森林住宅地(田舎暮らし・別荘)

大和ハウス工業トップ

田舎暮らし・別荘

全区画温泉付!スキー場やゴルフ場も近く、アクティブに楽しむ。定住、別荘どちらにも適しています。


ロイヤルシティ八幡平リゾート

八幡平がわかる!八幡平リゾートカタログ(無料)
岩手森林住宅営業所 フリーダイヤル TEL:0120-78-3003 FAX:019-634-1649

スペシャルコンテンツ
四季館 彩冬
八幡平市のお天気
スローナ倶楽部のご案内 会員情報を無料でお届け。スローライフを楽しむイベント等も開催!(入会費・年会費無料) 詳しくはこちら

ロイヤルシティ八幡平リゾート エリア情報

八幡平エリアについて 周辺観光施設 生活利便施設

八幡平エリアの魅力

スキーと温泉のメッカ。ウインタースポーツや湯めぐりも思いのまま


八幡平はトレッキングコースが人気 平成25年10月撮影

全国的に有名な安比高原スキー場をはじめ、数箇所のスキー場が点在し、魅力的なゲレンデが充実。八幡平特有のさらさらの粉雪であるアスピリンスノーに思う存分シュプールを描けます。
また八幡平一帯は湯量が豊富で様々な泉質を持つ温泉が点在し、湯治場として人気を集めるエリア。八幡平温泉郷をはじめ、東北でも一番標高の高い位置にある藤七温泉、3つの「日本秘湯を守る会」の宿がある松川温泉、さらに秋田には岩盤浴で名高く、訪れる人が後を絶たない玉川温泉や 全国的に有名な乳頭温泉(約101km)へも足を伸ばせるロケーション。温泉好きには魅力的なエリアです。


北東北の「おへそ」といわれています

岩手県北西部に位置する八幡平市は秋田県や青森県と境を接し、北東北のほぼ中心に位置していることから北東北の「おへそ」とも呼ばれています。
また、立地的にも高速道路や新幹線などを利用して行き来しやすい環境にあり、北東北の交流拠点として良好な条件が整っています。

広いぞ北東北。九州7県(※)に匹敵する広さ!! ※付属諸島を除く 国土交通省 国土地理院参照


十和田八幡平国立公園の自然

十和田地域 八幡平地域 ロイヤルシティ八幡平リゾート

十和田八幡平国立公園は八甲田山から十和田湖にかけての「十和田地域」と、八幡平から秋田駒ヶ岳、岩手山にかけての「八幡平地域」の2つの地域からなります。
約4万haの広さを誇る八幡平地域。約100万年前に噴出したいくつかの火山で形成されたこの一帯には、湖沼や湿原が点在し、高山植物や湿原植物の種類も100科1,000種に及び「高山植物の宝庫」とも呼ばれています。

十和田八幡平国立公園

十和田地域

八甲田山〜十和田湖
雄大な十和田湖とそこから流れ出る奥入瀬渓流は豊かな緑と水の美しさをたたえた地域です。

八幡平地域

八幡平〜秋田駒ヶ岳、岩手山
岩手山などの火山のほかアオモリトドマツの森林や美しい湿原が広がります。古くから湯治場が点在し登山と温泉が楽しめます。

十和田八幡平国立公園の貴重な自然

十和田地域の風景

十和田湖
平成25年10月撮影

奥入瀬渓流
平成25年10月撮影

八幡平地域の風景

八幡沼
平成25年11月撮影

黒谷地湿原
(公財)岩手県観光協会


エリアによって様々な楽しみ

八幡平周辺はそのエリアによって見どころはさまざま。ここでは表情豊かなバリエーションをエリアごとに紹介します。

八甲田山・十和田エリアを楽しむ

標高1,585mの八甲田山、周囲約44kmの美しい十和田湖。その十和田湖から流出する奥入瀬渓流など見どころがたくさんあります。

十和田湖平成25年10月撮影

奥入瀬渓流平成25年10月撮影

安比高原・七時雨山エリアを楽しむ

安比高原は、岩手県北西部にある日本有数のオールシーズンリゾート地。七時雨山は、新日本百名山や東北百名山に選ばれています。

安比高原牧場約25Km 安比高原牧場提供

七時雨山 (公財)岩手県観光協会

八幡平エリアを楽しむ

岩手県、秋田県にほぼ等面積で広がる八幡平。岩手側からいくアスピーテライン、樹海ライン、どちらからでも美しい景観を楽しむことができます。

八幡沼平成25年11月撮影

焼走り溶岩流約10Km 平成24年6月撮影

田沢湖エリア楽しむ

秋田県にある湖・田沢湖は日本で最も深い湖である(最大深度423.4m)。このエリアは日本百景にも選ばれている景勝地です。

田沢湖平成25年10月撮影

樹氷(公財)岩手県観光協会

盛岡・雫石エリアを楽しむ

岩手県の県庁所在地・盛岡市は東北の主要都市の一つ。隣接する雫石町はスキー場や小岩井農場が有名です。

雫石スキー場約59Km (公財)岩手県観光協会

小岩井農場まきば園約44Km 小岩井農場提供


八幡平の温泉地を巡る

火山の恵みを受ける八幡平は、東北有数の温泉に恵まれた天然のオアシス。
お気に入りの温泉を見つければ、八幡平の魅力がもっと増すことでしょう。ここでは主に有名な3つの温泉地を紹介します。

藤七温泉(約25.6Km)

標高約1,400mという東日本で一番の高所にある温泉。露天風呂からは、岩手山とともに、ブナやアオモリトドマツといった木々が鬱蒼とする樹海を見下ろすことができます。

ロイヤルシティ八幡平リゾート

松川温泉(約12.5Km)

ブナの原生林に囲まれた渓流沿いに温泉宿が点在。周りに硫黄の匂いがたち込め秘湯のムードが漂います。豊富な湧水量と乳白色のお湯が特徴です。

  • 平成18年6月撮影
  • 平成16年9月撮影

八幡平温泉郷(約4.5Km)

松川地熱発電所の副産物である熱水を利用しています。地下から湧き出すマグマの湯と呼ばれる硫黄泉と八幡平の美しい景観がここに訪れる人を癒してくれます。

  • 平成25年10月撮影
  • (公財)岩手県観光協会

走って爽快2つのドライブコース

八幡平の美しい風景を結ぶのが、「八幡平アスピーテライン」「八幡平樹海ライン」と呼ばれる2つの道路です。
八幡平アスピーテラインは八幡平を 横断する道路。八幡平樹海ラインは、松川温泉と藤七温泉を結ぶルートです。この2つの道路は心躍らせる風景を堪能できるドライブコース。アオモリ トドマツの樹海 と奥羽の山々、咲き誇る高山植物などの風景が続きます。

八幡平アスピーテライン

秋田県と岩手県をまたぎ、八幡平を横断する全長約27kmの道路。開放的な景色の中をドライブしながら、観光スポットを巡ることができます。4月下旬頃から雪の回廊が開通します。

  • アスピーテラインの紅葉平成25年10月撮影

  • 八幡平熊沼付近の紅葉(公財)岩手県観光協会

  • 大沼平成25年11月撮影

  • 雪の回廊(公財)岩手県観光協会

八幡平樹海ライン

藤七温泉と松川温泉を結ぶ道路で、八幡平アスピーテラインと見返り峠で合流します。樹海の中を縫うようなコースで、車窓からの眺めは壮観です。

  • 樹海ライン平成25年6月撮影

  • 松川地熱発電所約13Km 平成24年6月撮影

  • 松川渓谷平成21年10月撮影

  • 太古の息吹約25.3Km 平成18年6月撮影


アスピリンスノーを楽しむ!

八幡平が誇るものの一つ、銀世界に降り積もるサラサラの雪は、パウダースノーよりさらにサラサラな「アスピリンスノー」と呼ばれています。
日本海からの湿った空気が八幡平で仕切られ、湿り気のない雪でスキー、スノーボード、スノートレッキングなどが気軽に楽しめます。ここでは分譲地近くの3つのスキー場を紹介します。

八幡平リゾート パノラマスキー場(約7.5Km)

岩手山中腹から裾野に広がる、絶好のロケーション。中緩傾斜面のロングコース主体で初心者から上級者まで楽しめます。スノーボードのメッカとしても有名。

コースデータ 初級70% 中級30% スキー65% スノーボード35%

  • ●最大斜度:20度
  • ●最大滑走距離:2,700m
  • ●ゲレンデ本数:7コース

八幡平リゾート提供

八幡平リゾート提供

「八幡平リゾートパノラマスキー場」はこちら>>

八幡平リゾート 下倉スキー場(約8Km)

変化に富んだ7コースがバランスよくレイアウトされたスキー場。八幡平の自然に抱かれたブナ林の中を、スキーやスノーボードで駆け抜けるのは痛快。

コースデータ 初級30% 中級40% 上級30% スキー65% スノーボード35%

  • ●最大斜度:37度
  • ●最大滑走距離:2,700m
  • ●ゲレンデ本数:7コース

八幡平リゾート提供

八幡平リゾート提供

「八幡平リゾート 下倉スキー場」はこちら>>

安比高原スキー場(約25Km)

恵まれた自然環境により「アスピリンスノー」と呼ばれる極めて水分の少ないサラサラの雪質と、徹底したゲレンデメンテナンス。国内外スキーヤー&スノーボーダーの憧れのゲレンデです。全21コース、平均滑走距離約2,100m、最長滑走距離5,500m。広大なゲレンデで初心者から上級者まで快適な滑りを満喫。

コースデータ 初級30% 中級40% 上級30% スキー70% スノーボード30%

  • ●最大斜度:34度
  • ●最大滑走距離:5,500m
  • ●ゲレンデ本数:21コース

岩手ホテル&リゾート 安比高原提供

岩手ホテル&リゾート 安比高原提供

「安比高原スキー場」はこちら>>


八幡平市はどんなところ

十和田八幡平国立公園に指定される八幡平をはじめ、岩手県のシンボル・岩手山、さらに安比高原など、全国にその名を知られる観光地や温泉、スキーリゾートを有する八幡平市。
硫黄産出量東洋一を誇った松尾高山(閉山)により栄えた歴史を持ちます。
この八幡平の名前は、征夷大将軍として蝦夷を平定した坂上田村麻呂が景色の美しさを称えて命名したとも、源氏の八幡太郎義家が命名したとも伝えられ、古より名将たちの心をつかんだ雄大な風景は、今なお変わることなく人々を魅了し続けています。
秋田県や青森県と境を接し、交通の便にも恵まれていることから、北東北エリアの交流拠点としてもふさわしい街。
病院など生活利便施設も充実し、保健や病院など生活利便施設、保健や福祉・医療に対する支援制度も充実しています。
人口は2万7,921人(平成26年3月現在 八幡平市調べ)

渓流釣り平成25年6月撮影

トレッキング平成25年10月撮影

紅葉狩り平成21年10月撮影

八幡平の気候
真夏でも30℃を越えるのは数日しかなく、カラッとした気候。冬は岩手八幡平特有の軽く真っ白な粉雪が楽しめ、思いのほか雪も積もりません。除雪体制も整い、高気密・高断熱の住まいでは、冬も暖かく快適に過ごせます。
4月には雪も解け、ゴールデンウィーク頃には桜が見頃に。梅雨の時期でも雨が少なく、アウトドアが快適に楽しめるのもこの地の魅力です。秋の紅葉は10月中旬から11月初旬まで。

ふるさと自慢

八幡平市は花の栽培が盛んで「安代リンドウ」は国内シェア30%と有数の生産量。
ほうれん草の栽培も盛んです。杜仲茶、杜仲豚など地場産の素材を使用したハムやソーセージも自慢の味わい。
また、前森山集団農場の搾りたて牛乳を使ったジェラードは人気商品。
この他、松川温泉の地熱蒸気の成分を利用した「地熱染め」という天然の染色品も、この地域の特産品です。

安代リンドウの花

地熱染め

山葡萄八幡平市産業振興株式会社提供


八幡平がわかる!八幡平リゾートカタログ 無料でお送りいたします 【お申し込みはこちら】
分譲地TOPへ
  • 八幡平リゾート現地事務所
  • 0195-78-3422
森林住宅地へのお問い合わせ

このページの先頭へ



このページの先頭へ