賃貸住宅経営
  • 賃貸住宅経営について
  • 賃貸住宅経営開始までの流れ
  • 賃貸住宅経営サポート体制
  • 税金について
  • 事例紹介
  • 商品紹介
  • 相談する
  • 活用一覧

土地活用をお考えの方へ、賃貸住宅・賃貸マンション経営のご提案

遊歩道のある川辺の景観価値をさらに高めるスタイリッシュな賃貸住宅。

建てたいイメージを描き、長く愛着を持ち続けられる賃貸住宅に。

先々代が賃貸住宅経営を始められ、すでに16棟を数えるというオーナー様は三代目。相続対策などの将来を見据え、ご兄弟、ご子息とともに所有・管理のための会社を設立、その会社の事業としての第1号が今回の賃貸住宅建設でした。
建築地は、広大な区画整理地の中でも、市が川辺のプロムナードとして美しく整備した遊歩道に接する魅力ある立地。そこに、どのような建物を建てるか。オーナー様は建てたい賃貸住宅のイメージを描くために、インターネットで数多くの建物をチェックしたり、いろいろな街の賃貸住宅を見て回ったり、インターネットで調べたりしたそうです。法人化後初の事業なので、建設会社はコンペティションで選ぶこととし、「遊歩道のある川辺の景観を活かした賃貸住宅」「セキュリティに配慮した賃貸住宅」を課題に、4社にプラン提案を依頼。その結果、選ばれたのがダイワハウスでした。
ダイワハウスは、ご要望にお応えする意匠性と機能、ご入居者の使い勝手を考えて最善を尽くして設計しました。
建物には耐火構造の「セジュールオッツ-T」を採用して重厚感を表現するとともに、三角形の土地に沿って雁行させた変化のあるプロポーションや、白を基調とした外壁に縦と横のルーバーが映える印象的な外観デザインをご提案しました。
景観に配慮した外観としただけではなく、生活動線に川辺のプロムナードを活用するというアイデアを盛り込みました。ご入居者は、駐車スペースに車を止めたら一度遊歩道に出てからエントランスに入ることになります。セキュリティへの配慮については、当社独自の防犯配慮型仕様をご提案。建て方は風除室タイプとし、エントランスにはオートロックを採用。各住戸はホームセキュリティや1階窓の防犯合わせガラスなどで安全性・防犯性を高めました。オーナー様は「各社各様に魅力的な提案をしてくれましたが、15年後、20年後まで愛着を持ち続けられるかという観点から、ダイワハウスのデザインとコンセプトに一番心ひかれました」と、選んだ理由を話されます。

縦横のルーバーが美しい、川辺のプロムナードに面したバルコニー。

白を基調とした外壁。

三角形の土地に合わせて建物を雁行させました。

館銘板と外観。プロムナードに調和しています。

どの部屋にも魅力がちりばめられている。住む人やライフスタイルを想定した空間デザイン。

外観もさることながら、建物の顔となるエントランスや室内設計にもこだわりが詰まっています。
エントランスにはオートロックの操作盤や自動ドア、ポスト、宅配ボックスまでデザインを重視して選択。壁にはステンドグラスが飾られ、ご入居者の目を楽しませてくれます。 お部屋の内装は、ご入居者像をある程度イメージして、Clear・Urban・Flexible・Prettyという4つのテーマに分けて、間取りとインテリアにバリエーションを持たせ、テーマごとに床・クロス・建具・玄関ドアに変化を持たせました。大理石調のフロアと濃色の建具がクールなClear。落ち着いた大人の洗練さを表現したUrban。趣味を満喫するフリースペースのあるFlexible。そして、生活を楽しむ女性をイメージしたPretty…。デザインやカラーリングはご入居者世代に近いご子息の意見を中心に決定しました。今時のご入居者にうれしいスマートフォン用のUSB充電ポートも設置されています。
こだわりの最後は外構。モダンな建物に似合うハナミズキとシマトネリコのシンボルツリーや大小の植栽、石貼りを施したおしゃれなアプローチなど、視線が集まる川辺のプロムナードにふさわしい演出がされています。中でも、夜のライトアップは印象的です。館名が青く浮かび上がって見える銘板をはじめ、敷地のあちこちに設置されたライトが灯ると、昼とは別世界のロマンチックな雰囲気に包まれます。

お部屋のテーマは「Clear」。大理石調の床材がスタイリッシュな印象を与えます。

テーマ「Urban」。濃色のインテリアが都会的な印象を醸し出しています。

「Flexible」。写真奥のフリースペースは、サンルームとして利用できます。開放すれば大空間のリビングにもなり、多様な使い方ができます。まさに自由度の高い空間です。

「Pretty」。お部屋のところどころにかわいらしさを感じさせる色を住設備にも入れました。

高級感のあるエントランス。ガラス戸の自動ドアを採用しました。

日が暮れるころの夕景。ロマンティックな印象になります。

駐車場方向からの敷地入り口に配置したゲートと外構。アプローチの路面には天然石を敷きおしゃれに仕上げています。

ライトアップされた外観。ルーバーからこぼれる明かりが優しい印象に。

1棟12戸[埼玉県]

構造・規模 軽量鉄骨造 地上3階建
敷地面積 621.18m2
間取り 1LDK・1LDK+S(納戸)・2LDK

オーナー様の声

あちこちの住宅を見学していた際、その建物があることで街並みがグレードアップしている実例に出会い、建てるなら、地域の景観価値を高める建物にしたい、多くの物件の中で選ばれる賃貸住宅にしなければと考えていました。だから、デザインにもディテールにもこだわりました。例えば、外壁に戸建住宅用のもの、壁紙にはメーカーから直接取り寄せたものを採用したのですが、用意されたものの中から妥協して選ぶのではなく、望むイメージを実現するにはどうすればいいかと考えた結果でした。私たちのわがままとダイワハウスの努力で素晴らしい建物ができたと思っています。どんな小さな部分についてもイメージのズレがないか心を配り、細部まで入念な施工できっちり仕上げてくれたので、描いた夢を壊さない大満足の賃貸住宅が実現しました。

担当者から一言

<営業担当> オーナー様ご自身がターゲットやデザインを絞り込み、建てたい賃貸住宅のはっきりしたイメージや拘りをお持ちで、営業だけでなく、設計・工事部門と企画から施工に至るまで一緒につくり上げた賃貸住宅でした。こういう仕事に携われて、非常に勉強になりました。また、高低差のある敷地の活かし方や外構に工夫を重ねた設計担当のデザインを評価していただき、ありがたかったです。
<設計担当> 遊歩道沿いの魅力ある立地での賃貸住宅設計。デザイン性や景観への貢献など、オーナー様のご要望に大いにやりがいを感じました。遊歩道からの視線に映える立体感のある外観やラグジュアリー感が出せることからセジュールオッツ-Tを採用し、遊歩道に直結するエントランス設計に工夫を凝らしました。
<ダイワリビング担当者> 新築物件にご案内すると、「きれいですね、住みやすそうですね、考えてみます」と言われることが多いのですが、今回は「ここがいいね」と具体的に気に入ったところを言ってくださる方が多いです。ご入居者に響いていることが分かり、特徴ある建物は違うなと実感しています。

  • 賃貸住宅建築について相談する

  • TOP

このページの先頭へ

賃貸住宅経営開始までの流れ

商品紹介