大和ハウス工業トップ

研究員コラム 研究員の日々の研究をのぞいてみよう。

研究員コラム:Vol.4 スマ・エコ ステーション

エネルギー有効利用

原田 真宏

2015.8.28

前回、太陽光発電とリチウムイオン蓄電池を組み合せた新たな家庭用蓄電池システムのご紹介をさせて頂きました。

今回は、太陽光発電と二つの蓄電池システムを組み合せ超小型電動モビリティの充電ステーションや災害時の防災拠点として活躍する「スマ・エコ ステーション」についてご紹介させて頂きます。

「スマ・エコ ステーション」は2015年7月23日に街開きをした三重県桑名市のスマ・エコ タウン陽だまりの丘にあります。

スマ・エコ ステーション平面図

スマ・エコ タウン陽だまりの丘は桑名市スマートエネルギー構想や、みえスマートライフ推進協議会が掲げる環境・エネルギー技術によるまちづくりの一環として、平成26年度桑名市が募集した「陽だまりの丘先進的スマート住宅供給事業」において当社が選定され、以下の4つのことに取り組んでおります。

  • 1.三重県初となるネットゼロエネルギータウンの実現
  • 2.住民共有の太陽光発電設備を活用して日本初となる生活支援サービス等の実施
  • 3.超小型電動モビリティの導入とスマ・エコステーションの建設
  • 4.スマートハウスの建設

「スマ・エコ ステーション」は上記取組み内容の一つであり、屋根面と街の法面に合わせて10kWの太陽光発電を設置し、前回ご紹介したエリーパワー株式会社製の定置型の6.2kWhのハイブリッドシステム(パワーイエ6ハイブリッド)と移動型の2.5kWhの蓄電池システム(パワーイレ・プラス)2台を導入しています。

「スマ・エコ ステーション」の電気の流れとしては、通常時は昼間に太陽光発電の余剰電力を蓄電池に充電をし、夜間に防犯灯や防犯カメラ、超小型電動モビリティの充電に利用されます。
停電時には、太陽光発電がある場合には、太陽光発電からスマ・エコ ステーション内の照明や超小型電動モビリティの充電に供給され、太陽光発電だけでは足りない場合には蓄電池からの放電により安定して電源供給することが可能になります。
また、移動型の蓄電池システムは外に持ち出すことも可能ですので、街の近隣の方々に電力の供給することも可能になっています。

通常時のスマ・エコ ステーションの電気の流れ

停電時のスマ・エコ ステーションの電気の流れ

NTN株式会社様 超小型電動モビリティとスマ・エコ ステーション

また今回導入された超小型電動モビリティは、インホイルモーターを搭載した電気で走る車両で、NTN株式会社様より3年間借り受ける計画で、住民の移動手段としての将来性について運行データなどに基づき検証を行っていきます。この超小型電動モビリティの駆動用の蓄電池にも家庭用蓄電池システムなどに使用しているエリーパワー株式会社製のリチウムイオン蓄電池セルを搭載しております。
実証試験終了後に超小型電動モビリティをNTN株式会社様に返却した後は、「スマ・エコステーション」は災害時の防災拠点となる防災倉庫として利用される予定です。

このように、通常時、停電時も含め太陽光発電と蓄電池を組み合せて超小型電動モビリティの充電や防犯灯、防犯カメラに電力供給可能な街の防災拠点となる「スマ・エコ ステーション」を建設しました。今後も住宅以外での太陽光発電や蓄電池システムの活用方法として、街の共用部でいつでもエネルギー自給可能なスマ・エコ ステーションの開発を推進していきます。

桑名市「陽だまりの丘 先進的都市型スマート住宅供給事業」の事業者に選定されました

https://www.daiwahouse.co.jp/release/20140227083336.html

SMA×ECO PROJECT

https://www.daiwahouse.co.jp/live/smartcity/index.html

研究員プロフィール

原田 真宏

原田 真宏はらだ まさひろ

1977年大阪生まれ。
東京都立大学大学院工学研究科応用科学専攻博士課程を終了後、(財)神奈川科学技術アカデミー研究員、イーメックス(株)研究員を経て、2009年12月大和ハウス工業(株)に入社。
現在、総合技術研究所にて蓄電池システムを中心としたエネルギー活用技術に関する研究に携わる。
休日は趣味のドライブとゴルフを満喫。ちなみに乗っている車はフォルクスワーゲンゴルフGTI。

大和ハウス工業の総合技術研究所で一緒に働きたい学生の方 採用情報はこちら

大和ハウス工業
総合技術研究所

DAIWA HOUSE INDUSTRY
CENTRAL RESEARCH LABORATORY

〒631-0801 奈良市左京6丁目6-2
TEL:0742-70-2110 / FAX:0742-72-3060

見学のお申し込み

ご家族から企業や学生の方々など、どなた様でも幅広くお楽しみいただけます。詳細はお気軽にお問い合わせください。

見学お申し込みはこちら
見学に関するお問い合わせ

0742-70-2111

※電話での予約受付時間:月~金曜日(祝日除く)10時~17時

  • 申し込み多数の場合は、ご希望に沿えない場合があります。
  • 見学フォームでのお申し込みは、見学希望日の3営業日前までです。
  • レストランでお食事をご希望の場合は別途お申込が必要です。お問い合わせ下さい。

レストラン利用申込書PDFはこちら


このページの先頭へ

ごあいさつ

アクセス