中古住宅の購入、住宅の売却、 リノベーション・リフォームは大和ハウスグループのLivnessにご相談ください。

お問い合わせはこちら

case07
2間続きの和室をつなげて広いLDKにし、
明るい日差しが似合う南欧テイストの家に一新 (東京都 K様)

アプローチから南欧風でまとめられた、明るい日差しが似合うK様邸。しかし、19年前に1・2階で独立した2世帯住宅として建てられた家は、2間続きの和室が中心で、間取りもデザインも、夫婦と長女の3人暮らしにはあまりフィットしていませんでした。老朽化したキッチンの改修を考えたことがきっかけで、気になっていた間取り変更も合わせての全面リフォームを決意。「イタリアのマンマのキッチン」のイメージをテーマに、大胆なデザイン&間取り変更を行い、さらに庭と外構までトータルコーディネート。生まれ変わった住まいで、「テラスにピザ窯をつくってガーデンパーティを催したい」と、新たな暮らしの夢を膨らませるK様です。

対象物件
戸建て
リフォーム面積
202m2
家族構成
夫婦+子ども1人
工期
2.5カ月
間取り
1階3LDK・2階3LDK→1階2LDK・2階2LDK
施工会社
大和ハウスリフォーム株式会社
築年数
19年

和室主体の家が、明るい日差しが似合う南欧風に

Living+Kitchen 夫婦の趣味を充実させるリビングとキッチン

映画鑑賞が趣味というK様の希望で、ラウンジチェアに座ったときの目線の高さでテレビ台をオーダー。その壁面にダークグレーのタイルをあしらい、テレビモニターの黒色がよくなじむようにしました。また、白い床とブルーの塗り壁は、すぐ隣に続くキッチンの南欧風デザインに合わせたもの。写真右側の2つの窓は、腰高から掃き出しに変えて、より多くの光を取り込むようにしました。

パン作りが趣味という奥様の希望で、平均的なサイズよりも調理スペースを広めにカスタマイズしたアイランド型キッチンを採用。キッチンとダイニングの床にはテラコッタタイルを敷き、南欧風のイメージに。リビングから庭先まで視界が広がる開放感で、そこにいることが楽しめる居心地のいいキッチンに仕上がりました。

Others 異国情緒あふれる外観

外壁にはオレンジ系のタイルを張り、門扉から玄関ドアに続く地面にもサークル模様にタイルを敷き詰めた。また、アプローチから見えるテラス部分には、南欧風のパーゴラ(日よけ棚)とシェードを設置。外構までのトータルデザインで、異国情緒あふれる住まいとなりました。

Wardrobe 大型収納スペースを設置

2階にあった小さな洋室2つをつなげて、広い1室に。奥側にあった洋室に入るための通路が不要になったので、大型の収納スペースに変更。容量が増えただけでなく、「しまいごこちイージークローク」を採用することで、洋服や小物を分かりやすく収納。衣替えも楽に行えるようになりました。

Bathroom たっぷり収納付きのバスルーム

1階の洗面・浴室は、以前キッチンだった部分まで広げ、空間にゆとりを持たせました。浴槽や洗面設備を一新し、洗面化粧台には充実した収納スペースを確保。タオルやパジャマ類をたっぷり収納できるようになりました。

Restroom タンクレスタイプで広々

1階のトイレは、タンクレスタイプのトイレに変えたり、奥行きの浅い収納にすることで、床面積はそのままでも空間の有効面積が拡大。扉も引き戸にしたので、車いすでも使えるようになりました。

※ 実例に掲載されている内容は、ヒアリング時の情報です。

担当者のコメント・アドバイス

1階の空間を大きく占めていた2間続きの和室と広縁を一体化させ、LDKをそこに移動。腰高の窓を掃き出し窓に変えるなどしてさらに採光性を高め、明るく広々とした南欧風のLDKに一変させました。キッチンなど、傷みが気になった設備類はすべて最新のものに入れ替え、内装も全面改装。また、庭と外構も南欧風にトータルコーディネートすることで、全く新しい住まいのように生まれ変わりました。ご夫婦それぞれの趣味とセンスが結実した仕上がりに、「夢がかないました」と喜んでいただきました。 ── 大和ハウスリフォーム株式会社