大和ハウス工業トップ

研究員コラム 研究員の日々の研究をのぞいてみよう。

研究員コラム:Vol.4 研究所の壁面緑化は巨大な試験体

都市緑化技術

西部 洋晴 ・ 天保 美咲

2015.1.26

第4回は、私たちが日ごろ仕事をしている研究所のお話をします。
研究所の建物の前には大きな壁面緑化を設置しています。実はこれ試験体なんです。幅7m×高さ11m(4階相当)の大きな試験体です。これに実際に様々な植物を植えてみて、壁面緑化に合う植物や合わない植物を試してみたり、地面で生育している時との違いを観察したりしています。

研究開発において、新しいアイデアや技術を試す時はまず小さいスケールから始めて、様々な条件を検討しながら徐々に実際の大きさに近づけていくことが通例です。
ただし、壁面緑化は垂直方向に展開しますので、日当りや高さの影響を受けやすいといえます。壁面の上のほうは日射が強く乾燥しやすいですし、逆に下のほうは影になりやすく湿りやすい環境です。同じ植物でも、壁の上と下で生育の違いがみられます。こういった様々な環境をひとつひとつ再現していくことは難しいので、いきなりこんなに大きい試験体をつくってしまった訳です。

いろんな植物を植えていますので、春はお花畑にように花が咲いて蝶がよってきたり、秋には紅葉も楽しめます。

緑化というと、一年中緑色の葉っぱで常緑でなければという方もいますが、私はどちらかというときれいな花が咲いて紅葉や落葉があったり、季節感を感じられるほうが都市の自然を考える上では大切なのではと思っています。

また、メンテナンスなどはこのような高所作業車に乗って行ないます。間近で植物を観察できる数少ない機会なので、土を掘り返して土壌や根を観察することもあります。このように我々は、数多くの植物の生育に適した生育環境を整えるため、日々研究を行なっています。

大きな地面をそのまま立てたような壁面緑化は迫力があって見ごたえ十分です!奈良に来る時がありましたら、ぜひ一度見に来てください!(に)

「壁面緑化」についてもっと知りたい方は、コチラ↓ 
※大和リースでは様々な壁面緑化商品をご提案しています。

http://www.daiwalease.co.jp/ecologreen/index.html

研究員プロフィール

西部 洋晴

西部 洋晴にしべ ようせい

1976年千葉県生まれ。
千葉大学大学院自然科学研究科環境計画学専攻を修了後、2002年4月大和ハウス工業に入社。
事業所で住宅の外構造園設計を経験した後、総合技術研究所にて屋上緑化や壁面緑化などの都市緑化技術の研究開発に携わる。
戸建住宅の観葉植物や庭木の話から都市や地球環境の問題まで、緑のことなら何でも相談してください。
趣味は、愛娘(1歳半)の育児に奮闘中。

天保 美咲

天保 美咲てんぽ みさき

大阪府立大学大学院生命環境科学研究科応用生命科学専攻を修了後、2011年4月大和ハウス工業に入社。
総合技術研究所にて都市緑化技術及び、緑化による環境改善効果などの研究開発に携わる。
夏場の麦わら帽子がトレードマーク。

大和ハウス工業の総合技術研究所で一緒に働きたい学生の方 採用情報はこちら

大和ハウス工業
総合技術研究所

DAIWA HOUSE INDUSTRY
CENTRAL RESEARCH LABORATORY

〒631-0801 奈良市左京6丁目6-2
TEL:0742-70-2110 / FAX:0742-72-3060

見学のお申し込み

ご家族から企業や学生の方々など、どなた様でも幅広くお楽しみいただけます。詳細はお気軽にお問い合わせください。

見学お申し込みはこちら
見学に関するお問い合わせ

0742-70-2111

※電話での予約受付時間:月~金曜日(祝日除く)10時~17時

  • 申し込み多数の場合は、ご希望に沿えない場合があります。
  • 見学フォームでのお申し込みは、見学希望日の3営業日前までです。
  • レストランでお食事をご希望の場合は別途お申込が必要です。お問い合わせ下さい。

レストラン利用申込書PDFはこちら


このページの先頭へ

ごあいさつ

アクセス