賃貸住宅経営
  • 賃貸住宅経営について
  • 賃貸住宅経営開始までの流れ
  • 賃貸住宅経営サポート体制
  • 税金について
  • 事例紹介
  • 商品紹介
  • 相談する
  • 活用一覧

土地活用をお考えの方へ、賃貸住宅・賃貸マンション経営のご提案

賃貸住宅経営について

安定した賃貸住宅経営のために目的・機能別に土地の活用方法を知る

賃貸住宅経営・アパート経営・マンション経営をお考えの方へ、安定した賃貸住宅経営のために目的・機能別に土地の活用方法を知る。

土地活用の種類と特徴を知ってその土地に合った有効活用方法を見つける

土地の活用方法には様々な形があり、土地の立地条件・広さ・周辺の市場環境など条件によって異なる可能性があります。まずは土地活用の種類や特徴を把握して、お持ちの土地の活用方法を検討しましょう。

    メリット デメリット
自分で使う
(残す)
自宅用地
  • ○自由に使える。自由に処分できる(売却できる)。
  • ○自前の土地で営業活動ができる。
  • ○農地からは農業収入を得ることができる。
  • ○収益を上げられない。
自営業の土地
農地
更地
  • ○短期的な貸し出しが可能になる。
  • ○管理が大変で、固定資産税や都市計画税の軽減がない。
土地だけを貸す 駐車場
  • ○周辺で需要が見込まれる場合、時間貸しや月極などのほか、立体式や機械式の駐車場として活用できる。
  • ○倉庫や工場などの近くでは、建設資材や建築機械置場として活用できる。
  • ○投下資本が少なくてすむ。
  • ○定期借地は契約満了後、必ず返ってくる。
  • ○駐車場は固定資産税や都市計画税の軽減がない。
  • ○借地契約期間中は自分で使用できない。
資材置場
定期借地
建てて貸す 事業用
  • ○貸しビルや貸し倉庫、店舗、事務所は立地次第で高収益が見込める。
  • ○マンションや賃貸併用住宅、サービス付き高齢者向け住宅などの居住用は継続的な安定収益が見込める。
  • ○貸しビルや貸し倉庫、店舗、事務所は景気に左右されやすい。
  • ○初期投資が必要で、維持管理費がかかる。
居住用
その他

賃貸住宅経営と資産運用

低金利が続き、預貯金の金利での収入がほとんど期待できない中、注目されているのが、比較的少ないリスクで運用できる「賃貸住宅経営」です。入居者ニーズをとらえた建物を建て、市場に基づいた適切な賃料設定などの経営計画で運営する賃貸住宅からは、安定した収入が見込めます。

賃貸住宅経営は安定した収入が見込めます
資産運用の種類 内容
金融機関に預ける(預貯金) 低金利が続き、リターンという面の魅力は乏しい。長期的に見た場合、インフレリスクもある。
金融商品を買う
(株式・債券・投信)
大きいリターンが期待できる一方、リスクも大きい。経済や為替などの専門知識が必要で、相場を読む力と迅速な投資判断が求められる。
賃貸住宅を経営する 空室リスクはあるが、土地を有効活用できるうえ、長期にわたり安定した収入が見込める。

賃貸住宅経営、その一歩を踏み出す時は、私たち、ダイワハウスがお手伝いをさせていただきます。

商品紹介

賃貸住宅経営・アパート経営・マンション経営をお考えの方へダイワハウスでは、
目的に合わせて様々な商品をご用意しております。

おすすめ賃貸住宅経営事例紹介



このコンテンツに関するコラムのご紹介

ダイワハウスが運用する土地活用ラボでは、土地活用に関する様々な情報を提供しております。


  • TOP

このページの先頭へ

賃貸住宅経営開始までの流れ

商品紹介