森林住宅地(田舎暮らし・別荘)

大和ハウス工業トップ

田舎暮らし・別荘

全区画温泉付!西中国山地国定公園内で多彩な落葉樹に囲まれた田舎暮らし。


ロイヤルシティ芸北聖湖畔リゾート

芸北聖湖畔がわかる!芸北聖湖畔リゾートカタログ(無料)
森林住宅事業推進プロジェクト室 フリーダイヤル TEL:0120-39-1295 FAX:082-501-3450

分譲住宅販売物件 囲炉裏スペースを含む1LDKタイプ
北広島町のお天気
スローナ倶楽部のご案内 会員情報を無料でお届け。スローライフを楽しむイベント等も開催!(入会費・年会費無料) 詳しくはこちら

分譲地情報

自然と共に暮らす街 ロイヤルシティ芸北聖湖畔リゾートについて 設備・管理について 温泉紹介

環境アセスメント

〜生物多様性宣言〜 人と自然が『共創共生』する社会へ

生物多様性が生み出す自然の恵みを認識し、生態系に配慮した事業活動に勤め、人と自然が「共創共生」する社会持続可能な発展に貢献します。

生物多様性:多様な生物が互いに繋がり合って生き、生態系の豊かさ・バランスが保たれていること

その為にダイワハウスが環境調査を実施しました。

学術上貴重な動植物

貴重な動植物

この街には、貴重な動植物が生息しています。

植物282種類アカモノ・ササユリ等
哺乳類17種類ヤマネ・アナグマ等
鳥類22種類アカショウビン・アカゲラ等
昆虫295種類ヒロシマサナエ等
両生類・爬虫類17種類カスミサンショウウオ・モリアオガエル等

平成6年大和ハウス工業調べ

動植物

  • アカショウビン
  • ヤマセミ
  • アカゲラ
  • ササユリ
  • アカモノ
  • オカトラノオ
見つけてみよう『延命の小袋』
芸北聖湖畔リゾートでは天然記念物「モリアオガエル」を見ることができます。
『モリアオガエル』
人里では滅多に生息しない希少種、自然の恵まれた水面上の樹木などに卵塊を産みつけ、孵化して雨で泡の塊とともに水面へ落下します。


撮影 平成23年6月


  • 撮影 平成17年7月

  • 撮影 平成18年6月

貴重な体験なため、樹上にある卵塊を見た人は長生きできると言われています。

芸北リゾートでの取り組み

芸北聖湖畔リゾート3つの取り組み
生き物への配慮
野生小動物の生息行動を促す緑地や水域を整備するなど、その生息・生育環境への配慮に努めています。

スロープ付側溝

スロープ付側溝
何らかの理由で側溝に落ちてしまった小動物にここから這い上がってもらおうという意図で設置しています。

自然の保全
生態系のつながりを重視し、生物の移動に配慮して、緑地配置や土地利用の連続性の確保に努めています。

人と自然の共生
建設時における生物多様性への影響 を認識し、回避・低減に努めるとともに、生態系に配慮した街づくりの提案を行います。

建築時の約束事

敷地内に植生する立木の伐採は、その敷地面積の30%(人工面率)まで。

建物の外壁、サンデッキ、バルコニー、外部階段等は、隣地境界線及び道路境界線から5m以上離す。

ロイヤルシティ芸北聖湖畔リゾートは、人と生物が織り合う街づくり

芸北聖湖畔リゾートの特徴

水辺で寛ぐ、湖畔の暮らしロイヤルシティ芸北聖湖畔リゾート

ロイヤルシティ芸北聖湖畔リゾートは名前のとおり自然を楽しむ湖畔のリゾート
また落葉樹の多い分譲地は森との一体感を感じさせ、心を癒してくれる環境です。


平成24年7月撮影


  • 平成22年8月撮影

  • 平成22年8月撮影

【聖湖】
湖面に映える臥龍山と色鮮やかな四季のコントラストが美しく、周囲約27kmの水力発電を目的とした人造湖です。
八幡高原をスタート地点として、芸北の自然を愛でながら走る「聖湖マラソン大会」が毎年開催されています。

水辺の色鮮やかな四季物語

《芸北・四季の物語》
ロイヤルシティ芸北聖湖畔リゾートは、ナラ・モミジなどの落葉・広葉樹の深い森に覆われています。

  • 新緑が芽吹く春
  • 山々が紅葉に染まる秋
  • 緑の生い茂る夏
  • 粉雪が舞う冬

四季折々の周辺景観を味わえる空間です

静かな環境でストレスから解放

貴重な自然を受け継ぎ守るという環境保護意識を持った大人の別荘スタイル。
その中で「何もしないということをする」成熟した大人の時間の過ごし方を提案します。

別荘スタイル

オーナー様コメント
便利なものは置かず、窓の外から聞こえてくる、“野鳥のさえずり” 、“風の音”、“雨音”などに耳を傾け、自然の音色を楽しんでいます。

成熟のスローライフを描いてみませんか

芸北聖湖畔がわかる!芸北聖湖畔リゾートカタログ 無料でお送りいたします 【お申し込みはこちら】
分譲地TOPへ
  • 芸北聖湖畔リゾート 現地案内所
  • 0826-37-0355
森林住宅地へのお問い合わせ

このページの先頭へ



このページの先頭へ


平成21年10月撮影 平成22年8月撮影 平成22年8月撮影 平成22年8月撮影 平成22年8月撮影