大和ハウス工業トップ

研究員コラム 研究員の日々の研究をのぞいてみよう。

研究員コラム:Vol.7 スマートハウス アプリコンテスト『家CON-2015』

スマートハウス

中野 吏

2015.11.27

お久しぶりです。
スマートハウスの研究・開発に携わる若手研究員です。

今回は10月24日に開催された『家CON-2015 ~スマートハウスを活用した新発想アプリ開発コンテスト~』に技術スタッフとして参加した内容について報告したいと思います。

『家CON-2015』とは?

『家CON-2015』は、大和ハウス工業も参加している『経済産業省 大規模HEMS情報基盤整備事業』の一環として開催されたコンテストです。このコンテストでは、スマートハウスを活用するサービスアプリケーションを広く募集しました。応募要件は斬新なアイデアに加え、実際に動くアプリを開発することとなっています。その為、応募者には非常に高いハードルとなりましたが、それにも関わらず多くの応募がありました。

家CON-2015 HP

最終審査会

待ちにまったコンテストの最終審査会が10月24日(土)に大和ハウス工業の東京本社にて開催されました。広めの会場を用意していましたが、それでも満席になるほど、当日は多く方々にお集まり頂きました。

最終審査会の風景

最終審査会に進んだのは10作品で、一つの作品のプレゼン時間は6分です。非常に短い時間ですが、プレゼンされる方々は開発成果の魅力を伝え、賞金を勝ち取らなければなりません。その為、彼らのほとんどが開始時間の3時間も前に会場入りし、荷物をおくやいなやすぐにプレゼン準備を始めていました。また、本番直前の予行演習ではアプリの動作を何回も繰り返し確認する姿や、プレゼン資料やアプリのスクリーンでの見え方からスピーカーから流れる動画音声の聞こえ方まで事細かに気を配る姿が見られました。私が感じた彼らの意気込みは凄いものでした。

審査会本番が始まるとプレゼンは順調に進み、あっという間に終わってしまいました。しかし、彼らのアイデアや開発成果物の良さが会場全員に十分伝わったのではないかなと思います。そして、私を含め、誰もが内容の濃い時間を過ごせたのではないでしょうか。

コンテストでは審査結果を待っている間も、会場後方にて展示された発表作品を見ながら、開発担当者と来場者が触れ合う時間が設けられていました。来場者の方々は実際に開発された物を操作したり、デバイスの中身の仕組みを見せてもらったりしながら、開発担当者と熱い議論を交わしていた様子で、大盛況でした。

実際にレシートが出るHEMSプリンター

カバーを外した展示作品

議論している開発担当者と来場者

さて、気になる審査結果ですが、最優秀賞は『hometalk』を提案された方々です。選ばれた理由は「トト」という名の家のキャラクターが家族のチャットに介入し、鍵の閉め忘れを気付かせてくれたり、実際に鍵(電気錠)の施錠をしてくれるというAI(人工知能)的なコンセプトが審査員に評価されたようです。その他にも3つの部門賞があり、受賞者は皆写真のように大喜びされていました。しかし、審査結果の講評を聞くと、審査員の評価も拮抗していたようで、残念ながら入賞できなかった作品もそれぞれが人を惹きつける良さを持っていたように思います。

授賞式の様子(マッシュアップ部門賞:チームくにきやらぼ)

私が感じたこと

こういったコンテストには初めて参加した私ですが、プレゼンされた方々の自信に満ちた提案を見て、自分も頑張らねばという思いになり、良い刺激を受けることができました。また、審査員のコメントでは「既存のルールの上で考えてもダメ。新たなルールの上に新たなビジネスチャンスが広がる。」というものが、私には強く印象に残っています。実は私も既存のルールからなかなか抜け出せず、インパクトのある新しい研究・開発テーマの模索に苦労していたところでした。このアドバイスを胸に、今後は違った視点で新しい研究テーマの創出に取り組んでいきたいなと思います。

さて、コンテストの詳細が気になる方は「家CON-2015」のHPをぜひご覧下さい。
それではまた次回お会いしましょう。

参考サイトはこちら

研究員プロフィール

中野 吏

中野 吏なかの つかさ

1984年大分県生まれ。
大阪大学大学院工学研究科知能・機能創成工学専攻の博士後期過程を単位取得退学後、2012年4月大和ハウス工業に入社。
現在、総合技術研究所フォロンティア技術研究室地球温暖化防止研究グループICT研究チームにて、スマートハウスの研究開発に携わる。
生後半年の愛娘とミニチュアダックスフントに癒されながら、日々頑張っています。

関連情報

大和ハウス工業の総合技術研究所で一緒に働きたい学生の方 採用情報はこちら

大和ハウス工業
総合技術研究所

DAIWA HOUSE INDUSTRY
CENTRAL RESEARCH LABORATORY

〒631-0801 奈良市左京6丁目6-2
TEL:0742-70-2110 / FAX:0742-72-3060

見学のお申し込み

ご家族から企業や学生の方々など、どなた様でも幅広くお楽しみいただけます。詳細はお気軽にお問い合わせください。

見学お申し込みはこちら
見学に関するお問い合わせ

0742-70-2111

※電話での予約受付時間:月~金曜日(祝日除く)10時~17時

  • 申し込み多数の場合は、ご希望に沿えない場合があります。
  • 見学フォームでのお申し込みは、見学希望日の3営業日前までです。
  • レストランでお食事をご希望の場合は別途お申込が必要です。お問い合わせ下さい。

レストラン利用申込書PDFはこちら


このページの先頭へ

ごあいさつ

アクセス