大和ハウス工業トップ

研究員コラム 研究員の日々の研究をのぞいてみよう。

研究員コラム:Vol.3 第6回 ロボット大賞受賞!!

点検ロボット

竹内 愛

2014.11.28

お久しぶりです。
vol.3では、「ひび割れ幅の測定について」紹介するつもりだったのですがmoogleが『第6回ロボット大賞』で、サービスロボット部門の優秀賞に選ばれ、表彰頂いたので、その報告をしたいと思います。

ロボット大賞とは?

「ロボット大賞」は、日本のロボット技術の革新と用途拡大および需要の喚起を促すことを目的として、2006年に創設され、今回で6回目を迎えた表彰制度です。
経済産業省と一般社団法人日本機械工業連合会が主催しており、「第6回ロボット大賞」は、全86件の応募の中から、10件が選定されました。

「第6回 ロボット大賞」ホームページ

http://www.robotaward.jp/index.html

第6回ロボット大賞

受賞までの道のり

実は、今回moogleは3回目の応募でやっと受賞することができました。

ロボット大賞は、

  • 1.書類審査
  • 2.現地調査
  • 3.最終審査

の3段階の審査で、受賞するロボットが決定されるそうです。

第4回(2010年)のときにmoogleは初めて応募しましたが、残念ながら書類審査で落選。。。
このときはまだmoogleができあがったところで、実現場での運用検証を行っている段階でした。

第5回(2012年)では、2011年から社内運用も開始したし、リベンジ!!と応募しましたが、書類審査は通ったものの現地調査で落選。。。
そして第6回(2014年・今回)、前回から外販も開始して運用実績、販売実績も出てきたし、今年で最後!と応募したところ、最終審査まで進み、受賞することができました!!

審査が進んでいく毎に、どうやったらmoogleのよさを伝えられるだろうか、次の審査ではどんなことを伝えようかと考え、審査結果を待つたびにドキドキしていました。
最終審査では短い時間のプレゼンで審査委員の方々を前にうまく伝えられたのか不安だったのですが、次の日に受賞の連絡を頂き、とてもうれしかったのと同時にほっとしました。

表彰式

受賞の連絡を頂いてから約2週間後、東京ビッグサイトで『Japan Robot Week 2014』というロボットの展示会の初日に、『第6回ロボット大賞』表彰式が行われました。
そこで、表彰状とトロフィーを頂きました!!

午後には受賞者プレゼンテーションもあり、展示会に来場された方々にmoogleを紹介させていただきました。

普段仕事で表彰される機会なんてめったにないですし、大勢の方の前で話す機会もほとんどありません。
今回このロボット大賞の受賞をきっかけに、いろいろなことを経験させてもらえましたし、たくさんの方と出会うことができました。

展示会では3日間moogleを展示、デモを行い、多くの方々にmoogleを知って頂けたかと思います。
これからさらにmoogleが活躍できる現場が増えていくといいなと思っています。

では、次回はもともと予定していた、moogleがひび割れ幅をどうやって測定するかを紹介したいと思います。

研究員プロフィール

竹内 愛

竹内 愛たけうち あい

2006年入社。大学ではロボット工学を専攻。
入社後は床下点検ロボットの研究開発に従事し、現在は点検だけでなく、人の暮らしをサポートするロボットの研究をしています。
趣味は社交ダンス。休みの日は関西を中心に競技会に参加し、全国各地で踊りまわっています。

関連情報

大和ハウス工業の総合技術研究所で一緒に働きたい学生の方 採用情報はこちら

大和ハウス工業
総合技術研究所

DAIWA HOUSE INDUSTRY
CENTRAL RESEARCH LABORATORY

〒631-0801 奈良市左京6丁目6-2
TEL:0742-70-2110 / FAX:0742-72-3060

見学のお申し込み

ご家族から企業や学生の方々など、どなた様でも幅広くお楽しみいただけます。詳細はお気軽にお問い合わせください。

見学お申し込みはこちら
見学に関するお問い合わせ

0742-70-2111

※電話での予約受付時間:月~金曜日(祝日除く)10時~17時

  • 申し込み多数の場合は、ご希望に沿えない場合があります。
  • 見学フォームでのお申し込みは、見学希望日の3営業日前までです。
  • レストランでお食事をご希望の場合は別途お申込が必要です。お問い合わせ下さい。

レストラン利用申込書PDFはこちら


このページの先頭へ

ごあいさつ

アクセス