充実ネクストライフサポート事業

大和ハウス工業トップ

スタッフトーク

心ときめくコト

2018.3.30

主任 広瀬 健治

課長 柘植 令雅

もし、「あなたにとって心ときめくコトは何ですか?」と質問された場合、皆さんは何と答えますか。

わたしにはいくつか思い浮かぶ、心ときめくコトがあります。そのなかでも学生時代から変わらない 「心ときめくコト」。それは友人や家族と過ごすアフタヌーンティーの時間です。

これまでご紹介させていただいた舞台や花の観賞も、わたしの心ときめくコトで、舞台や四季折々の花の観賞を通して、自分の心が癒され元気になるような気がしています。この原稿を書いている2月にも、時間をつくってシルク・ドゥ・ソレイユの作品等いくつかの舞台で、間近に役者さんの気迫や会場の熱気を感じ、心ときめき元気になりました。また春の訪れを感じさせる赤や白色の梅花や都内でも観賞できるピンク色の河津桜にも心ときめき癒されました。

アフタヌーンティーについては、わたしの休日は、家での家事や雑務でせわしないため、意識的に普段なかなか会えない多忙な友人や家族と、たまに過ごすゆったりとしたアフタヌーンティーの時間をとても大切にしています。アフタヌーンティーは、1840年代にイギリスで生まれた午後のお茶の文化のこと。伝統的な英国式アフタヌーンティーでは、3段重ねの専用スタンドに下からサンドイッチ、スコーン、ケーキ・クッキーなどが並び、それを紅茶とともに楽しみます。最近では、ティーの種類が大変豊富で、厳選された紅茶や珈琲、煎茶やハーブティーなどをおかわり自由で楽しめるお店が多くなりました。

アフタヌーンティーの魅力は、親しい人たちと非日常的な空間のなかで、とりとめのない会話をゆっくりと楽しめるところにあります。そして自分ではなかなか真似できない、すてきな食器類やカトラリー、テーブルクロスなどのテーブルウェアに、キャンドルやお花など装飾品を組み合わせて食空間を演出するテーブルコーディネート。これらを通して、わたしは心ときめき活力が湧きます。

最近では、東京や神奈川を中心に、友人たちとの新年会をアフタヌーンティーにして午後のひとときを楽しみました。また前部署で、15年程前に研修で出会いつながった全国各地の同志の輪。そのなかで現在は佐賀県伊万里市に住み、3人の子育ての傍らテーブルコーディネートを学んでいる友人と、東京で久し振りに会い、東京ドームで開催された「テーブルウェア・フェスティバル2018 ~暮らしを彩る器展~」を見に行きました。日本各地や各国のさまざまな陶磁器などのテーブルウェアで提案する、たくさんの食空間コーディネートをみて心ときめき、友人と一緒にはしゃぎました。

そしてこの日のために、遠方から心ときめくモノを求めて訪れる方もたくさんいらっしゃいます。わたしもちょうど欲しかった急須と湯呑を、友人の知り合いの佐賀県伊万里市の窯元「青山窯」で購入しました。以前から好んでいる輪繋ぎの文様があり、一瞬で心ときめき決めました。

わたしはいくつになっても、自分自身が心ときめくコト、そしてときめきを感じる心を大切に、生活を豊かに変えて人生を楽しみたいと思っています。また皆さんにも、心ときめくコトと出会えるような企画をお届けできればと、社内や関係者とアイデアをあれこれ出し合い、昨年から奮闘しています。どうかもうしばらくお待ちください。そしてぜひお楽しみに!

※伊万里鍋島焼き窯元「青山窯」

  • 足早く2月に咲き始めた都内の河津桜

    足早く2月に咲き始めた都内の河津桜

  • 小学校の同級生たちと新年会と称したアフタヌーンティー

    小学校の同級生たちと新年会と称したアフタヌーンティー

  • 毎年東京ドームで開催されるテーブルウェア・フェスティバル

    毎年東京ドームで開催されるテーブルウェア・フェスティバル

  • 輪繋ぎ文様に心ときめき購入した急須&湯呑等

    輪繋ぎ文様に心ときめき購入した急須&湯呑等

スタッフトーク一覧
イベント等のご案内をいち早くお届けします。
ご登録はこちら

このページの先頭へ