大和ハウス工業トップ

研究員コラム 研究員の日々の研究をのぞいてみよう。

研究員コラム:Vol.8 若者とオーディオ

快適防音室

玄 晴夫

2014.12.24

11/26付 朝日新聞 経済面

オーディオのブログも3回連続になりました。なぜオーディオ?かというと、このたび新しいオーディオルームを開発したからです。その名も「奏でるオーディオルーム」!全くひねりのないネーミングですいません。

さっそく、朝日新聞の経済面に掲載していただきました。これを見た私の父親は「うちの息子はこんなに足が短かったっけ?」という感想だったそうです。おかげさまで反響があり、問合せの電話や見に行きたいという申し出も伺っています。オーディオファンは健在でした。やっぱり方向性は間違ってなかったなー。と悦に入っていました。

ところが、うちの若い社員に、この新しくつくった部屋で音楽を聴いてもらったところ、今ひとつピンとこない、良さがわからないと言うのです。まあそういう人もいるよなと思って別の新人にも聴いてもらったのですが、ポカンとしている様子。なんでかなと思ったところ、「僕たち、そもそもCDを持っていないんですよ」という事実を知らされました。「え?じゃあ音楽はどうやって聴くの?」。「YouTubeかダウンロードで」という答え。そうか、20代の人たちはスピーカーに向かっていい音で音楽を聴くという価値観がないのか。と少し寂しい気持ちになりました。

天王寺高校の生徒の皆さん

そんなことがあった先週、大阪府立天王寺高校という学校の1年生の生徒さんが当社に見学に来てくれました。こちらはもっと若い10代の子どもたち。どうせ関心なんかもってくれないだろうなと、諦め気分でオーディオルームを紹介したところ、予想外に目を輝かせて「思いっきり大きな音を流せるこんな部屋が欲しい」「いい音なのでびっくりした」といううれしい感想をいただきました。
そうです。良い物の価値を感じるためには受け止めるほうもピュアな心を持っていないといけないな、思った次第です。
私は君たちに期待しています!ピュアな感性を持った大人になってほしいですね。

公園のイルミネーション

公園の向かいの家のイルミネーション

最後に話しは変わって。私の家の向かいの公園では、毎年12月になるとイルミネーションが始まります。正直言ってややさびしい雰囲気なのですが、その公園に面した1軒の家で、ものすごく気合の入ったイルミネーションが繰り広げられるのです。自治体がしているものを完全に上回っています。このパワーを見習いたいですね。

研究員プロフィール

玄 晴夫

玄 晴夫げん はるお

1993年入社。大学では建築音響学を専攻。
現在は住まいの騒音問題から音楽を楽しむ提案まで、音に関わる問題を研究している。
趣味はコンサートホール巡り。

関連情報

バックナンバー

大和ハウス工業の総合技術研究所で一緒に働きたい学生の方 採用情報はこちら

大和ハウス工業
総合技術研究所

DAIWA HOUSE INDUSTRY
CENTRAL RESEARCH LABORATORY

〒631-0801 奈良市左京6丁目6-2
TEL:0742-70-2110 / FAX:0742-72-3060

見学のお申し込み

ご家族から企業や学生の方々など、どなた様でも幅広くお楽しみいただけます。詳細はお気軽にお問い合わせください。

見学お申し込みはこちら
見学に関するお問い合わせ

0742-70-2111

※電話での予約受付時間:月~金曜日(祝日除く)10時~17時

  • 申し込み多数の場合は、ご希望に沿えない場合があります。
  • 見学フォームでのお申し込みは、見学希望日の3営業日前までです。
  • レストランでお食事をご希望の場合は別途お申込が必要です。お問い合わせ下さい。

レストラン利用申込書PDFはこちら


このページの先頭へ

ごあいさつ

アクセス