大和ハウス工業トップ

研究員コラム 研究員の日々の研究をのぞいてみよう。

研究員コラム:Vol.1 地震危険度評価ツール「ココゆれ」

構造

平松 剛

2014.5.31

最近よくテレビなどで報道されているのでご存知の方も多いと思いますが、日本各地における地震の発生確率が国の機関から公表されています。例えば、「今後30年間で東海地震の発生する確率は○○%」といったものや、「東京都心で震度6強が発生する確率は…」といったものです。ただ、テレビでは都心部など代表的な地域の地震発生確率しか報道されないので、「自分の住んでいる町はどれぐらいの確率なんだろう?」と思ったことはありませんか?

実は、各地の地震発生確率といった様々な地震危険度情報はインターネットで公表されており、誰でも閲覧できるようになっています。ただし、情報量が膨大で若干分かりにくいのが欠点です。大和ハウス工業では、この公表データから活用できる部分を取り出して、設計に反映したりお客様の防災意識を高めていただくような取り組みをしています。

そのひとつが、戸建住宅の購入を検討されているお客さまに対し、建設予定地での地震発生確率や予測震度などのリスク情報を即時に提供する地震危険度評価ツール「ココゆれ」です。

「ココゆれ」画面(クリックで拡大)

「ココゆれ」は、任意の地点を選択入力することで、5年先から50年先まで5年単位の地震の発生確率と当該地点付近の断層情報(予測震度・マグニチュード・発生確率など)を解析し、約30秒で結果を表示できるツールです。このツールによって、お客様一人一人が防災対策を一歩踏み込んで考えるきっかけになってくれれば、と思っています。

左の写真は、2013年5月に行われた「朝日住まいづくりフェア2013」での出展の様子です。多くの来場者の方に、実際の操作を体験していただきました。

「ココゆれ」は、国が一般に公表しているデータを加工して分かりやすく表示したものに過ぎません。今後は、大和ハウス工業がこれまで培ってきた様々な研究成果と組み合わせて、防災設計や最適設計といった社会に貢献できる技術を提供していきたいと考えています。

研究員プロフィール

平松 剛

平松 剛ひらまつ ごう

2002年入社。愛知県出身。大学では建築構造を専攻。
これまで戸建住宅の免震・制震構造の研究開発に携わり、現在は構造の他、鋼構造の研究開発を担当している。
趣味は泳ぐこと、水泳歴30年超。適度な運動で入社時の体型を維持していることが自慢。

大和ハウス工業の総合技術研究所で一緒に働きたい学生の方 採用情報はこちら

大和ハウス工業
総合技術研究所

DAIWA HOUSE INDUSTRY
CENTRAL RESEARCH LABORATORY

〒631-0801 奈良市左京6丁目6-2
TEL:0742-70-2110 / FAX:0742-72-3060

見学のお申し込み

ご家族から企業や学生の方々など、どなた様でも幅広くお楽しみいただけます。詳細はお気軽にお問い合わせください。

見学お申し込みはこちら
見学に関するお問い合わせ

0742-70-2111

※電話での予約受付時間:月~金曜日(祝日除く)10時~17時

  • 申し込み多数の場合は、ご希望に沿えない場合があります。
  • 見学フォームでのお申し込みは、見学希望日の3営業日前までです。
  • レストランでお食事をご希望の場合は別途お申込が必要です。お問い合わせ下さい。

レストラン利用申込書PDFはこちら


このページの先頭へ

ごあいさつ

アクセス