大和ハウス工業トップ

お客さまの建物に関する様々なエネルギー問題を解決していきます。

災害時の防災電源を確保したい

電力を蓄えて災害時などの停電時に電力供給。平常時はピークシフト対策にも活用できます。

企業が危機的な災害に直面した場合においても事業を継続する事は、取引先や地域社会などステークホルダーへの社会的な使命です。
近年、非常時の電源を確保できる蓄電池システムの導入が、BCP対策として注目されています。
大和ハウスは、お客さまの施設運営のご要望に応じ、長寿命で安全性の高いリチウムイオン電池システムをご提案いたします。また、太陽光パネルと組合せることで電源がない場所でも電力が使用できる独立電源システムとしても活用できます。

※BCP(Business Continuity Plan):事業継続計画
災害や事故などの予期せぬ出来事の発生により、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続、ないし目標復旧時間以内に再開できるようにするために、事前に策定される行動計画。

蓄エネソリューション

定置式リチウムイオン蓄電池

Power Storager 10(パワーストレージャー テン)
Power Storager 10(パワーストレージャー テン)

バックアップしたい負荷に応じて、電力を効率的に貯蔵できる蓄電システムをご提案します。

可搬式リチウムイオン蓄電池

POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)
POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)

使用したい場所や用途に合わせて移動できる蓄電池システムです。

導入のメリット(蓄電容量に応じて、採用いただけない場合があります)

  • オフィス 停電時にサーバーの稼動やパソコンの使用が可能。
  • 商業施設 POS※稼動により効率的な販売活動を継続。
  • 学校 防災拠点として照明や通信機器の使用が可能。
  • 医療施設 照明や電子カルテなどの使用が可能。

※POS(Point Of Sales system)
店舗で商品を販売するごとに商品の販売情報を記録し、集計結果を在庫管理やマーケティング情報として用いるシステムのこと。

お客さまの課題を解決してきた大和ハウスの実績をご覧ください。

  • 環境エネルギー事業とは
  • 事例を見る
  • よくあるご質問

省エネ設備導入、建物省エネ改修など ご相談・お問い合わせ・資料請求はこちら


ソリューション

このページの先頭へ