森林住宅地(田舎暮らし・別荘)

大和ハウス工業トップ

田舎暮らし・別荘

温泉付!北海道の雄大な駒ヶ岳のふもとで、ゆったりと田舎暮らし・定住生活を楽しむ。


ロイヤルシティ鹿部リゾート

鹿部がわかる!鹿部リゾートカタログ(無料)
鹿部リゾート現地案内所 フリーダイヤル TEL:0120-6186-22 FAX:01372-7-2782

鹿部建築実例集
鹿部町のお天気
スローナ倶楽部のご案内 会員情報を無料でお届け。スローライフを楽しむイベント等も開催!(入会費・年会費無料) 詳しくはこちら

エリア情報

鹿部エリアについて 周辺観光施設 生活利便施設

鹿部エリアの魅力

海、山、温泉、リゾート。遊びもグルメもたっぷり

雄大な駒ヶ岳の裾野に広がる鹿部町(約2km) 平成19年5月撮影

駒ヶ岳を背に洋々たる太平洋、内浦湾に面した鹿部周辺には、北海道のリゾート発祥の地として知られる新日本三景の大沼国定公園など見どころやレジャー拠点などが豊富。駒ヶ岳をぐるり一周しながら秀峰の様々な表情を楽しめます。
間歇泉で知られる鹿部温泉郷もあり、海、山に加えて、湯の恵みややすらぎも満喫できます。
また海の幸の宝庫でもあり、地元の旬の味覚を堪能できます。

道南の魅力

鹿部町が位置する渡島半島は北海道道南地域と呼ばれ、観光名所に恵まれたエリアとなっています。その代表が函館。年間約430万人以上の観光客が訪れます。平成21年には「日本で最も魅力的な都市(地域ブランド調査2009/ブランド総合研究所調査)」に選ばれ、美しい夜景や新鮮な海の幸、伝統的な歴史・建物などが人気を集めています。

函館山の眺望

旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が発表した「行って良かった夜景top20、2012」で函館山の夜景がナンバーワン」に選出されるなど函館と言えば夜景。両側に海が見える景色と街並みの夜景が人気です。

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第2版にて三つ星として紹介されました。
ゴールデンタイムは日没後30分

箱館山の夜景がきれいな理由 (1)ちょうどいい高さと距離 (2)海のくびれとコントラスト(トンボロ地形)

歴史と建物

函館は、幕末の開港以来、国際貿易都市として発展してきた街です。地理的に本州に最も近い港町であるため明治時代から海運は発達し、かつては青函連絡船が、現在は定期フェリーが青森との間に就航しており物流の拠点となっています。
また歴史ある函館は、重要文化財を含む伝統的建造物も多く、異国情緒あふれる街並みが都市の魅力を高めています。

朝市

JR函館駅の目の前に広がるのが日本で最も古いと言われている「函館朝市」。三方を海に囲まれ、日本海の暖流と太平洋の寒流が流れ込む好魚場に恵まれていることもあり、多くの種類の新鮮な魚が並びます。魚介や野菜など400余のお店が朝5時から始まっています。もちろん海鮮丼のお店も目白押し。

駅前朝市

(1)・(2)

分譲地から約47km 平成23年6月撮影
※ (1) (2) … 写真提供 (一社)函館国際観光コンベンション協会

温泉

道南渡島、檜山地域には温泉施設が47カ所もあり、その中で代表的な温泉が、かつて函館の奥座敷と呼ばれ、空港から車で約5分の距離にあるはこだて湯の川温泉です。

はこだて湯の川温泉

湯の川は海あり、山あり、温泉あり、と親しまれています。函館に訪れた宿泊客300万人のうち、180万人が湯の川温泉街に泊まるといわれている名湯です。

分譲地から約50km
写真提供 湯の川温泉旅館協同組合・(一社)函館国際観光コンベンション協会

道南の気候

夏は涼しく、積雪の少ないエリア、渡島半島

道庁所在地である札幌と、渡島半島の中心・函館の気候を比べてみました。
夏は気温が比較的上がらず、冬の雪が少ない。それがこのエリアの特長です。

写真提供 (一社)函館国際観光コンベンション協会

函館の7月の平均気温は19.7度。これは東京でいえば10月並みの涼しさです!

※東京の10月の平均気温18.5度=気象庁調べ

北海道の南の玄関口 : 函館

飛行機をご利用の場合

函館空港へは、東京、大阪、名古屋、札幌などから直行便があります。
函館空港から市の中心部まではシャトルバスで約20分、とても便利です。
(データは2013年7月上旬のもの。ご利用の際は、各社にご確認をお願いします)

北海道新幹線のルート 2016年 新函館北斗駅開業

2016年3月に北海道新幹線が開業しました。
東京駅から新函館北斗駅まで、乗り換えなしの最速4時間2分で結ばれました。
尚、新函館北斗駅より鹿部リゾートまでは車で約35分と交通アクセスが大変よくなりました。

2016年度北海道新幹線新函館北斗駅開業 新函館北斗から東京間 約4時間2分 ※所要時間は国土交通省の資料による。実際の停車駅や所要時間は営業主体であるJRが決定します。

お車でお越しの場合

北海道の南部。函館空港から車で約1時間10分。山と海に抱かれて広がる「ロイヤルシティ鹿部リゾート」。
北海道の玄関口となる渡島半島に位置し、道内観光の拠点にも便利です。

北海道の南の玄関口から車で約1時間10分のアクセス

エキゾチックな街道や四季折々の景観と大自然を育んだ鹿部エリア

駒ヶ岳を背に洋々たる太平洋、内浦湾に面した鹿部周辺には、北海道のリゾート発祥の地として知られる新日本三景の大沼国定公園など見どころやレジャー拠点などが豊富。駒ヶ岳をぐるり一周しながら秀峰の様々な表情を楽しめます。

いろいろな表情を見せる大沼国定公園(約20km)


  • 平成20年9月撮影

  • 平成20年9月撮影

  • 平成18年6月撮影

  • 平成19年10月撮影

大沼国定公園 道南の函館の近くにあり、秀峰「駒ヶ岳」や大沼など、3つの湖沼と森からなり、春から夏の美しさが魅力です。

鹿部町とはどんなところ?

アイヌ語の「シケルペ」が町名の由来となった鹿部町。
「シケルペ」とは「キハダのある所」の意で、アイヌが神聖な木として尊重していた「キハダの木」が多くあったため、この名がついたと言われています。
北海道でも春の訪れが早い渡島半島東部に位置し、駒ヶ岳のゆるやかな稜線が海と出会う場所に位置する潮の香りに満ちた町。晴れた日には対岸の室蘭市や羊蹄山を望めるなど、眺望もダイナミックです。
道南有数の地熱地帯で温泉も多く、8月には「しかべ海と温泉のまつり」が盛大に開催されます。
秋には中心部の鹿部川に放流した鮭が遡上。
全国でも珍しい間歇泉があり、足湯の施設を備えた公園は観光名所となっています。
人口4,766人(平成22年10月1日現在 鹿部町調べ)
吹き上げる間歇泉!
※鹿部町役場提供

鮭が遡上する鹿部川 平成19年10月撮影

朝焼け 平成19年10月撮影
鹿部町の気候

鹿部町は北海道の南端渡島半島東部駒ヶ岳山麓の一角に広がり、気象は一年を通じて温暖です。
例年11月には初雪が降りますが、年内の降雪は少なくホワイトクリスマスにならない年もあります。
3月下旬には積雪も終わり、道内でも早い時期にゴルフ場がオープンします。春と秋が長く、夏でも平均25℃位で、湿度が低く爽やかで過ごしやすいのが特長です。

ふるさと自慢

内浦湾という豊かな漁場に恵まれ、道南地域の中でも水産王国と称される漁業町。大小3つの漁港から一年を通じて水揚げされるタコ、カレイ、ホッケはもちろん、脂ののったサクラマスや旨味のある高級真昆布が味わえます。
冬場はタラコの原料となるスケソウダラ漁が盛んで、塩分控えめの鹿部産タラコは全国的にも有名。水揚げされたばかりの新鮮な活ホタテも味わえ、地元で開催される物産市ではタラコやホタテをはじめ、様々な水産加工品が手に入ります。


大粒のホタテ

おいしい鹿部産タラコ

北海道といえばホッケ

鹿部がわかる!鹿部リゾートカタログ 無料でお送りいたします 【お申し込みはこちら】
分譲地TOPへ
  • 鹿部リゾート現地事務所 
  • 01372-7-6868
森林住宅地へのお問い合わせ

このページの先頭へ



このページの先頭へ