぼをバックに集合写真。また稲刈りでお会いしましょう!

参加者の声

I.Mさん(60代/男性)
初めての経験で、楽しく過ごせました。稲の成長を見るために、草刈りや野菜収穫体験に来たいです。
H.Kさん(70代/女性)
にへいふぁーむの皆様、大和ハウス工業の担当の方々、みなさん明るくやさしく面倒見が良くて本当に楽しみました。田植えが曲がってしまい、次回リベンジしたいです。9月の刈り入れ楽しみにしています。
H.Aさん(40代/女性)
普段経験できない田植えや知識が全くないハーブの育て方を丁寧に教えていただいたうえ、新鮮な野菜を使った真心のこもった料理、美味しいお米をいただき、とても貴重で有意義な時間を過ごすことができました。にへいふぁーむのご家族の温かい人柄に触れ、是非またお邪魔させていただきたいと強く思いました。
イベント等のご案内をいち早くお届けします。
ご登録はこちら

このページの先頭へ