ロボット事業

大和ハウス工業トップ

離れていてもシルエット画像で正確に様子を確認できる シルエット見守りセンサ

離れていてもシルエット画像で正確に様子を確認できる シルエット見守りセンサ スマートフォン、タブレット、PCで確認できます※表示端末は別途ご用意ください。

シルエット見守りセンサとは

居室に行く前に様子を把握
従来の離床センサーは居室に行くまで高齢者の様子を把握することはできませんでした。シルエット見守りセンサは、真っ暗なお部屋であっても、居室に駆けつける前にシルエット画像で高齢者の様子がわかり、駆けつけた時の適切な介助に役立ちます。
動きに合わせいち早くお知らせ
従来の見守りセンサ(離床センサー)のなかには、お知らせのタイミングが遅い見守りセンサもあり、居室に駆けつけたときには転倒している可能性もあります。シルエット見守りセンサは、高齢者の動きに合わせて早い段階でお知らせします。
優先度の判断に役立つ
従来の見守りセンサ(離床センサー)では、急いでお部屋に駆けつけると単なる寝返りであった、というご経験はないでしょうか。シルエット見守りセンサなら、異なる居室からの同時のお知らせでも、シルエット画像で様子を確認できるため、優先度の判断に役立ちます。
お知らせ前のシルエット画像も記録
実際に起こった事象を、お知らせ後の様子だけでなく、お知らせ前の様子もシルエット画像で記録を残します。従来の見守りセンサにはない、全く新しい機能です。

シルエット画像で状況を確認

居室から離れていてもシルエット画像による状況の確認が可能です。居室に入室する必要がなく、介護する方・介護される方、双方の負担を軽減します。

また、履歴の保存により、従来のセンサでは難しかった「何が起こったのか?」の把握を実現し、介護する方の多忙なお仕事をサポートします。

起き上がり・はみ出し・離床を区別

見守り対象の方を立体的空間で見守るため、寝返りによる誤報はありません。

また、「起き上がり・はみ出し・離床」を区別して正確にお知らせします。

起き上がり

ベッドから起き上がった時にお知らせします。

はみ出し

顔や手、足などがベッドからはみ出した時にお知らせします。

離床

見守り対象者の離床(ベッドにいない状態)をお知らせします。

最大32台のセンサで見守り

シルエット見守りセンサはWi-Fiルータを介して各端末で見守りを行います。センサは最大32台、端末は最大8台でネットワークを構築する事ができます。

シルエット見守りセンサ仕様

電源 電源供給:専用ACアダプタ
電源電圧:AC100V±10V 50 / 60Hz
消費電力:AC100V時8.5W
周囲温度 / 周囲湿度 5℃~40 / 80% RH以下
使用環境 屋内
使用形態 24時間連続運転
通信 《有線LAN》
通信速度:10Mbps / 100Mbps
数量:1ポート
《無線LAN》
無線規格: IEEE802.11b/g/n(Wi-Fi) 2.4GHz
通信距離:見通せる場所で100m
取付方法 壁面設置方式 / 自立型ポール設置方式(自立型ポールΦ26~32mm)
寸法 116(H)×217(W)×126(D)mm
質量 約800g(ACアダプタ含まず)
材質 PC / ABS樹脂(白)
同梱品 本体、設置マニュアル(保証書)、取り付け金具ねじ、平ワッシャ、石膏ボード用ねじ、六角ナット、ACアダプタ、ブラケット、ブラケットキャップ、取り付け金具
機器:OS種別
(シルエット見守りモニタ)
《Windows》
Windows 7(32bit / 64bit)
Windows 8.1(32bit / 64bit)
CPU:Intel® Core™ i3 プロセッサー 2GHz相当以上
メモリ:32bitは2GB以上、64bitは4GB以上
表示解像度:1024×768以上
表示色数:16bit color以上
HDD:空き容量100MB以上
《Android》
Android 4.2.X ~ 4.4.×
《iOS》
iOS 7.X
  • ※Windows7、Windows8.1は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※Intel®は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
  • ※Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • ※iOSは米国およびその他の国々で登録されたAppleInc.
  • ※施設内の通信環境によっては、別途無線LAN工事が必要となる場合があります。

お知らせ

2016/07/00
離れていてもシルエット画像で正確に様子を確認できる シルエット見守りセンサのサイトを公開いたしました。

商品カタログをPDFファイルにてご覧頂けます。商品カタログを見る

ロボット事業について

住まいだけでなく、心豊かな暮らしの実現のために技術を結集し、住まいと暮らしをトータルにサポートすること…、それが「人・街・暮らしの価値創造グループ」である大和ハウスのミッションです。

ロボット事業とは

介護・医療分野ロボット普及推進事業 社団法人 かながわ福祉サービス振興会

自立動作支援ロボットスーツ HAL

尿吸引ロボット Humany(ヒューマニー)

免荷式リフト POPO

除菌タオルディスペンサー Purus(プールス)

狭小空間点検ロボット moogle

クールベストD-wind(ディー・ウインド)

メンタルコミットロボット パロ

高齢期疑似体験システム シニアポーズ

自動排泄処理ロボット minelet爽

シルエット見守りセンサについてのお問い合わせ・ご相談はこちら

このページの先頭へ