中古住宅の購入、住宅の売却、 リノベーション・リフォームは大和ハウスグループのLivnessにご相談ください。

コラム
<リノベーション>
リノべーション費用にも
住宅ローンが借りられるの?

低金利・長期返済で、毎月の返済負担を抑えた住宅ローンは、借り入れ額が大きくなる住宅購入の際に大きな助けになってくれます。リノベーション費用には通常使えませんが、「購入費用+リノベーション費用」を一本化し住宅ローンとして利用することができるサービスもあります。

POINT 01 リノベーション費用の目安は(1)-戸建ての場合-

資金計画を立てる前に、リノベーションにどのくらいの費用がかかると考えておけばよいか、まず戸建てのケースを考えてみましょう。戸建ての大半を占めるのが木造住宅です。内装仕上げをすべて撤去し、骨組みに戻してから行うリノベーションは、費用の想定が難しい面があります。

それは構造補強がどこまで必要になるか、見通しが立てにくいということです。土台や柱、梁などの状態を、工事前にすべて把握することはできません。

一部、壁を剥がして確認するということはできますが、着工して解体してみたら構造に関わる木部の多くが傷んでいて交換が必要になった、というケースは少なくなく、その場合、想定していなかった大きな費用が掛かってしまいます。

構造の補強、間仕切り、内装、設備にどのくらい費用をかけるか、解体後の状況に合わせて、ご予算の範囲内で計画することになります。

木造住宅のリノベーションは、費用がかかりそう・・・

POINT 02 リノベーション費用の目安は(2)-マンションの場合-

木造住宅と異なりマンションでは構造躯体には手を付けません。

構造躯体は共有部分のため手を付けることができないのです。木造住宅のように、内装仕上げを撤去してみたら想定していない補強工事が必要になった、ということはないので、比較的予算管理しやすいと言えます。

コンクリートの躯体の内部(室内)を自由にデザインし、新たに間仕切りを行い、内装をつくり上げていくのが、マンションのリノベーションです。

間取り変更の自由度は高く、内装仕上げやインテリアも思いのままにつくることができるため無垢の床や高級タイル、大理石、フルオーダーキッチンなどを贅沢に揃えれば揃えるほど、費用も高額になります。

内装、設備、素材、デザインにこだわるときりがないわ!

POINT 03 資金計画はどうするか

いずれにしてもリノベーションには高額の費用がかかります。もちろん、リノベーションの土台となる中古物件の購入費用が必要ですから、両方を合わせると場合によっては数千万円の資金を用意することになります。

自己資金や親からの贈与で全額を賄うというケースは稀で、多くの場合まとまった額のローンを組むことになります。このとき、新築分譲住宅の購入であれば、土地と住宅はセットで一本のローンで済みますが

中古物件の購入+リノベ-ションを行う場合、住宅購入でひとつのローン、リノベーションでもう一つのローンという形になるのが一般的です。

当然、ローン手数料や保証料、契約時の印紙税などローン関係諸費用とあわせて、すべて2本分になります。また、住宅購入には金利が低く長期返済が可能な住宅ローンを使えますが、リノベーションでは利用できないため、無担保で金利が高めのリフォームローンを使うことになります

なお現在は、住宅ローン減税をはじめ、すまい給付金や次世代住宅ポイント制度など、住宅取得に関する様々な支援策があります。こうした支援制度を念頭に置きながら、資金計画を立てていきましょう。

補助金などの情報もチェックが必要だね

POINT 04 中古物件の購入とリフォーム費用を一体にしたローンがある

中古物件の購入とリノベーションでは別立てのローンになり、費用負担や金利負担が大きくなると紹介しましたが、
中古住宅の購入とリノベ-ションをワンストップで引き受ける不動産会社では、金利の低い住宅ローンに一本化できるところがあります。

Livnessでも、一定の条件を満たせば物件の購入費用とリノベーション費用を合わせた総額を一本のローンとすることが可能であるため、ぜひ利用したいものです。

理想の住まいのため、賢く住宅ローンを組むためにも「中古住宅購入+リノベーション」をワンストップでできる会社を選びましょう。

ワンストップで依頼できる会社はメリットが多い!

コラム一覧へ戻る

住みかえやリノベーションをお考えの方は!

Livnessへお問い合わせ