森林住宅地(田舎暮らし・別荘)

  • 森林住宅地とは
  • スロー&ナチュラルライフの始め方
  • 暮らし方紹介
  • 建築実例集
  • スローナ倶楽部

大和ハウス工業トップ

田舎暮らし・別荘

「自然と暮らす家」田舎暮らしを楽しむオーナー様の建築実例をご紹介します。


「木をふんだんに使い、自然との共生を楽しむ家。」 建築実例集 大山S様邸

東・西の幅14mの天井がひと続きとなった大空間。

外観:木をふんだんに使った木造建築。庭は、木や植物がのびのびと育つ自然な趣。
浴室:ヒノキ張りの浴室。温泉が引かれている。庭の手入れの後、昼間でも温泉に浸かるのは最高だそう。

伝統民家の風格と郷愁が漂います。

アメリカ生活の体験から、日本の伝統的な木造建築、そして、住まいを自分たちで考えることの大切さを改めて感じたS様ご夫妻。家づくりを熱心に研究された奥様は、構造はもちろん、外・内装にたくさんの木を使うことを希望されました。

切妻の大屋根と腰壁に焼き杉をまわした外観は、伝統民家の美しい佇まい。玄関ホールからリビング・ダイニング、キッチン、寝室はもちろん、トイレまで、居室の全ての床に檜材が用いられ、腰壁と天井には杉材が使われています。
「調湿機能という性質によって室内が常に快適なだけでなく、木を見るだけで心が和み、落ち着きますね」と満足そうな奥様です。

木の他に内装に使われている材料は、いずれも自然素材。玄関土間には小石が敷き詰められ、浴槽の洗い場の床は石張り。腰壁の上の白い壁は、珪藻土仕上げです。
自然のものに徹底的にこだわり、使った木は、地元の鳥取のものばかり。伐採されて木材になってからも、生まれ育った環境で生き続けさせたいという考えからだそうです。“家にいて森の住む”この家には、自然を敬愛し、大切にするS様ご夫妻の人生観があふれています。

※写真は平成19年7月に撮影したものです
リビング
リビング
東・西の幅14mの天井がひと続きとなった大空間。
オリジナルキッチン
オリジナルキッチン
必要なものがどこにあるかすぐ分かり、出し入れしやすいように、収納扉が設置されていない。
洗面カウンター
洗面カウンター
洗面カウンターには、杉の一枚板が使われている。

ゾーニング

延床面積 / 136m²(41.14坪)
1F / 112m²(33.88坪)
2F / 24m²(7.26坪)
建築面積 / 115m²(34.79坪)
敷地面積 / 661m²(199.95坪)
構造・工法 / 木造軸組工法
設計・施工 / 大和ハウス工業株式会社

大山がわかる! 大山リゾートカタログ(無料) お申し込みはこちら


このページの先頭へ



このページの先頭へ