注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
  • ご相談
  • 資料請求
テクノロジー

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

建物を面で支える、継ぎ目のない一体構造のスラブ基礎。さらに平板要素解析で、地盤に対応した強さを実現します。

シームレス
一体スラブ基礎

高耐震「シームレス一体スラブ基礎」

住まいを最も下から支える基礎構造がしっかりしたものでなければ、どんなに頑丈な建物も意味がありません。
グランウッド構法では、建物を面で支える鉄筋コンクリート造ベタ基礎としたうえ、立ち上がり部と底部に継ぎ目のないシームレス一体スラブ基礎を採用。
地震や台風の際に建物全体に加わる荷重を受け止め、基礎にかかる圧縮や引張の力に対して強い抵抗力を発揮します。
また一邸一邸、個別に平板要素解析を実施。建築地の地盤に対応した強固な基礎を実現します。

1継ぎ目がなく、強度の高いシームレス一体スラブ基礎を採用。

業界屈指、立ち上がり幅17cm。

地震や台風などの際、さまざまな角度から基礎に加わる外力に抵抗するため、コンクリートの立ち上がり幅を17cmとし、充分な鉄筋かぶり厚を確保。さらに、立ち上がり部と底部に継ぎ目のないシームレス一体スラブ基礎とすることで強度を高めています。

FOCUS

邸別の平板要素解析を行い、地盤に合った安心の基礎を施工。

航空機や新幹線などの構造化学でも使われるFEM(有限要素法)によって、邸別に基礎の平板要素解析を実施(標準基礎の場合)。地盤の状況を踏まえた上で、一本一本の柱にかかる荷重からコンクリート強度、鉄筋径を考慮した最適な基礎設計を実施しています。

【FEM(有限要素法)】
構造力学の解析をする上で発達した手法。対象の構造に外力が加わって変形する場合など、複雑な構造を小さな要素の集合体として捉えて解析するものです。

基礎地盤FEMモデルイメージ

2緻密な地盤調査によって、最適な基礎工法を施工。

コンピューター制御による地盤調査を実施。

地盤調査は、戸建て住宅に適したスウェーデン式サウンディング試験をコンピューター制御によって実施。支持力・沈下量といった地盤の性質を正確に診断し、安全かつ最適な基礎工法を選定、提案します。

地盤調査報告書

ダイワハウス地盤調査システム

必要に応じて独自の基礎補強工法を実施。※1

当社木造住宅では地耐力20kN/m2以上※2に対応する標準基礎を用意しています。この地耐力に満たない軟弱地盤には、地盤の状況に応じた最適な基礎補強を施し、良好な地盤と同レベルの安全性を確保します。乾式柱状改良、小口径鋼管杭はいずれも(財)日本建築総合試験所による建築技術性能証明書を取得した独自の基礎補強工法です。

■基礎補強工法

標準基礎(ベタ基礎)

深基礎

表層改良

柱状改良

小口径鋼管杭

  1. ※1 一部地域では仕様が異なる場合があります。
  2. ※2 地域により20kN/m2を標準としています。

木造の技術がよく分かる無料カタログをプレゼント中!!

確かな技術と、培ってきたノウハウを活かし、さらなる強さと快適性、そして、さらなる設計の自由度までを手に入れたxevoGranWoodカタログと、木造の技術が分かる木造住宅テクノロジーカタログをセットでお送りします。

xevoGranWood+木造テクノロジー 無料カタログを請求する

モデルハウスを探す

実際の建築事例を見て、理想の住まいをイメージする。

お近くのモデルハウスを検索できます。

住まいの相談をする

新築・建替え・注文住宅について、住まい提案のプロへ相談する。

住まいの相談を無料で受付中。

資料を請求する

詳しい資料で情報収集。家族でカタログをひろげて検討する。

カタログをオンラインでご請求できます。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。