大和ハウス工業トップ

研究員コラム 研究員の日々の研究をのぞいてみよう。

研究員コラム:Vol.15 植物っておもしろい! その3

植物栽培ユニット

伊藤 彩菜

2016.3.28

こんにちは。農業担当の伊藤彩菜です。ブログを読んでいただきありがとうございます!

さて、寒さも和らぎ、だんだん春が近づいてきました。
春といえば心ときめく季節・・・のはずですが、私にとっては悩ましい季節でもあります。

そう、花粉症です。私はスギの花粉にアレルギーがあるようです。スギ以外にもヒノキ、イネ、ブタクサ等の花粉症の原因となる植物は、風によって花粉が運ばれて受粉するという性質を持っています。このような植物は受粉を助けてくれるパートナーが風なので、受粉の成功率を高めるために大量の花粉を放出します。これが花粉症の原因になるのです。

植物には風以外にも、虫や水、トリやコウモリによって花粉が運ばれ、受粉するものがあります。花は黙って咲いていますが、実はとても策略家で、それぞれの受粉のパートナーを巧妙に操り、自分たちの願いをかなえてもらっています。

今回は、そんな植物の密かな戦略について、お話したいと思います。

春になると、ミツバチが花の周りをブンブン飛んでいるところをよく見かけます。ミツバチが周りにいっぱい飛んでいる花は、ミツバチによって受粉を助けてもらっている植物の花です。

しかしミツバチは、植物の受粉を助けてあげるためだけに花に集まるわけではありません。
花の出す蜜や花粉を食べるために飛んで来るのです。

ミツバチが花粉や蜜を食べるために花の中へ頭を突っ込んでいる間に、身体や肢に雄しべの花粉がからみつき、それが雌しべに付着することで受粉が成立します。
ミツバチはただ自分たちの食料を求めて花から花へ飛び回っているだけなのですが、知らない間に受粉の助っ人としての役割も担っています。

ミツバチによって受粉を助けてもらう植物は他にもたくさんありますが、花はそれぞれ、ミツバチに見つけてもらえるように様々な手段でアピールしています。
ミツバチは、色やにおい、輪郭を見分ける能力があると言われています。ミツバチによって受粉される花がカラフルで、いい香りを発するのはこのためです。

また、ミツバチには、人間に見える色とは異なる色で景色が見えています。例えば、ミツバチは紫外光を認識する力があります。その性質を利用し、花の中には、「ハニー・ガイド」といって、雌しべや雄しべの周りだけ紫外光を特に吸収し、蜜のありかをミツバチに知らせるマークをもっている植物があります。自分のために働いてもらうミツバチのものの見え方を利用して、人知れずアピールする戦略をとっているのです。

それでは植物工場でミツバチを飛ばして、果菜類の受粉を助けてもらうおうとすると、上手くいくでしょうか。閉鎖空間で食料も限られるため、ミツバチも必死で花を見つけに飛び回りそうな気がします。

しかし、赤や青の単色のLEDを照明として使用している植物工場では、ミツバチは活発に飛んでくれません。なぜならミツバチは赤色を認識できず、目がほとんど見えていないからです。
それに対して屋外やビニルハウスなどの栽培施設では、日光に紫外線等のいろんな波長が含まれるため、ミツバチも活発に受粉のお手伝いをしてくれます。ミツバチを狙い通りに操るのは、ミツバチの性質を熟知している植物にとっては当たり前でも、人間にとってはなかなか難しいようです。

種子で子孫を残す植物にとって、受粉できるかどうかは死活問題です。そのため、植物は自分たちの受粉を助けてくれるパートナーにとっても損が無いように、ある程度の花粉と蜜を食料として差しだし、うまく共生しているのです。このようなしたたかさも、根底には植物の「子孫繁栄」への強い願いが込められています。
自分の願いを叶えるために戦略を練り、周りの力を借りて実現していく植物のしたたかさやたくましさを、人間である私たちも見習わないといけないですね。

研究員プロフィール

伊藤 彩菜

伊藤 彩菜いとう あやな

1988年京都生まれ。
京都大学大学院 農学研究科 地域環境科学専攻 農業システム工学分野を修了後、2014年4月大和ハウス工業に入社。
総合技術研究所にて現在、栽培品目や栽培技術の探索を担当しています。
趣味は剣道と家庭菜園。野菜のことなら何でも聞いてください!

大和ハウス工業の総合技術研究所で一緒に働きたい学生の方 採用情報はこちら

大和ハウス工業
総合技術研究所

DAIWA HOUSE INDUSTRY
CENTRAL RESEARCH LABORATORY

〒631-0801 奈良市左京6丁目6-2
TEL:0742-70-2110 / FAX:0742-72-3060

見学のお申し込み

ご家族から企業や学生の方々など、どなた様でも幅広くお楽しみいただけます。詳細はお気軽にお問い合わせください。

見学お申し込みはこちら
見学に関するお問い合わせ

0742-70-2111

※電話での予約受付時間:月~金曜日(祝日除く)10時~17時

  • 申し込み多数の場合は、ご希望に沿えない場合があります。
  • 見学フォームでのお申し込みは、見学希望日の3営業日前までです。
  • レストランでお食事をご希望の場合は別途お申込が必要です。お問い合わせ下さい。

レストラン利用申込書PDFはこちら


このページの先頭へ

ごあいさつ

アクセス