全区画温泉付分譲

現地見学申し込み

カタログプレゼント(無料)

このリゾートのメニューを見る

  • エリア情報
  • リゾートについて
  • 設備・管理について
  • 生活利便施設
  • 物件情報
  • 物件概要
  • アクセス
  • 現地便り
  • 暮らしぶり紹介
  • フォト&動画
  • 建築実例
  • 各種お手続き

カタログプレゼント(無料)

全区画温泉付!霧島連山の麓でゆったり暮らす。温泉つきスローライフを楽しむ。

スタッフからの現地便り

田園風景に眠る豊前宇佐の神官たち-霧島市溝辺町「十三塚原史跡公園」

  • 更新日:2014年06月20日
  • カテゴリ:周辺情報

 霧島市溝辺町には、
 十三塚原(じゅうさんつかはる)という、お茶畑に囲まれた台地があります。

 十三塚原という少し変わった地名の由来は、
 次のような伝説が元となっています。

                         
 1132年(長承元年)
 鹿児島神宮(当時は国分八幡)と
大分県宇佐市の宇佐八幡との間に、
どちらが正統の八幡宮であるか争いがありました。
 ある時、豊前の宇佐八幡から
この霧島の地へ、密使として神官14名がやってきました。

 神官たちは国分八幡の正統は疑わし
いとして、社に火を放ちました。

 その炎は天を覆い7日間燃え続け、燃え尽きる最後の日、もうもうと立ち上る真っ黒な煙は『正八幡宮』という文字の形になったと云います。


 これ見た神官たちは、
驚き恐れ逃げ帰ろうとします。

しかし逃げる途中、この台地で休んでいると
大木が倒れてきて13名が下敷きになり
死亡しました。


 たとえ敵の密使とはいえ、
 不憫に思った里の人々は、
 その場所に13の塚を作りました。
 残された1人だけが宇佐に逃げ帰ることができ、事の顛末を報告しました。
                        

 現在の十三塚原は
 「十三塚原史跡公園」として整備されています。
 こんなところに史跡があるのだろうかと思わせるほど、のどかな田園風景の中にあります。
 
 
 この台地一帯は、
 農業用の土地として改善が加えられ、
お茶をはじめ野菜や果樹など、
霧島市の特産物の産地として
農業事業の重要な役割を果たしています。
 









■撮影年月日/全て平成26年6月

十三塚原史跡公園
鹿児島県霧島市溝辺町崎森
霧島市国分敷根2575
(お問合せ)
電話 0995-45-5111(霧島市観光課)
 
■交通アクセス/ロイヤルシティ霧島妙見台より約14㎞(車で約21分)

この物件が気になった方はご連絡下さい。
専門のスタッフがご質問・ご希望などについてお答えいたします。

ロイヤルシティ霧島妙見台 カタログプレゼント(無料)

物件に関するお問い合わせはこちら

ロイヤルシティ霧島妙見台 ピックアップ物件

ピックアップした分譲土地・分譲物件・仲介物件を写真や区画図などを使いご紹介しています。ライフスタイルに合わせて、さまざまなタイプをご用意しています。

霧島妙見台[鹿児島県]

土地

3方向道路の平坦地

販売価格:197.5万円

詳細はこちら

 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(田舎暮らし・別荘)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

霧島妙見台がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

現地見学申し込み

森林住宅事業推進室

TEL:099-252-1753

電話をかける

FAX:099-257-0377

WEBでのお問い合わせはこちら

所在地:鹿児島県霧島市牧園町下中津川霧島妙見台1889-138

交通・アクセスはこちら

霧島妙見台現地案内所:0995-77-3001

霧島妙見台現地案内所:0995-77-3001

ロイヤルシティ霧島妙見台 関連リンク

霧島ロイヤルホテル

霧島市のお天気


  • TOP

このページの先頭へ