充実ネクストライフサポート事業

大和ハウス工業トップ

活動内容

開催レポート

セミナーの開催

参加型定期セミナー
大人の相貌心理学
2018.7.7(土)

当日のプログラム13:30〜16:30 / 大和ハウス工業株式会社 東京本社3階会議室

第一部:
講義・体験ワーク:相貌心理学について 講師:佐藤ブゾン貴子氏(相貌心理学教授)
第二部:
交流会

6月に大阪で行われました参加型定期セミナー「スパイス式減塩生活講座」(テーマ:健康)に続き、7月に東京で「つながり」をテーマに「大人 相貌心理学セミナー」を開催いたしました。今年度の新たな取り組みとして、Heartful Aging 4つのキーワード(健康・生きがい・つながり・安心)をテーマにした参加型体験セミナーを東京・大阪でそれぞれ年4回企画しております。

さて、皆様 「相貌心理学」という学問があることをご存知でしょうか?
相貌心理学と、顔の輪郭や肉付き等、顔を客観データとして分析し、性格やパーソナリティ、人間性等を見立てる顔分析テクニックです。日本で まだあまり馴染みがありませんが、創設されたフランスではビジネスや教育分野等にも広く応用されるほど認知されている学問だそうです。

今回、日本で唯一の相貌心理学教授である佐藤ブゾン貴子先生をお招きし、ご参加の皆様に相貌心理学に基づいたご自身の顔分析(顔地図づくり)を体験していただきました。ご参加いただいた皆様も、相貌心理学を初めて知ったという方がほとんどで、講義が始まるとその内容に興味津々といった様子でした。「頬骨の大きさは?」「こめかみはへこんでいる?」とブゾン先生 質問に応じて、鏡の中の自分とにらめっこしていると、「久しぶりに自分の顔をじっくり見た」「気付かなかったけど、しわが増えているわ・・・」なんてお声が聞こえてきました。普段生活しているなかで、自分の顔を意識して観察する機会はあまりないものです。
また、ワークが進むにつれて、額の傾斜等自分では確認できない横顔を見ようと、近くの席の方と顔を見せ合いっこが始まりました。初対面の人の顔をまじまじと観察することはなかなか無いので、最初は互いに照れくさそうな様子でしたが、次第に相手の内面が見えてきて、自然と会話が弾んでいました。
「自分では判断するのが難しい」というお声があがると、ブゾン先生が各テーブルをまわって皆さんのお顔を確認してくださいました。瞬時に「あなたは1番!」「2番!」と分類していく様子は流石の一言。「先生、私も!」と先生を呼ぶ声が飛び交い、会場は大いに盛り上がりました。

ブゾン先生がおっしゃるには、顔は日々変化しており、顔地図をつくることでその時の心理状態がわかるそうです。相手の分析をして、その人の状態に合わせた接し方をすることも大事ですが、本当は自分を知ることで相手とのコミュニケーションに思いやりが生まれますという言葉に、皆様、相貌心理学の奥深さを感じているようでした。

(1)今回 セミナー Heartful Agingテーマ 「つながり」。自分を知り、周囲との「つながり」を深めるためのコミュニケーション心理学「相貌心理学」を学んでいきます !

(2)日本で唯一の相貌心理学教授である佐藤ブゾン貴子先生から、相貌心理学について学びます。

(3)ブゾン先生が各テーブルを回って、チェックしてくださいました。瞬時にチェックする様子 流石の一言。

(4)実は顔は左右非対称で、利き手側の顔が現在・未来の顔、反対側の顔が過去の顔だそうです。
皆様はどちらの顔がお好きですか?。

(5)質疑応答の時間に 、皆様の顔地図をつくってみて 感想や講義をさらに深掘りする質問が飛び交いました。

(6)交流会中も、先生が各テーブルを周りながら皆様 質問に応じてくださいました。

参加者の声

K.Nさん(60代/男性)
相貌心理学を初めて知りました。相手の性格等を知ったうえで、コミュニケーションをとる参考になりました。また、自分の表情を変えられると知ったので気を付けていきたいと思います。
K.Mさん(70代/男性)
受講して多少なりとも知識を得たので、今後、人と接するときに顔に目が移るような気がします。先生が受講者の中に入り込んで講義をされていたのが実に良かったと思います。また同様の企画があったら是非とも参加したいと思います。
T.Rさん(70代/女性)
相貌がこんなにも内面を表現していることがわかりビックリしています。自分で意識していない自分が存在しました。
イベント等のご案内をいち早くお届けします。
ご登録はこちら

このページの先頭へ