賃貸住宅経営
  • 賃貸住宅経営について
  • 賃貸住宅経営開始までの流れ
  • 賃貸住宅経営サポート体制
  • 税金について
  • 事例紹介
  • 商品紹介
  • 相談する
  • 活用一覧

土地活用をお考えの方へ、賃貸住宅・賃貸マンション経営のご提案

不動産にかかわる税金の全体像

いつ払う?どう払う?不動産にかかる税金の手続き

賃貸住宅経営・アパート経営・マンション経営をお考えの方へ
不動産にかかる税金のいろいろをまとめました。

手続きの必要な税金について

不動産にかかわる税金の中には、手続きが必要なものとそうでないものがあります。手続きを忘れてしまったために損をしてしまったり、ペナルティを課せられたりすることのないように、手続きの必要な税金について、いつ、どんな手続きをし、支払いをしなくてはいけないかを確認します。

一物四価について

土地の公的評価には、国土交通省が発表する「公示価格」、「基準地価」の他に、国税庁が評価方法を定める「相続税評価額」、市町村が評価する「固定資産税評価額」と、4種類の評価(一物四価)があります。実勢価格を加えれば一物五価ということになります。公示価格と基準地価はほぼ同じ水準、相続税評価額は公示価格の8割、固定資産税評価額は公示価格の7割をめどに定められています。

相続税評価額

毎年、国税庁が発表する「路線価」と「倍率」の2つをベースに評価します。どちらの方法で評価するかはその土地がある地域によって決まります。公示価格の8割をめどに定められています。

固定資産税評価額

毎年1月1日現在の時価を、市区町村役場が、総務大臣が定める「固定資産評価基準」にしたがって評価した価格で、公示価格の7割をめどに定められます。

税金篇税金について

賃貸住宅経営、その一歩を踏み出す時は、私たち、ダイワハウスがお手伝いをさせていただきます。

商品紹介

賃貸住宅経営・アパート経営・マンション経営をお考えの方へダイワハウスでは、
目的に合わせて様々な商品をご用意しております。

おすすめ賃貸住宅経営事例紹介



このコンテンツに関するコラムのご紹介

ダイワハウスが運用する土地活用ラボでは、土地活用に関する様々な情報を提供しております。


  • TOP

このページの先頭へ

賃貸住宅経営開始までの流れ

商品紹介