大和ハウス工業トップ

研究員コラム 研究員の日々の研究をのぞいてみよう。

研究員コラム:Vol.3 工場の温度環境調査

温熱空気環境

本間 瑞基

2014.10.31

今回は私たちが行っている業務のひとつ、測定調査を紹介します。
タイトルの工場ですが、夏の温度環境はどのようになっていると思いますか?暑そうと思う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
最近は建物内を空調する工場も少なくありませんが、火気を使用したり、資材や人の出入りが多いなど用途によって空調を行えない工場もあります。このような工場では暑さ対策が十分ではない場合、工場内で働く人の熱中症や体調不良を引き起こす可能性があり、時には重大な事故につながる可能性もあります。

今回紹介する大和ハウス工業の奈良工場は主に戸建住宅、集合住宅の建設部材を製造する工場で、工場の一部は今年4月に環境配慮型工場D's SMART FACTORY(ディーズスマート ファクトリー)として建て替えを行い、様々な環境配慮技術や、夏場の暑さ対策技術等が取り込まれています。詳細は以下URLを参照ください。

奈良工場

(大和ハウス工業 奈良工場:https://www.daiwahouse.co.jp/business/production/factory/nara.html

今年は建て替えを行って初めての夏を迎えるため、私達はこの夏に工場内の温度環境調査を実施しました。主な調査内容は、工場内の平面温度や垂直度分布、風速や建物に作用する圧力、屋外の日射量や風向等、建物の温熱環境に与える様々な項目を計測し評価を行います。こちらは屋根上の写真です。日射計や温度センサーを取り付けるために屋根上に登り設置します。屋根上からの景色も調査のちょっとした楽しみです。

新工場の屋根上 センサー設置作業

一方、奈良第三工場は同じ敷地内にある別の工場です。
約50年前に建設された工場で、比較対象としてこちらの工場の測定も実施しています。もちろん現在も稼働しています。

建設中から新しい工場は涼しいとの噂を聞いていましたが、測定準備をしているときから実感しました。今後は、調査で得られた知見から、より良い環境で過ごしていただけるよう、研究や商品開発を行っていきます。

新工場の屋根上 センサー設置作業奈良第三工場外観

研究員プロフィール

本間 瑞基

本間 瑞基ほんま みずき

2005年入社。大学では建築工学を専攻。
入社後は住宅から工場/倉庫まで、様々な建築物の温熱空気環境に関わる研究開発をしている。
趣味はサーフィン。

大和ハウス工業の総合技術研究所で一緒に働きたい学生の方 採用情報はこちら

大和ハウス工業
総合技術研究所

DAIWA HOUSE INDUSTRY
CENTRAL RESEARCH LABORATORY

〒631-0801 奈良市左京6丁目6-2
TEL:0742-70-2110 / FAX:0742-72-3060

見学のお申し込み

ご家族から企業や学生の方々など、どなた様でも幅広くお楽しみいただけます。詳細はお気軽にお問い合わせください。

見学お申し込みはこちら
見学に関するお問い合わせ

0742-70-2111

※電話での予約受付時間:月~金曜日(祝日除く)10時~17時

  • 申し込み多数の場合は、ご希望に沿えない場合があります。
  • 見学フォームでのお申し込みは、見学希望日の3営業日前までです。
  • レストランでお食事をご希望の場合は別途お申込が必要です。お問い合わせ下さい。

レストラン利用申込書PDFはこちら


このページの先頭へ

ごあいさつ

アクセス