賃貸住宅経営
  • 賃貸住宅経営について
  • 賃貸住宅経営開始までの流れ
  • 賃貸住宅経営サポート体制
  • 税金について
  • 事例紹介
  • 商品紹介
  • 相談する
  • 活用一覧

土地活用をお考えの方へ、賃貸住宅・賃貸マンション経営のご提案

10年後にも選ばれる賃貸住宅を目指して

先を見据え、建て替えを決意

長年、15棟の賃貸住宅を経営されてきたオーナー様は、これまで管理会社に委託せず、ご自身で建物管理をされてきました。そのご経験から、ご入居者がお部屋をどう使うのかを熟知されています。動線を考慮した間取り、メンテナンス性や使い勝手のいい設備の導入など、こだわりの賃貸住宅が完成しました。

建て替え前の賃貸住宅。

建築地には2階建て2DKのファミリー向け賃貸住宅が2棟建っていました。入居状況は悪くなかったものの、近年はリビングのあるLDKタイプの間取りが人気があるということもあり、建て替えを決意されました。建て替えるにあたり「10年先にもご入居者が満足して入居してくださるか」という視点でこれまでの集大成となるお部屋づくりが始まりました。

細やかな配慮でご入居者のライフスタイルを応援

広い敷地には26台の入居者用駐車場があり、エントランス前のアプローチには、段差をつけて歩車道を分離しています。「駐車場から荷物をお部屋へ運ぶのに、高い段差があったら不便」と、その段差の高さも考慮されました。
駐輪場は、放置自転車を防止する為エントランスの正面に設置しました。外部から見えないように三方に目隠しをつけ、高級自転車を停めても盗まれないようにと配慮されています。

駐車場から庭へと出入りできるよう、1階専用庭は各戸に鍵付きの扉がついています。

各専用庭(1階住戸のみ)は散水栓付き。南側は駐車場なので日当たり良好です。

共用部のベンチ。小さなお子様が遊んでいるのをちょっと腰かけて眺めたり、ご入居者同志の交流にも。

エントランス前に設置された駐輪場。外部の方から覗かれにくいようにと、目隠しで覆われています。

住み心地にもライフサイクルコストの抑制にもこだわった内装

15世帯のお部屋の床や建具といった内装は、木の素材感に暖かみを感じるナチュラルな印象のインテリアスタイルでコーディネートされていて、心地よさを感じます。玄関から、廊下にかけて調湿素材の室内用タイルがインテリアのアクセントにもなっており、おしゃれな印象に仕上がっています。(一部の住戸)
玄関には、姿見付きで収納力も大容量のシューズボックスを採用し、ゆったりとさせました。家事・生活動線に配慮しつつも、どの部屋もしっかりと収納スペースを確保しています。
オーナー様は建具にもこだわりました。居室や洗面室の出入り口は、「引き戸」を採用しています。開き部分が邪魔にならないという理由だけではありません。小さなお子様がドアノブに頭をぶつけないようにと安全性へ配慮しています。その上、メンテナンス性も考慮されました。開き戸にした場合、そのドアノブに物をぶら下げてしまうご入居者がいると、重みで傷みやすくなってしまうので、トイレと玄関以外を引き戸にし、ライフサイクルコストを抑制するよう工夫されています。

シングル向けの1LDKの間取り。キッチンに面した洗面室。出入り口が引き戸になっていて邪魔になりません。

1階部分の北側は、防犯のため格子を設置しています。通路・階段室を広めにとり、家具の搬入に配慮しています。

朝の忙しい時間にご家族で並んで洗面室を使うことを考え、大きな1面鏡の洗面台を採用しました。洗面台横の収納ボックスも魅力です。

キッチンサイドにあるパントリー(左)や玄関のシューズボックス(右)を広めにとり、たっぷりの収納スペースを備えています。

玄関から廊下にかけて調湿タイルを導入。アクセントの効いた素敵な空間です。

北側の居室と南側の居室の間に備えてあるウォークスルークローゼット。回遊できるようになっています。

角のお部屋には戸建て住宅用のシステムキッチンを導入。

アクセントクロスでおしゃれな雰囲気を演出します。

採光にも配慮しました。

LDKの出入り口。小さなお子様が頭をぶつけないよう、ドアノブのない引き戸を採用しています。

建具・カウンターなどが木目調インテリアのお部屋。

2・3階のご入居者には、建物北側に物置を備えました。冬用タイヤやレジャー用品などなどの収納に重宝します。

※設備・仕様などは、部屋により異なります。

1棟15戸[群馬県]

構造・規模 軽量鉄骨造、地上3階建
敷地面積 1,385.6m2
間取り 1LDK・2LDK・3LDK

オーナー様の声

この建物はオーダーメイドで、細かいところまで注文して作り上げたものです。中でもご入居者の使い勝手とメンテナンス性は特に重視しました。例えば、しまいきれなかった靴が出ていたせいで玄関に日焼けムラができることがあります。ですからシューズボックスは金額が高くなっても少しでも収納力の多いものを採用しました。
快適に暮らせ、設備・建具のもちもよくなるように、あらゆるものを自ら吟味した、自信のある注文賃貸住宅なのです。

担当者から一言

オーナー様は、オーナー会の会長を長年務められた賃貸住宅経営の大ベテランでいらっしゃいます。こだわりの間取り・設備が各所にちりばめられているので、支店内の社員も多数見学させて頂きました。長年の賃貸住宅経営のご経験やオーナー様ご自身で建物管理を行ってこられたノウハウが今回の計画に多く盛り込まれております。建物の資産価値を高め、維持出来、ご入居者に満足頂けるお部屋を提供したいというオーナー様のお考えなど大変勉強になりました。

  • 賃貸住宅建築について相談する

  • TOP

このページの先頭へ

賃貸住宅経営開始までの流れ

商品紹介