注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
  • ご相談
  • 資料請求
テクノロジー

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

雨水を通さず、湿気を排出する壁構造。結露を防ぎ、住まいの耐久性を高めます。

シームレス
外壁

高耐久「シームレス外壁」

住まいの壁の中には、柱や梁といった大切な構造材が入っています。
その壁の中に湿気がたまってしまったら、住まいを支える木材に深刻な影響を与えかねません。
ダイワハウスでは、目地のないシームレス外壁を可能にする「GranWood-BOITH工法」を採用し、防水対策を実施。
同時に、通気性の高い建物構造によって結露を防止。
万一、断熱材の中にわずかな湿気が侵入した場合でも、通気層の空気の流れにより外部へ排出します。
こうした二重のバリアの働きにより、壁体内の湿度上昇を防ぎます。

1防水性・防露性の高い壁構造を採用。

目地のないシームレス外壁「GranWood-BOITH工法」。

自由度の高い設計が可能で、継ぎ目のないモルタル壁を外張り断熱工法で実現しました。これは、遮熱透湿防水シート付き断熱材から仕上まで、一貫した工法として開発された外壁塗り壁システムです。耐久性の高い軽量既調合モルタルであるラスモルの表面に特殊耐アルカリ性ガラス繊維ネットを伏せこむことにより、外壁のクラックを大幅に削減し、耐久性と防水性を高めています。さらに表面は継ぎ目のないため、防水性が高いだけでなく、お好みに応じた塗り仕上を施すことができます。

GranWood-BOITH(グランウッドボイス)工法

二重防水を施したプレコートサイディング工法。

雨漏りは建物の劣化を招くだけでなく、建物のメンテナンスコストにも関わる重大なトラブルです。プレコートサイディング工法は外壁表面の1次防水に加え、壁の中にも2次防水を施す二重防水を採用し、防水性能を大幅に向上させています。また、2次防水は紫外線にさらされることがないため、劣化のスピードが遅く、防水性能を長期に渡って維持することができます。

高い耐候性を発揮するフッ素コートを実施。

FOCUS

空気だまりをつくる胴縁を減らし、壁体内の熱気・湿気をスムーズに排出する「ワイドフロー通気工法」。

外壁や断熱材を柱に固定するため、従来は胴縁と呼ばれる木材を用いていました。その胴縁が壁体内の空気の流れを妨げ、一方向にしか通気しないケースがありました。ダイワハウスではこの胴縁の代わりに、金物によって外壁を支えるシステムを開発。通気層にスムーズな空気の流れを生み出すことで、夏の屋外からの熱気、冬の室内からの湿気を排出。優れた防露性能を発揮します。

ワイドフロー通気工法の壁体内の空気の流れ

壁体内結露対策概念図

「押出法ポリスチレンフォーム3種」が室内からの湿気をシャットアウト。さらに、万が一、断熱材の中にわずかな湿気が侵入した場合も、「通気層」の空気の流れにより外部へ排出。これらの二重バリアの働きにより、優れた防露性能を発揮し、結露の発生を抑制します。

外壁内の温度分布図

充填断熱工法:内部結露の心配あり

外張り断熱工法:内部結露の心配なし

2

バルコニーには長期の防水保証を。

防水と断熱が重要なバルコニーは、床板の上に勾配断熱材と不燃材を敷きつめた下地に防水シートを施工した多層構造です。防水シートは屋根の防耐火性能を考慮した延焼しにくいシートで、国土交通省の飛び火試験を受験し、個別の大臣認定を取得しています。

木造の技術がよく分かる無料カタログをプレゼント中!!

確かな技術と、培ってきたノウハウを活かし、さらなる強さと快適性、そして、さらなる設計の自由度までを手に入れたxevoGranWoodカタログと、木造の技術が分かる木造住宅テクノロジーカタログをセットでお送りします。

xevoGranWood+木造テクノロジー 無料カタログを請求する

モデルハウスを探す

実際の建築事例を見て、理想の住まいをイメージする。

お近くのモデルハウスを検索できます。

住まいの相談をする

新築・建替え・注文住宅について、住まい提案のプロへ相談する。

住まいの相談を無料で受付中。

資料を請求する

詳しい資料で情報収集。家族でカタログをひろげて検討する。

カタログをオンラインでご請求できます。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。