大和ハウス工業トップ

お客さまの建物に関する様々なエネルギー問題を解決していきます。

産業用太陽光発電

遊休地を活かしたメガソーラーの導入で、土地の有効活用と社会貢献が可能です。

メガソーラー

千葉県市原市

敷地形状に合わせて、最大限の発電が確保できるよう配置計画を行いました。

工期の短縮に有効なオリジナル鋼管杭工法をご提案しました。防草対策は、密生する傾向が強いクローバーを施工しました。

保守点検には、発電量を遠隔監視できるシステムを導入。

【提案概要】

創エネ

■太陽光発電(4,500kW)
年間発電量予測:約4,910,000kWh/年
CO2排出量:約2,337t削減
※CO2排出係数0.476kg-CO2/kWh

【システム概要】

太陽電池 単結晶モジュール260W
17,520枚
パワコン 250kW 14台
架台 スチール製架台
基礎 鋼管杭基礎
敷地面積 52,700m2(約15,941坪)
導入ポイント
耐久性の高い高耐食溶融亜鉛メッキ鋼板を用いたスチール架台を採用。また、当社で設計・施工・保守監理を行うことで、20年間の発電事業をトータルサポートしています。

長崎県佐世保市

モジュールの傾斜角度を複数組合せて、敷地形状に適したアレイ配置を計画しました。

地盤状況に合わせてRC基礎を採用しました。

【提案概要】

創エネ

■太陽光発電(1,968kw)
年間発電量予測:約2,120,000kWh/年
CO2排出量:約1,009t削減
※CO2排出係数0.476kg-CO2/kWh

【システム概要】

太陽電池 単結晶モジュール 260W 7573枚
パワコン 500kW 3台、250kW 2台
架台 スチール製架台
基礎 コンクリート基礎
敷地面積 33,815m2(約10,229坪)
導入ポイント
グリーン投資減税を活用し、約2MWのメガソーラーを設置。工業団地の遊休地を有効に活用しました。

三重県伊賀市

工場敷地の遊休地に効率良くアレイ配置を計画しました。

オリジナル鋼管杭基礎工法の採用により、工期の短縮化を図りました。

【提案概要】

創エネ

■太陽光発電(752kW)
年間発電量予測:約744,000kWh/年
CO2排出量:約354t削減
※CO2排出係数0.476kg-CO2/kWh

【システム概要】

太陽電池 多結晶モジュール 240W 3,136枚
パワコン 500kW 1台
架台 スチール製架台
基礎 鋼管杭
敷地面積
(パネル設置面積)
11,060m2(約3,345坪)
導入ポイント
工場敷地内の遊休地を有効活用したいというお客さまのご要望に対し、モジュールの設置率を高められるような アレイ配置計画をご提案。今後の工場増設にも考慮し、撤去も容易な鋼管杭工法を採用しました。

滋賀県東近江市

約300世帯分のメガソーラー。敷地を最大限活用できる配置プランを計画しました。

比較的硬い地盤に適用したH型鋼杭を採用。

【提案概要】

創エネ

■太陽光発電(999kW)
年間発電量予測:約1,100,000kWh/年
CO2排出量:約523t削減
※CO2排出係数0.476kg-CO2/kWh

【システム概要】

太陽電池 CISモジュール 150W 6,660枚
パワコン 500kW 2台
架台 スチール製架台
基礎 抵抗板付H型鋼杭
敷地面積 14,870m2(約4,498坪)
導入ポイント
敷地条件と発電効率の両方を加味した、モジュール傾斜角を採用。さらに基礎杭を柱脚として兼用することにより、工期の短縮化を図りました。

低圧パッケージ

兵庫県淡路市

低圧パッケージのコンパクトな架台システムにより、限られた敷地形状にも対応します。

配置効率のよい、4段10°の傾斜架台を採用。

周辺に竹林が生い茂る環境を考慮し、コンクリート舗装で地盤を整備しました。

【提案概要】

創エネ

■太陽光発電(40.8kW)
年間発電量予測:約45,676kWh/年
CO2排出量:約21.7t削減
※CO2排出係数0.476kg-CO2/kWh

【システム概要】

太陽電池 多結晶モジュール255W 160枚
パワコン 4kW 10台
架台 アルミ製架台
基礎 コンクリート基礎
敷地面積 1,264m2(約382坪)
導入ポイント
海に近接している環境においても耐久性を確保できるよう、塩害に強い、アルミ製の架台とパワーコンディショナーを採用。限られた敷地においても、より発電量を確保できる配置設計をご提案しました。

※CO2排出係数は、電気事業連合会公表数値(2011年度実績)を引用。

  • 環境エネルギー事業とは
  • 事例を見る
  • よくあるご質問

省エネ設備導入、建物省エネ改修など ご相談・お問い合わせ・資料請求はこちら


事例紹介

このページの先頭へ