森林住宅地(田舎暮らし・別荘)

大和ハウス工業トップ

田舎暮らし・別荘

温泉付!宮城蔵王の山々のふもとで暮らす。別荘、定住どちらにも適しています。


ロイヤルシティ宮城蔵王リゾート

宮城蔵王がわかる!宮城蔵王リゾートカタログ(無料)
仙台森林住宅営業所 TEL:0224-34-3706 FAX:0224-34-3718

蔵王町のお天気
スローナ倶楽部のご案内 会員情報を無料でお届け。スローライフを楽しむイベント等も開催!(入会費・年会費無料) 詳しくはこちら

ロイヤルシティ宮城蔵王リゾート エリア情報

宮城蔵王エリアについて 周辺観光施設 生活利便施設

宮城蔵王の魅力

蔵王連峰の宮城県側 自然・観光・温泉が揃うリゾート


紅葉が美しいエコーライン 宮城県観光課提供

蔵王連峰の宮城県側で蔵王エコーラインに隣接する、まさに蔵王観光の拠点。周辺には「こけしの里・遠刈田温泉」や、伊達藩ゆかりの「青根温泉」など、湯治場として名高い温泉が点在。「みやぎ蔵王えぼしスキー場」や、「宮城蔵王すみかわスノーパーク」も近く、渓流釣りのできる川も流れ、山あり、川あり、温泉ありの1年中楽しめる環境です。
宮城蔵王エリアから東北の経済や文化の中心、仙台駅までは約45km。
また東北自動車道の村田ICや、白石ICからは車で約30分で到着できる環境。アクセスの良さで行動範囲が広がります。

蔵王連峰の奥深い自然

蔵王の自然の源 奥羽山脈の特徴

蔵王連峰が位置する奥羽山脈は東北地方を太平洋側と日本海側を大きく二分する脊梁(せきりょう)山脈です。北は青森県から南は福島県まで約500kmにわたってのび、長さでは日本一の山脈です。
随所に温泉が湧出し、ブナ原生林などの植生と相まって壮大な山岳景観を誇ります。
また、5つの国立、国定公園に指定されている自然豊かなエリアです。

奥羽山脈の特徴

  • 東北地方の中央線
  • 6県にまたがる日本最長の山脈
  • 山脈に沿って温泉、鉱山が多く、
    ブナ・ナラ等が茂る
  • 東は太平洋側気候 ・ 西は日本海側気候

5つの国立・国定公園

  • 十和田八幡平国立公園
  • 磐梯朝日国立公園
  • 栗駒国定公園
  • 日光国立公園
  • 蔵王国定公園

緑の回廊・奥羽山脈

森と森との間を保護林や水路などでつなぐことにより、動物が生息地間を行き来できるようにすることで生物多様性を確保しています。このような植物群落を「緑の回廊」と言います。
「緑の回廊」は林野庁が全国24箇所に設定し、奥羽山脈も生物多様性保護の重要なエリアとして指定されています。

奥羽山脈は生物多様性保護の重要なエリア

蔵王国定公園

蔵王国定公園は宮城・山形両県にまたがる蔵王山を中心とする国定公園です。仙台市や山形市などの都市に近隣していることもあり、四季を通じて多くの観光客が訪れます。
火口丘や火口湖など変化に富んだ火山景観が特長。
高山植物、樹氷が美しく、スキー場も多いリゾート地のメッカでもあります。

蔵王国定公園の特長…名峰蔵王を中心とした山岳公園 北蔵王…… 岸壁が連なり美しい渓谷があります 中央蔵王… 象徴であるお釜や滝が有名です 南蔵王… 湿原が広がり樹氷原が美しいエリアです

蔵王連峰…不忘山・屏風岳・後烏帽子岳・刈田岳(1,758m)・熊野岳・名号峰・雁戸山

春の蔵王連峰 宮城県観光課提供

釜尻糊と蔵王連峰 宮城県観光課提供

お釜 平成12年6月撮影

東北旅行の基点

蔵王のあるエリアは東北3県のほぼ中心に位置し、また東北道、山形道にも近いので東北観光の拠点として便利なエリアです。

山形県 最上川舟下り(約131km)  宮城県 松島(約71km)  福島県 五色沼(約112km)

蔵王の温泉を巡る

蔵王エリアは温泉の宝庫。分譲地から車で約5分にある遠刈田温泉には公衆浴場もあり、誰でも気軽に温泉を楽しむことができます。また、少し足を伸ばせば青根温泉や峩々温泉などの名湯めぐりも楽しめます。

青根温泉(約4km)

遠刈田温泉(約1.8km)

峩々温泉(約7.1km)

見どころいっぱい 蔵王エコーライン・ハイライン

蔵王エコーラインを走ると、2つの滝を一望できる滝見台、荒々しい火口風景のなかで夏には高山植物の女王「コマクサ」が咲き誇る駒草平、エメラルド色に輝く火口湖お釜など、はるか昔、噴火を繰り返したことでつくられた、ダイナミックな風景に出会えます。
秋には真っ赤な紅葉が見渡せる格好のドライブコースです。

蔵王ハイライン 宮城県観光課提供

お釜 平成23年11月撮影

駒草平 (約14.1km) 宮城県観光課提供

えぼしスキー場(約8.8km) 平成19年3月撮影

滝見台(約5.1km) 平成19年11月撮影

雪の回廊 宮城県観光課提供

オーナー様コメント
トレッキングやスキー、温泉が楽しめます。高山植物や野鳥の観察ができ、癒されます。

蔵王町とはどんなところ?

国際線の飛行機ナビモニターに映し出される日本地図に必ずというほど表示されるのが、”FUJI”とともに”ZAO”の名称。宮城県南西部に位置し、町の西部は蔵王国定公園に指定。蔵王連峰に連なる高原地帯は、貴重な野鳥や高山植物の宝庫で、名所「お釜」や、「遠刈田温泉」などが観光拠点。町の中央を流れる松川上流は、美しい渓谷の景観を作り出しています。 人口は1万2,897人(平成25年9月30日現在 蔵王町調べ)

美しいコマクサの花 宮城県観光課提供

渓流で魚釣り 平成22年6月撮影

冬には樹氷も 宮城県観光課提供

蔵王の気候
おおむね東北太平洋側の気候で、東北地域では比較的温暖な気象条件にあります。春は桃や梨の花が咲き誇り、春から秋には「蔵王エコーライン」が開通。夏の平均気温は約25℃で涼しく爽やか。山岳地帯では高山植物の女王”コマクサ”などの花々に出会えます。秋は紅葉やキノコなど、冬はウインタースポーツや樹氷鑑賞も楽しめます。

ふるさと自慢

四季の恵みが豊かな蔵王では、果樹や野菜栽培、酪農が盛んです。山菜やキノコなどの山の幸、地元特産のモモやナシ、リンゴなどの果物、蔵王育ちの牛の乳から作られるチーズや乳製品は全国的に人気です。火山灰質の畑で育まれる、甘い「高原大根」も特産。また、こけしの里としても知られ、「遠刈田伝統こけし」は東北でも有名です。

伝統の遠刈田伝統こけし

人気の蔵王チーズや乳製品

いも煮 宮城県観光課提供

宮城蔵王がわかる!宮城蔵王リゾートカタログ 無料でお送りいたします 【お申し込みはこちら】
分譲地TOPへ
  • 宮城蔵王現地販売センター
  • 0224-34-3706
森林住宅地へのお問い合わせ

このページの先頭へ



このページの先頭へ